【函館記念2018】動画・結果/エアアンセムが抜け出し重賞初制覇

函館記念 2018 エアアンセム

函館記念 2018の動画・結果です。函館記念の結果は1着:エアアンセム、2着:サクラアンプルール、3着:エテルナミノル。「エアアンセム」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

藤岡佑介騎手騎乗の5番人気・エアアンセムが抜け出し重賞初制覇

2018年7月15日(日) | 2回函館4日 | 15:45 発走
第54回 函館記念(GIII)芝・右 2000m
Hakodate Kinen (G3)

動画

関連記事
昨年の函館記念はルミナスウォリアーが制していた。
【函館記念 2017】動画・結果/ルミナスウォリアーが抜け出す

結果

1着:エアアンセム
2着:サクラアンプルール(1/2馬身)
3着:エテルナミノル(1/2馬身)
4着:ブレスジャーニー(ハナ)
5着:スズカデヴィアス(1/2馬身)
6着:トリコロールブルー
7着:ゴールドサーベラス
8着:ナイトオブナイツ
9着:ナスノセイカン
10着:ブラックバゴ
11着:カデナ
12着:ロジチャリス
13着:クラウンディバイダ
14着:マイネルハニー
15着:カレンラストショー

勝ちタイム:1.59.8
優勝騎手:藤岡佑介
馬場:良

レース後のコメント

1着 エアアンセム(藤岡佑介騎手)
「前走(エプソムC5着)後はオーナーからお叱りを頂いたので、きょうはうまく乗らないといけないなと思っていました。これでお褒めのお言葉を頂けると思います(笑)。いい枠をもらって、スタートを決められたのが勝因。3、4角の手応えは良かったし、あとはさばくだけで。最後はよくしのいでくれました」

2着 サクラアンプルール(田辺裕信騎手)
「馬場が回復したのが良かったし、内枠も良かった。この一戦でさらに上向いてくると思う」

3着 エテルナミノル(四位洋文騎手)
「きょうはゲートを出てくれたことに尽きる。滞在競馬も合っている。結果的には、もう少し我慢して運んでも良かったかも」

4着 ブレスジャーニー(柴田善臣騎手)
「状態は良さそうだった。もう少しレースが流れてくれたら良かったね。右回りで少し傾いて走っていた」

5着 スズカデヴィアス(三浦皇成騎手)
「小回りでいつもより位置を取りに行ったぶん、突っ張って走っていた。他馬にいい位置を取られてしまったし、スローで動くに動けなかった。悔しいですね」

6着 トリコロールブルー(C.ルメール騎手)
「4角でスペースがなかった。直線ではいい反応をしていたけど、遅かった。スムーズな競馬ができなかったね」

7着 ゴールドサーベラス(柴山雄一騎手)
「外枠のぶんハミにもたれて走っていたけど、最後まで馬はよく頑張ってくれた」

8着 ナイトオブナイツ(池添謙一騎手)
「ゲートでもたつき、立ち遅れて流れに乗れなかった。馬体重もプラス10キロ。オープンに上がったばかりでハンデ56キロも見込まれたかな」

10着 ブラックバゴ(岩田康誠騎手)
「スッと行かせたぶん、道中で怒って走っていた」

11着 カデナ(藤岡康太騎手)
「集中力がないという話を聞いていたので、リズムよく運ぶことを意識した。スペースがあれば伸びてきそうな感じはあった」

12着 ロジチャリス(蛯名正義騎手)
「まだ本当じゃない感じ。追ったら浮いている感じで、トモ(後肢)が入ってこなかった」

13着 クラウンディバイダ(吉田隼人騎手)
「この馬にとってはハナを切れなかったのが残念でした」

14着 マイネルハニー(丹内祐次騎手)
「前に行く競馬をしたけど、4角手前で手応えがなかったですね」

15着 カレンラストショー(北村友一騎手)
「ハナを主張する競馬はできたけど、最後は止まってしまった」

関連記事
エアアンセムは前走のエプソムカップで5着に敗れていた。
【エプソムカップ2018】動画・結果/サトノアーサーが重馬場でも衰えない切れ味披露

勝ち馬プロフィール

函館記念 2018 エアアンセム

エアアンセム(Air Anthem)牡7/黒鹿毛 吉村 圭司(栗東)
父:シンボリクリスエス 母:エアマグダラ 母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+聖歌

関連記事

シェアする

フォローする