【阪神カップ2020】結果・動画/ダノンファンタジーが復活V

阪神カップ2020 ダノンファンタジー

阪神カップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の阪神カップの着順は1着:ダノンファンタジー、2着:マルターズディオサ、3着:インディチャンプとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年の阪神カップはダノンファンタジーが復活V

2020年12月26日(土) | 6回阪神7日 | 15:45発走
第15回 阪神カップ(GII)芝・右 1400m
Hanshin Cup (G2)

スポンサーリンク

2020年・阪神カップの動画

関連記事

昨年の阪神カップはグランアレグリアが制していた。

阪神カップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の阪神カップの着順は1着:グランアレグリア、2着:フィアーノロマーノ、3着:メイショウショウブとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・阪神カップの結果

スポンサーリンク

1着:ダノンファンタジー
2着:マルターズディオサ(1-3/4馬身)
3着:インディチャンプ(クビ)
4着:サウンドキアラ(クビ)
5着:クリノガウディー(クビ)
6着:イベリス
7着同着:レインボーフラッグ
7着同着:ジャンダルム
9着:フィアーノロマーノ
10着:ブラックムーン
11着:タマモメイトウ
12着:ステルヴィオ
13着:ヤマカツマーメイド
14着:クラヴィスオレア
15着:キングハート
16着:ミッキーブリランテ

勝ちタイム:1.19.7
優勝騎手:藤岡 佑介
馬場:良

スポンサーリンク

レース後のコメント

阪神カップ2020 ダノンファンタジー

1着 ダノンファンタジー(藤岡佑介騎手)
「成績的にもタイミング的にもチャンスのあるレースだと思っていたので、結果を出せて良かったです。道中はリズムが良かったので、前がスムーズに開いてくれればと思っていました。4コーナーで進路ができた時点で行けると思いました。良いレースができました」

2着 マルターズディオサ(田辺裕信騎手)
「スピードがある馬だから1400mは心配ありませんでした。直線まで溜めが利くかどうかという感じでしたが良かったですね。競馬は2着になりましたが、スムーズでかかる心配もなく、馬も気分良く走っていたので、1400mから1600mをこなしてくれると、この馬の持ち味が一番活かせると思います」

3着 インディチャンプ(福永祐一騎手)
「今日は馬の感じも良かったし、スタートも五分に出て、1400mの分、あのような(中団より後ろの)位置になりましたが、良い形で脚は溜まっていましたし、1400mになったことで、いつも以上の切れ味を見せてくれるのではないかと期待をしていました。伸びてくれてはいましたが、前も止まらなかったですし、1400mでも、もう少しポジションを取りにいった方が良かったのかなとも、今日のレースで思いました。4コーナーを回る時は、悪くなかったのですが、思っていた以上に外に持ち出されたこともありましたが...。展開が向かなかったと言えば、前残りで向かなかったのですが、一番人気でしたから、結果は出したいところでした」

4着 サウンドキアラ(松山弘平騎手)
「状態も良いところに戻ってきたと思います。今日は枠的にもう少し内が欲しかったと思います。勝ち馬のような競馬が理想でした」

5着 クリノガウディー(幸英明騎手)
「勝ち馬の後ろで、良い手応えで運べました。初めて乗った分、比較はつきませんが、坂でちょっと止まり気味になってしまいました。もうひと伸びできれば勝てそうでした」

7着同着 レインボーフラッグ(岩田望来騎手)
「内枠でロスなく良い感じで運べました。直線も追うごとに伸びています」

7着同着 ジャンダルム(荻野極騎手)
「ポンとスタートも切れて、馬群の近くで取りつくことができました。直線もスムーズに向くことができました。初めての左回りの1400mでそんなに差のない競馬をしてくれているので、この先も楽しみです」

9着 フィアーノロマーノ(団野大成騎手)
「状態は良かったのですが、不甲斐ない競馬になり、申し訳なかったです。スタートの一歩目が良く、リズムよく行けたらと思ったのですが、結果的にもう少し馬に気合いをつけて、ハミが出てきているところで、レースを進められたらと思ったのですが...。もったいない競馬でした」

12着 ステルヴィオ(池添謙一騎手)
「ゲートの中でガタガタしていました。スタートしてからも進んでいきませんし、終いも反応がなく、伸びませんでした」

勝ち馬プロフィール

阪神カップ2020 ダノンファンタジー

ダノンファンタジー(Danon Fantasy)牝3/鹿毛 中内田 充正(栗東)
父:ディープインパクト 母:ライフフォーセール 母父:Not For Sale
馬名の由来:冠名+幻想。幻想的な走りを期待して

関連記事
ダノンファンタジーにとって昨年のローズステークス以来の勝利となった。
ローズステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のローズステークスの着順は1着:ダノンファンタジー、2着:ビーチサンバ、3着:ウィクトーリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。