【ジャパンカップ2020】追い切り/抜群の動きを見せたのは

ジャパンカップ2020 追い切り

ジャパンカップ2020の追い切り・コメントの記事です。ジャパンカップの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2020年11月29日(日) | 5回東京9日 | 15:40 発走
第40回 ジャパンカップ(GI)芝・左 2400m
Japan Cup(G1)

出走予定馬・予想オッズ
2020年・ジャパンカップの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
ジャパンカップは2020年11月29日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2020年で第40回を迎え、高額賞金を求め強豪が集う。昨年はスワーヴリチャードが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも京都2歳ステークスなどが開催される。
京都2歳ステークス2020の出走予定馬・騎手の情報です。2020年の京都2歳ステークスの出走予定馬にはワンダフルタウンやグラティトゥーなどが名を連ねています。今年は阪神開催ということもあり例年と違う傾向になる。きっちり賞金を加算し出世を狙え。
スポンサーリンク

ジャパンカップ2020の追い切りをチェック!

ジャパンカップ2020 追い切り

ジャパンカップに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
京都2歳ステークス2020の追い切り・コメントの記事です。京都2歳ステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アーモンドアイ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 67.4-52.7-38.6-12.4(馬なり)

ルメール騎手
「リラックスしていて、いい動き。今回、一番大事なのはリラックス。リラックスしてほしかったし、テンションは全然上がっていなかった。フットワークも息もちょうどいい」

国枝調教師
「1頭だとフワフワするので、ボスジラをリードホースに置いて追い切った。いかに落ち着いて走れるかを考えていたからね。時計的にもちょうどいいくらい」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.9-52.1-38.1-12.8(馬なり)
サトノエルドール(馬なり)の内0.5秒追走・0.2秒先着

ルメール騎手
「いつもアーモンドアイに乗るときは僕にとって特別。最後の追い切りで集中した。最後ちょっとスピードを出したけど、無理をせず彼女のパワーを温存した。天皇賞・秋の追い切りは80%だったけど、中3週でもリズムを保ってコンディションも上がってきているので99%かな。最後のレースでいい結果を出したい」
ウェイトゥパリス

1週前追い切り
ダートコースにて左回りで常歩700メートル、速歩1,000メートル、右回りで常歩300メートル

ゾエ・フェイユ調教助手
「馬の体調は、やや疲れがみられるが思ったほど悪くない状態。今日の調教は常歩から速歩のみ。フランスでは直線のみで調教をしており、馬場の形状が異なっているが、ここでの調教も普段と同じ内容で行っている」

最終追い切り
ダートコースにて左回りで速歩800メートル、キャンター(1ハロン11秒から16秒程度)1,600メートル、常歩1,000メートル

ゾエ・フェイユ調教助手
「体調は良く、食欲もある。疲れもほとんど無い状態。今日は常歩からギャロップまで一連の流れをこなし、追い切りもしっかりしたものができた。今後は軽めの調整をレースまで続けていく予定」
カレンブーケドール

1週前追い切り
美浦・坂路・良
800m 50.2-36.8-24.9-13.1(一杯)
ダノングレース(強め)を0.5秒追走同入

津村騎手
「息はいいし精神状態もいい。全体時計も速い。体と気持ちのバランスが良くなっている」

国枝調教師
「いい時計だった。去年よりもパワーアップしている」

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 51.5-37.4-24.5-12.4(馬なり)
ガンダルフ(馬なり)を0.3秒追走同入

津村騎手
「先週やって素軽くなった。息もすごくよく、かなり状態は上向いています。馬の体は昨年より全然パワーアップしている。このメンバーでのレースはなかなかないので楽しみです」
キセキ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.4-38.3-24.9-12.3(馬なり)

浜中騎手
「坂路4F53秒くらいで、しまい少し伸ばす指示。京都大賞典(2走前)時と比べると反応も良く素軽くなった」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.5-37.5-24.6-12.4(末強め)

角居調教師
「馬はできている感じなので単走馬なりで調整した。いい動き。安定して状態を維持している。毎回一生懸命走ってくれる馬。状態はいいので一矢報いたい」
クレッシェンドラヴ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 66.8-51.6-38.4-13.1(強め)

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.4-52.4-39.1-12.9(馬なり)
スズノアリュール(一杯)の内0.8秒追走同入

内田騎手
「動き自体はいい。久々の左回りだけど、そこは大丈夫だと思います。すごい馬たちが相手。どれだけやれるのか楽しみ」

林調教師
「今までで一番の状態。これまで先々を考えておつりを残してやっていたが、肉体的にも精神的にも追い込んだ。それに応えて、いい雰囲気」

グローリーヴェイズ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 65.5-51.0-37.3-12.5(一杯)
サクラルーフェン(一杯)の外1.0秒追走・0.4秒先着

尾関調教師
「休み明けだった前走とは体の使い方や馬の気持ちの面で違ってきた。東京コースは初めてだが、この馬自身は問題ない」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 66.3-52.2-38.1-12.3(末一杯)
サクラルーフェン(馬なり)の内1.0秒追走同入

尾関調教師
「左右から圧を受ける形にしたかったのでイメージとは違う追い切りになってしまったが、馬はしっかりと動けていて、乗り手の感触も良かった」
コントレイル

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.8-66.3-51.4-38.0-12.1(強め)
バスラットレオン(末強め)の内0.7秒追走・0.1秒遅れ

福永騎手
「予定通りの調教を消化できました。相手も動く馬だったし、時計的にも優秀ですね」

矢作調教師
「ちょっと遅れたことは不満。きょうの段階では競馬までにもう一段上げないといけない」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.3-38.7-24.7-12.2(馬なり)

福永騎手
「しっくりこなかった1週前から、こちらが驚くぐらい良化。素晴らしい能力は結果で示してきたし、精神力の強さはタフなレースになった菊花賞で発揮してくれた。瞬発力はまだ使わせていない部分もある。これまで以上のものはある」

矢作調教師
「先週は初めて併せ馬で遅れたが、遅れ自体はそれほど気にしなくていいと思いました。それよりも体重のわりに体の張りが物足りないと思っていました。福永君も同じだったようです。それが日に日に馬が良くなって戻ってきた。今日の動きは素晴らしいと思いました。本当に良くなっていると思いました。普通の馬では1週前の状態から今日の状態は考えられない。それだけ上がってくるところがコントレイルなんだなと。21世紀最高のメンバーが揃ったと思います。相手にとって不足なし。しっかり仕上げていい結果を得たい」

デアリングタクト

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.3-66.0-51.3-37.7-12.0(強め)

松山騎手
「いつも通りの1週前追い切り。乗っていて安定感があって、いい状態だなと感じました。使ったダメージもなく、順調にきています」

杉山晴調教師
「走る気持ちをすごく感じる中でコントロールが利いて、雰囲気はすごく良かった。活気をすごく感じます。普段の落ち着きも出て、レース(休養明けの秋華賞を)を使ったことがプラスに出ていると思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.7-39.7-25.7-12.7(馬なり)

松山騎手
「秋華賞は少しパドックでイレ込んでいたけど、ゲート裏では落ち着いて、レースもスムーズに折り合いがついた。1週前にしっかり負荷をかけて動いて、いい追い切りだった。乗っている感覚としては、良くなっていると感じている」
トーラスジェミニ

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 63.4-45.6-29.6-14.7(馬なり)

パフォーマプロミス

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.3-38.5-25.0-12.6(一杯)
プライムフェイズ(一杯)を0.7秒追走・0.1秒先着

岩田望騎手
「ピリッとさせる感じで併せ馬。初めて乗ったが操縦性が高く、いい馬」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.8-38.7-24.8-12.2(末強め)

藤原英調教師
「順調。いつも通り。安定しているのがベテランの強み。走りやすいコースではあるし、適性があるから使う」
マカヒキ

1週前追い切り
栗東・CW・良
7F 96.0-65.8-51.8-37.9-11.9(馬なり)
ブラヴァス(馬なり)の内1.6秒追走・0.5秒先着

三浦騎手
「良かったです。道中も走る気が満々という感じで、こちらの仕掛けを待っているような雰囲気がありました」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.9-39.1-25.6-12.6(馬なり)

大江助手
「札幌記念を回避したのが良かったようで、フレッシュな状態だ。この舞台は合う」
ミッキースワロー

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 67.1-52.6-38.9-12.9(馬なり)
インテンスライト(馬なり)の内1.2秒追走同入

戸崎騎手
「乗りやすかった。無駄のない走りでゆったり走れていた。イメージ的には右回りが良さそうだが乗った感じは左回りでも大丈夫」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.9-52.9-39.1-12.8(馬なり)

菊沢調教師
「先週戸崎騎手で併せ馬をして、週末も良くなっていたので今日は整える感じ。いい動きをしていた。1度たたかれたことで心肺機能は上がって、体調はアップしてきた」
ユーキャンスマイル

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.8-39.1-25.7-13.0(馬なり)

友道調教師
「前走後もダメージはなく、変わりなくきています。叩いて上向くタイプだし、舞台もいいと思います」

大江助手
「中間はダメージや硬さもなく順調に調整できています。大崩れしないタイプだし、ベストの条件で期待しています」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 57.9-42.1-27.3-13.5(馬なり)

大江助手
「レース後は硬く見せる面があるが、この中間は順調。春や前走は筋肉の張りに物足りない面があったが、ここへきて体のなかからパンとしてきた。若いころに比べて様々なことに対応できるようになり、昨年より馬がしっかりしている」
ヨシオ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.9-38.9-25.3-12.6(馬なり)

村上助手
「涼しくなってきて状態は上向き。自分自身の力は出してくれると思うので、応援していただけたら」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.5-37.9-25.2-12.9(強め)
ジェットマックス(馬なり)を0.2秒追走・0.2秒遅れ

木下助手
「行くしかない。最内を逃げてどこまで粘れるかですね」
ワールドプレミア

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.1-38.2-24.9-12.8(強め)
メラーキ(一杯)を0.5秒追走・0.2秒先着

友道調教師
「馬場が重かったが、しまいはしっかり動けていた。牧場でもずっと乗っていて太め感はない。広いコースは合っている。能力の高さに期待したい」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.8-40.5-26.4-12.9(馬なり)

武豊騎手
「動きも息づかいも良かった。きっちり間に合った感じ。先週、追い切った上積みは感じられた」
関連記事
武豊騎手はワールドプレミアに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(1/23・1/24)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
チャンピオンズカップは2020年12月6日に中京競馬場で行われる秋の中距離ダート王を決める一戦。チャンピオンズカップは2020年で第21回を迎え、昨年はクリソベリルが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。
阪神ジュベナイルフィリーズは2020年12月13日に阪神競馬場で行われる2歳女王決定戦。阪神ジュベナイルフィリーズは2020年で第72回を迎え、昨年はレシステンシアが制した。阪神JFの出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。