にほんブログ村 競馬ブログへ

アルゼンチン共和国杯 2017 スワーヴリチャード

「アルゼンチン共和国杯 2017」の動画・結果です。アルゼンチン共和国杯の結果は1着:スワーヴリチャード、2着:ソールインパクト、3着:セダブリランテス。「スワーヴリチャード」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

1番人気のスワーヴリチャードが内から抜け出し圧勝

2017年11月5日(日) | 5回東京2日 | 15:35 発走
第55回 アルゼンチン共和国杯(GII)芝・左 2500m
Copa Republica Argentina (G2)

動画

結果

1着:スワーヴリチャード
2着:ソールインパクト(2-1/2馬身)
3着:セダブリランテス(1-1/4馬身)
4着:アルバート(1/2馬身)
5着:カレンミロティック(クビ)
6着:トウシンモンステラ
7着:シホウ
8着:デニムアンドルビー
9着:プレストウィック
10着:ハッピーモーメント
11着:マイネルサージュ
12着:ヒットザターゲット
13着:カムフィー
14着:トルークマクト
15着:レコンダイト
16着:サラトガスピリット

勝ちタイム:2.30.0
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

レース後のコメント

1着 スワーヴリチャード(M.デムーロ騎手)
「強かったですね。馬の気持ちを大事にしましたが、落ち着いていました。スタートも良く、いい位置にいられましたし、直線も凄い手応えでよく伸びてくれました。調教の時から素晴らしい馬だと思っていましたし、自信を持って乗りました。3歳で古馬相手にこの勝ち方ですから、能力は高いです。(これが今年150勝目で)これからももっとたくさん勝ちたいですね。今日はずっとツキがなかったので、重賞で勝てて嬉しいです」

(庄野靖志調教師)
「ゲートをうまく出てロスなく脚を溜められましたし、間を割って来られて完勝でしたね。ほっとしました。次はまだ決めずに、様子を見て考えようと思いますが、どこかでGIを獲らせたいですね。おとといは大井で(JBCスプリントを)勝てましたし、いい形で今週末を締めくくれて良かったです」

2着 ソールインパクト(福永祐一騎手)
「出来るだけ前目で競馬をしたいと考えて、その形で行くことができました。最後は少し脚が上がっていましたが、よく頑張っています」

3着 セダブリランテス(戸崎圭太騎手)
「まだキャリアは浅いですが、レースは上手です。終いもジリジリと脚を使えていますし、長い距離もそれほど問題なくこなしています」

4着 アルバート(A.シュタルケ騎手)
「いい競馬が出来ましたが、勝ち馬が強かったです。着差はトップハンデの分もありますね」

5着 カレンミロティック(池添謙一騎手)
「いつも通り先行して、折り合いもしっかりつきました。瞬発力勝負は苦手なので、ペースを落とさないよう逃げ馬にプレッシャーをかけていい形で進められました。年齢は年齢ですが、しぶとく脚を使っています」

7着 シホウ(吉田隼人騎手)
「勝負どころで少し置かれましたが、最後もジワジワ伸びています。初めての重賞としてはいい内容でした」

8着 デニムアンドルビー(田辺裕信騎手)
「全体的に余裕がなかったです。道中じっとしていた割に脚が上がっていました。ハンデが手頃でいい条件でしたが、残念です」

9着 プレストウィック(V.シュミノー騎手)
「馬に走る気がまったくありませんでした。素直に走ってくれる馬と聞いていたが、イメージと違いハミも取ってくれませんでした」

勝ち馬プロフィール

アルゼンチン共和国杯 2017 スワーヴリチャード

スワーヴリチャード(Suave Richard)牡3/栗毛 庄野 靖志(栗東)
父:ハーツクライ 母:ピラミマ 母父:Unbridled’s Song
馬名の由来:冠名+人名より

関連記事

・スワーヴリチャードは共同通信杯以来の重賞制覇となった。

共同通信杯 2017 スワーヴリチャード

【共同通信杯 2017】動画・結果/スワーヴリチャードが一気に突き抜け優勝

「共同通信杯 2017」の動画・結果です。共同通信杯の結果は1着:スワーヴリチャード、2着:エトルディーニュ、3着:ムーヴザワールド。「スワーヴリチャード」が勝利した2017年の共同通信杯の詳しい結果、動画をご覧ください。

・昨年のアルゼンチン共和国杯はシュヴァルグランが優勝していた。

シュヴァルグラン

【アルゼンチン共和国杯 2016】動画・結果/シュヴァルグランが差し切り重賞2勝目

「アルゼンチン共和国杯 2016」の動画・結果です。アルゼンチン共和国杯の結果は1着:シュヴァルグラン、2着:アルバート、3着:ヴォルシェーブ。「シュヴァルグラン」が勝利したアルゼンチン共和国杯の詳しい結果、動画をご覧ください。

・このレースや先週の天皇賞秋を走った馬たちがジャパンカップを盛り上げる!

キタサンブラック

【ジャパンカップ 2017】出走予定馬・日程・賞金/もはや世界に敵はいない

2017年11月26日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演する「ジャパンカップ」。ジャパンカップは2017年で第37回を迎え、高額賞金を求め馬が集う。昨年はキタサンブラックが制した。ジャパンCの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。