キタサンブラック

2017年11月26日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演する「ジャパンカップ」。ジャパンカップは2017年で第37回を迎え、高額賞金を求め馬が集う。昨年はキタサンブラックが制した。ジャパンCの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

もはや世界に敵はいない

出走予定馬・有力馬候補

ジャパンカップ」の枠順が発表されました。
連覇を狙うキタサンブラックは2枠4番、絶好調のミルコ・デムーロ騎手とのコンビでレースに挑むサトノクラウンは6枠12番、強い3歳世代を代表する今年の日本ダービー馬レイデオロは1枠2番に入った。
ジャパンカップの発走は11月26日(日) 15:40となっています。

データ・枠順

2017年・ジャパンカップのデータ・枠順に関する記事を公開しました。記事には枠順別や脚質別データなどさまざまなレースデータを書いております。

ジャパンカップ 2017 枠順

【ジャパンカップ 2017】データ・枠順/データから勝利の方程式を解く

「ジャパンカップ 2017」のデータ・枠順の情報です。2017年・ジャパンカップのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別や騎手別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報からジャパンCでの激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

出走予定馬・予想オッズ

2017年・ジャパンカップの出走予定馬・予想オッズ・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

キタサンブラック

【ジャパンカップ 2017】出走予定馬・予想オッズ/日本競馬の祭典が始まる

「ジャパンカップ 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。ジャパンカップの出走登録は19頭。キタサンブラックやレイデオロなどが出走予定です。日本競馬vs世界の競馬。意地と意地がぶつかり合う。

2017年・ジャパンカップの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・キタサンブラック(Kitasan Black)

キタサンブラック 天皇賞春 2016

キタサンブラック・5歳牡馬

父:ブラックタイド
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
主な勝鞍:2017年・天皇賞春
馬名の由来:冠名+父名の一部

連覇がかかるキタサンブラック。昨年は後続に影も踏ませない圧倒的な逃げを決め、圧勝した。
有馬記念での引退が決まった。ラストランへ向けて今年も主導権を握って勝利を目指す。

・レイデオロ(Rey de Oro)

日本ダービー 2017 レイデオロ

レイデオロ・3歳牡馬

父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2017年・日本ダービー
馬名の由来:黄金の王(西)。父名、母名より連想

2017年の日本ダービーの栄冠を勝ち取ったレイデオロ。向こう正面で一気にポジションを挙げ勝利をもぎ取った。
ダービーと同じ舞台で偉大な先輩たちに果敢に挑戦する。

・サトノクラウン(Satono Crown)

宝塚記念 2017 サトノクラウン

サトノクラウン・5歳牡馬

父:Marju
母:ジョコンダII
母父:Rossini
主な勝鞍:2017年・宝塚記念
馬名の由来:冠名+王冠

春のグランプリホースが参戦する。
2400m戦は昨年の香港ヴァーズ以来となるが2戦して1勝・3着1回と結果を残している距離。
天皇賞秋の悔しさを糧に。

・ソウルスターリング(Soul Stirring)

オークス 2017 ソウルスターリング

ソウルスターリング・3歳牝馬

父:Frankel
母:スタセリタ
母父:Monsun
主な勝鞍:2017年・オークス
馬名の由来:魂を揺すぶる様な。そんな走りに期待して

エリザベス女王杯で3歳馬が勝ったように3歳世代の強さが目立つ。
オークスの走りができれば。

・マカヒキ(Makahiki)

【ニエル賞 2016】動画・結果/マカヒキが海外初戦を勝利で飾る

マカヒキ・4歳牡馬

父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・日本ダービー
馬名の由来:ハワイの収穫祭

こちらは2016年のダービー馬。世界にも挑戦した。
春はもどかしい成績が続いたが、秋に大きな花を咲かせたい。

・シュヴァルグラン(Cheval Grand)

【アルゼンチン共和国杯 2016】動画・結果/シュヴァルグランが差し切り重賞2勝目

シュヴァルグラン・5歳牡馬

父:ハーツクライ
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
主な勝鞍:2016年・阪神大賞典
馬名の由来:偉大な馬(仏)

G1で馬券圏内に3度来ているもののビッグタイトルが取れていない。
昨年3着のリベンジへ。

・サウンズオブアース(Sounds of Earth)

サウンズオブアース

サウンズオブアース・6歳牡馬

父:ネオユニヴァース
母:ファーストバイオリン
母父:Dixieland Band
主な勝鞍:2014年・はなみずき賞
馬名の由来:地球のサウンド

どんな条件でも堅実に走るも、勝ちきれない競馬が多い。なんとかタイトルを。

外国馬

・アイダホ(Idaho)

アイダホ

アイダホ・4歳牡馬

父:Galileo
母:Hveger
母父:Danehill
主な勝鞍:ハードウィックS(G2)
前走:カナディアンインターナショナル
4着・勝ちタイム 2:34.3(重)

参考レース:キングジョージVI世&クイーンエリザベスステークス(2017年7月)

・ギニョール(Guignol)

【バーデン大賞 2017】動画・結果/ギニョールが優勝

ギニョール・5歳牡馬

父:Cape Cross
母:Guadalupe
母父:Monsun
主な勝鞍:バーデン大賞(G1)
前走:バイエルン大賞
1着・勝ちタイム 2:37.8(重)

参考レース:バイエルン大賞(2017年11月)

・イキートス(Iquitos)

イキートス

イキートス・5歳牡馬

父:Adlerflug
母:Irika
母父:Areion
主な勝鞍:ダルマイヤー大賞(G1)
前走:バイエルン大賞
2着・勝ちタイム 2:37.8(重)

参考レース:ダルマイヤー大賞(2017年7月)

・ブームタイム(Boom Time)

コーフィールドカップ 2017 ブームタイム

ブームタイム・6歳牡馬

父:Flying Spur
母:Bit of a Ride
母父:Snippets
主な勝鞍:コーフィールドカップ(G1)
前走:メルボルンカップ
15着・勝ちタイム 3:21.1(良)

参考レース:コーフィールドカップ(2017年10月)

追い切り・コメント

2017年・ジャパンカップの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

ジャパンカップ 2017 追い切り

【ジャパンカップ 2017】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

「ジャパンカップ 2017」の追い切り・コメントの情報です。ジャパンカップに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

主な回避馬

・スワーヴリチャード(Suave Richard)

・ジャパンカップを回避し有馬記念に全力投球

共同通信杯 2017 スワーヴリチャード

スワーヴリチャード・3歳牡馬

父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2017年・共同通信杯
馬名の由来:冠名+人名より

・ゴールドアクター(Gold Actor)

状態が上がらず回避へ。年内休養の可能性も。

ゴールドアクター 2

ゴールドアクター・6歳牡馬

父:スクリーンヒーロー
母:ヘイロンシン
母父:キョウワアリシバ
主な勝鞍:2015年・有馬記念
馬名の由来:冠名+男優

日程・賞金

第37回 ジャパンカップ(Japan Cup)
2017年11月26日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:30,000万円
年齢:3歳以上 距離:2,400m(芝・左)

2016年から賞金増額

2016年のジャパンカップから賞金が3億円になった。有馬記念と並び、日本で開催されるレースでは最高賞金額となっている。

ゴールドアクター

2016年の有馬記念の賞金が3億円に増額 ジャパンカップに並び最高賞金額に 有馬記念 2016

ラジオNIKKEIの情報によると2016年の有馬記念の賞金が増額されると発表されました。

ジャパンカップ・プレイバック

2016年のジャパンカップを制したのは「キタサンブラック(Kitasan Black)」。レースのペースを握り、最後は後続を突き放しての勝利だった。

2016年11月27日(日)ジャパンカップ(GI)

1着:キタサンブラック
2着:サウンズオブアース(2-1/2馬身)
3着:シュヴァルグラン(クビ)
4着:ゴールドアクター(1/2馬身)
5着:リアルスティール(クビ)

勝ちタイム:2.25.8
優勝騎手:武 豊
馬場:良

2016年・ジャパンカップ

キタサンブラック

【ジャパンカップ 2016】動画・結果/キタサンブラックが見事な逃げ切り勝ち

「ジャパンカップ 2016」の動画・結果です。ジャパンカップの結果は1着:キタサンブラック、2着:サウンズオブアース、3着:シュヴァルグラン。「キタサンブラック」が勝利したジャパンCの詳しい結果、動画をご覧ください。

【ジャパンカップ 2016】パトロールビデオ・レース後のコメント/武豊「迷いはありませんでした」

【ジャパンカップ 2016】パトロールビデオ・レース後のコメント/武豊「迷いはありませんでした」

「ジャパンカップ 2016」のパトロールビデオ・レース後のコメントです。ジャパンカップの勝ち馬は1番人気のキタサンブラック、勝利騎手は武豊騎手、勝ちタイムは2:25.8でした。

過去のジャパンカップのCM

ジャパンカップ 2012 CM ホーリックス

【ジャパンカップ 2012】CM「The WINNER ~ホーリックス編~」

2012年の「The WINNER【ジャパンカップ】」のCMです。2012年のジャパンカップのCMには歴代の勝ち馬のホーリックスがピックアップされています。ジャパンカップは2012年11月25日(日)、東京競馬場・芝2400mで開催されます。

ジャパンカップ 2013 CM シンボリルドルフ

【ジャパンカップ 2013】CM「THE LEGEND ~シンボリルドルフ編~」

2013年の「THE LEGEND【ジャパンカップ】」のCMです。2013年のジャパンカップのCMには歴代の勝ち馬のシンボリルドルフがピックアップされています。ジャパンカップは2013年11月24日(日)、東京競馬場・芝2400mで開催されます。