カテドラルが鋭く抜け出し圧勝/動画・結果【2歳新馬戦】

カテドラル

カテドラルが制した2歳新馬戦の動画・結果です。2歳新馬戦の結果は1着:カテドラル、2着:トーセンカンビーナ、3着:ブラヴァス。「カテドラル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

福永騎手騎乗の4番人気・カテドラルが鋭く抜け出し圧勝

2018年7月8日(日) | 3回中京4日 | 12:20発走
2歳新馬戦 芝・左 2000m

動画

関連記事

結果

1着:カテドラル
2着:トーセンカンビーナ(2-1/2馬身)
3着:ブラヴァス(1/2馬身)
4着:ダノンチェイサー(1-1/2馬身)
5着:ブルベアベージュ(1-3/4馬身)
6着:オールイズウェル
7着:モングラン
8着:レオビヨンド
9着:タガノサルバドル
10着:コパノケネディー

勝ちタイム:2.06.1
優勝騎手:福永祐一
馬場:重

レース後のコメント

1着 カテドラル(福永祐一騎手)
「いい勝ち方をできました。仕上がりが良く、気性も前向きで今日の馬場(重)でも勝てました。追ってからもしっかりと伸びてくれましたね。現時点で出来ていた部分はあります。それでも、ひょっとしたらいいところへ行けるかもと。中距離が合うと思います」

(池添学調教師)
「牧場の段階から、評判は良かったです。厩舎に入ってからも手がかからず、動きも良かったので楽しみにしていました。調教でも問題なくやれていたし、調整がしやすかったです。うちとしても期待が高かったので、先を見据えてあえてここを使いました。この後は一度、休ませます」

2着 トーセンカンビーナ(M.デムーロ騎手)
「何も問題はなく、この馬も頑張りましたが、相手が強かったです」

3着 ブラヴァス(武豊騎手)
「まだまだ後ろ脚に力がなく、前脚で走っている感じです。それでこれだけ走れているのですから、将来性があります」

4着 ダノンチェイサー(川田騎手)
「こういう馬場が得意なタイプではありませんし、距離ももう少し短い方が良い印象があります。これから良くなってくればと思います」

関連記事
この世代最初の新馬戦はジャミールフエルテが制していた。
ジャミールフエルテが世代最初の勝ち星を挙げる/動画・結果【2歳新馬戦】

勝ち馬プロフィール

カテドラル

カテドラル(Catedral)牡2/鹿毛 池添 学(栗東)
父:ハーツクライ 母:アビラ 母父:Rock of Gibraltar
馬名の由来:ロマネスク、ゴシック様式を兼ね備えるスペイン、アビラの大聖堂

カテドラルはキャロットファームで一口10万円(400口)で募集されたノーザンファーム産馬。
半兄にはG3・エルムステークスを制したジェベルムーサ(父アグネスタキオン)がいる血統。

関連記事
注目ジョッキーの予定をチェック!
武豊騎手の騎乗予定・想定をまとめた記事です。武豊騎手はこれまでに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果や今週(11/17・11/18)の想定・騎乗予定など、すべてをチェックしよう。
競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。藤田菜七子騎手の先週の騎乗結果、今週の想定・騎乗予定などをチェックしよう。

シェアする