【アルゼンチン共和国杯2022】結果・動画/ブレークアップが抜け出す

アルゼンチン共和国杯2022 ブレークアップ

アルゼンチン共和国杯2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のアルゼンチン共和国杯の着順は1着:ブレークアップ、2着:ハーツイストワール、3着:ヒートオンビートとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のアルゼンチン共和国杯はブレークアップが抜け出す

2022年11月6日(日) | 5回東京2日 | 15:35 発走
第60回 アルゼンチン共和国杯(GII)芝・左 2500m
Copa Republica Argentina (G2)

スポンサーリンク

2022年・アルゼンチン共和国杯の動画

関連記事
昨年のアルゼンチン共和国杯はオーソリティが制していた。
アルゼンチン共和国杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のアルゼンチン共和国杯の着順は1着:オーソリティ、2着:マイネルウィルトス、3着:フライライクバードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・アルゼンチン共和国杯の結果

スポンサーリンク

1着:ブレークアップ
2着:ハーツイストワール(1-1/4馬身)
3着:ヒートオンビート(クビ)
4着:カントル(クビ)
5着:ラストドラフト(ハナ)
6着:テーオーロイヤル
7着:ユーキャンスマイル
8着:キラーアビリティ
9着:ディアマンミノル
10着:アフリカンゴールド
11着:レインカルナティオ
12着:コトブキテティス
13着:プレシャスブルー
14着:ボスジラ
15着:マイネルファンロン
16着:ダンディズム
17着:レッドサイオン
18着:キングオブドラゴン

勝ちタイム:2:31.1
優勝騎手:田辺 裕信
馬場:良

関連記事
G1・ジャパンカップをにぎわす馬は?
ジャパンカップは2022年11月27日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2022年で第42回を迎え、高額賞金を求め強豪が集う。昨年はコントレイルが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

アルゼンチン共和国杯2022 ブレークアップ

1着 ブレークアップ(田辺裕信騎手)
「前走を見て成長が感じられたので、楽しみにしていました。それでも相手が強く、どこまでやれるのかと思っていたので、勝ててビックリしています。先手を取りそうな馬も何頭かいましたが、自分から逃げてもと思っていました。道中はロスなく回ってこられましたし、アクシデントでヒヤッとするところはありましたが、上手く回避できました。その後も反応が良く、成長しているなと思いました。以前乗った時は、最後に踏ん張りきれないところがあって、逃げるのが一番かなと思っていました。それが今日は、控えても終いに踏ん張って、良い手応えでした。遅咲きですが、力をつけて重賞を勝ちました。今後は大きな舞台で頑張ってほしいです」

(黒岩陽一調教師)
「夏場にこの馬に適したレースがなかったので、無理して使うことがなく、初めて長く休養させることになりました。それが良い成長を促すことになったのだと思います。前回のレースから走りのバランスが良くなって、終いの伸び脚につながっていました。前回のレースは良い仕上がりで休み明けという感じではなかったので、このレースまで状態を維持することを考えていました。今回は疲れも残っていなくて良いバランスでしたから、あとは相手が強くなった中でどれだけやれるのかという感じでした。立場としてはチャレンジャーでした。この後年内はジャパンカップか有馬記念を考えていますが、今回はハンデ戦で展開面もノーマークで有利な面がありましたから、どのレースを目標にするのか慎重に判断していきたいですね」

2着 ハーツイストワール(武豊騎手)
「レースとしてはうまくいきました。スタートを出て、内に切り替えて運ぶことができましたが、直線でアクシデントがあってブレーキを踏んだのが痛かったです。ただ、左回りだと走りが違いますね。上手に走ってくれます」

3着 ヒートオンビート(戸崎圭太騎手)
「馬の状態は良いと感じました。前回自分が乗った時には少しハミに乗って、かかるところがありましたが、今日は我慢していました。ハンデ戦で斤量を背負っている中、よく頑張っています」

4着 カントル(岩田望来騎手)
「54キロでしたし、積極的な競馬をしようと思いました。4番手の良い所で進められましたし、直線は一旦先頭というシーンもありました。最後までしっかり脚を使っていますし、このクラスでもやれます」

5着 ラストドラフト(三浦皇成騎手)
「スムーズに外に持っていけたのですが、内外の差は大きかったです。それでも馬は最後までよく頑張ってくれました」

6着 テーオーロイヤル(菱田裕二騎手)
「馬場の内が良かったので、内にこだわって競馬をしました。終始インでリズム良く運べましたが、直線で前の馬が逃避した時に、ぶつかるところがありました。加速するところだっただけに、そこが痛かったです。それでも諦めずに頑張っています」

7着 ユーキャンスマイル(石橋脩騎手)
「返し馬からきびきびしていて状態は良かった。スタートは一歩目は出るけどその後が出ていかなくてあの位置に。ガチャっとなった時に他の馬の動きに伴って外に行くことになった。最後はいい脚でしたし、ハンデ差がある中で頑張ってくれました」

8着 キラーアビリティ(C.デムーロ騎手)
「折り合い重視で中団から進めて、直線もそれなりに伸びているのですが、ジリジリとした伸びでした。ちょっと分かりません」

9着 ディアマンミノル(荻野極騎手)
「パドック、返し馬から今まで以上にいい雰囲気でしたし、取りたいポジションを取ることができました。ロスなくスムーズに運ぶことができたし、直線でアクシデントもあってバランスを崩す部分があった。大跳びで長く脚を使うだけに影響はありました。残念です」

10着 アフリカンゴールド(T.マーカンド騎手)
「逃げろという指示でしたが、1頭速い馬がいて、2番手で待機する形に。初ブリンカーでしたが、逆に進んでいかなくて、ブリンカーはない方がいいかもしれません」

12着 コトブキテティス(永野猛蔵騎手)
「直線で外に出した時は反応してくれましたが…。最後まで一生懸命頑張ってくれました」

13着 プレシャスブルー(津村明秀騎手)
「前半からついていけなかったですね。最後もこの馬なりには詰めてきているけど…」

16着 ダンディズム(富田暁騎手)
「スタートはいつも出ない馬ですが、いつも以上に一歩目が出ませんでした。今の府中は特に前が有利でなかなか前にとりつけなかったです。ゲートをしっかり出しつつついていけないと。馬は前走より仕上げも良くて、気配も良かった」

17着 レッドサイオン(石川裕紀人騎手)
「いい所で運べたけど、メンバーも強かった。直線でアクシデントがあったとはいえ、脚もあがっていました」

勝ち馬プロフィール

アルゼンチン共和国杯2022 ブレークアップ

ブレークアップ(Breakup)牡4/栗毛 黒岩 陽一(美浦)
父:ノヴェリスト 母:リトルジュン 母父:クロフネ
馬名の由来:空が破れたかのように見えるオーロラ