【ジャパンカップ2024】出走予定馬・日程・賞金/もはや世界に敵はいない

ジャパンカップ2023 イクイノックス

ジャパンカップは2024年11月24日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2024年で第44回を迎え、高額賞金を求め強豪が集う。昨年はイクイノックスが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

もはや世界に敵はいない

2024年・ジャパンカップの出走予定馬をチェック

ジャパンカップ・注目馬ピックアップ

2024年・ジャパンカップの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ドウデュース(Do Deuce)

ドウデュース・5歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ダストアンドダイヤモンズ
母父:Vindication
主な勝鞍:2022年・日本ダービー
馬名の由来:する+テニス用語(勝利目前の意味)

春はドバイターフ、宝塚記念ともに不完全燃焼の走りとなってしまった。
この秋は天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念のローテーションで走り引退予定となっているので、悔いのない走りを見せてほしい。

ドゥレッツァ(Durezza)

ドゥレッツァ・4歳牡馬
父:ドゥラメンテ
母:モアザンセイクリッド
母父:More Than Ready
主な勝鞍:2023年・菊花賞
馬名の由来:激しさ、厳しさ(音楽用語)。父名より連想

この秋はジャパンカップを大目標に戦うとのこと。
再び輝くことを信じて。

ブローザホーン(Blow the Horn)

ブローザホーン・5歳牡馬
父:エピファネイア
母:オートクレール
母父:デュランダル
主な勝鞍:2024年・宝塚記念
馬名の由来:その角笛を吹け

宝塚記念では重馬場を物ともせず上がり最速タイの決め手で差し切りG1初制覇を収めた。
この秋は京都大賞典から始動しジャパンカップ、そして大目標の有馬記念に参戦予定だ。

ジャパンカップの日程・賞金

スポンサーリンク
第44回 ジャパンカップ(Japan Cup)

ジャパンカップ 2018 アーモンドアイ

2024年11月24日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:5億円
年齢:3歳以上 距離:2,400m(芝・左)

スポンサーリンク

ジャパンカップ・プレイバック

ジャパンカップ2023 イクイノックス

2023年のジャパンカップを制したのは『イクイノックス(Equinox)』。1.3倍の断然人気に応える圧倒的なパフォーマンスで他馬を置き去りにし圧勝。後続に4馬身の差をつけ、G1・6連勝の偉業を達成しラストランを華麗に飾った。

ジャパンカップ(G1)

1着:イクイノックス
2着:リバティアイランド(4馬身)
3着:スターズオンアース(1馬身)
4着:ドウデュース(3/4馬身)
5着:タイトルホルダー(2馬身)

勝ちタイム:2:21.8
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

2023年・ジャパンカップの全着順、動画、コメントもチェック!
ジャパンカップ2023の結果・動画をまとめた記事です。2023年のジャパンCの着順は1着:イクイノックス、2着:リバティアイランド、3着:スターズオンアースとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする