【ジャパンカップ2019】出走予定馬・日程・賞金/もはや世界に敵はいない

ジャパンカップ 2018 アーモンドアイ

ジャパンカップは2019年11月24日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2019年で第39回を迎え、高額賞金を求め馬が集う。昨年はアーモンドアイがレコードタイムで制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

もはや世界に敵はいない
スポンサーリンク

2019年・ジャパンカップの出走予定馬をチェック

出走予定馬(11月19日)

2019年のジャパンカップの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • ウインテンダネス(田辺裕信)
  • エタリオウ(横山典弘)
  • カレンブーケドール(津村明秀)
  • ジナンボー(R.ムーア)
  • シュヴァルグラン(C.スミヨン)
  • スワーヴリチャード(O.マーフィー)
  • タイセイトレイル(M.デムーロ)
  • ダイワキャグニー(石橋脩)
  • ダンビュライト(松若風馬)
  • マカヒキ(武豊
  • ムイトオブリガード(C.ルメール
  • ユーキャンスマイル(岩田康誠)
  • ラヴズオンリーユー(未定) 回避予定
  • ルックトゥワイス(L.デットーリ)
  • レイデオロ(W.ビュイック)
  • ワグネリアン(川田将雅)
ジャパンカップ・注目馬ピックアップ

2019年・ジャパンカップの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

レイデオロ(Rey de Oro)

日本ダービー 2017 レイデオロ

レイデオロ・5歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2018年・天皇賞秋
馬名の由来:黄金の王(西)。父名、母名より連想

天皇賞秋をパスしジャパンカップに全力投球。
残り僅かの現役生活に全力を注ぐ。

ワグネリアン(Wagnerian)

ワグネリアン

ワグネリアン・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・日本ダービー
馬名の由来:ワーグナーファンの意味

東京2400mはダービーを制した思い出のコース。

シュヴァルグラン(Cheval Grand)

ジャパンカップ 2017 シュヴァルグラン

シュヴァルグラン・7歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
主な勝鞍:2017年・ジャパンカップ
馬名の由来:偉大な馬(仏)

今年いっぱいで引退を表明している2017年の覇者。
もう一花咲かせてくれ。
鞍上にはスミヨン騎手が予定されている。

カレンブーケドール(Curren Bouquetd’or)

スイートピーステークス2019 カレンブーケドール

カレンブーケドール・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ソラリア
母父:Scat Daddy
主な勝鞍:2019年・スイートピーステークス
馬名の由来:冠名+黄金の花束(仏)。勝利の大輪を咲かせてほしい

レース間隔、コース相性を考慮しジャパンカップ参戦を決めた。
斤量差を生かし上位を狙え。

ダンビュライト(Danburite)

京都記念2019 ダンビュライト

ダンビュライト・5歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2019年・京都記念
馬名の由来:無色透明、淡いピンク、黄色、紫などの色彩をもつパワーストーン

今年の京都記念を制し2つ目の重賞タイトルを獲得。
G1では皐月賞の3着が最高着順。

エタリオウ(Etario)

エタリオウ

エタリオウ・4歳牡馬
父:ステイゴールド
母:ホットチャチャ
母父:Cactus Ridge
主な勝鞍:2017年・2歳未勝利
馬名の由来:得たりおう。うまくしとめたとき、応戦するときに発する言葉

もう2着はいらない。

ユーキャンスマイル(You Can Smile)

新潟記念2019 ユーキャンスマイル

ユーキャンスマイル・4歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ムードインディゴ
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2019年・ダイヤモンドステークス
馬名の由来:笑ってごらん

左回りは得意舞台。

スワーヴリチャード(Suave Richard)

スワーヴリチャード

スワーヴリチャード・5歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2018年・大阪杯
馬名の由来:冠名+人名より

マカヒキ(Makahiki)

マカヒキ 日本ダービー

マカヒキ・6歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・日本ダービー
馬名の由来:ハワイの収穫祭

外国馬

ジャパンカップ創設39年目にして初めて外国馬の出走なしで行われることが決定した。

主な回避馬

アーモンドアイ(Almond Eye)

桜花賞 2018 アーモンドアイ

アーモンドアイ・4歳牝馬
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2019年・ドバイターフ
馬名の由来:美人とされる顔の目の形

連覇がかかっていた最強牝馬はジャパンカップをパスし香港カップに進むことが発表された。

プリンスオブアラン(Prince Of Arran)

プリンスオブアラン・6歳せん馬
父:Shirocco
母:Storming Sioux
母父:Storming Home
主な成績:2019年・メルボルンカップ(2着)

プリンスオブアランを管理するフェローズ調教師がジャパンカップ参戦をTwitterで表明していたが、バリアブランケットと呼ばれるゲート内で落ち着かせるために使用する布(ラグ)を日本で使用できないことが判明したため出走を断念した。

ジャパンカップ2019の予想オッズ

予想オッズ

2019年・ジャパンカップの予想オッズはこのように予想しています。
騎乗停止中の福永騎手に変わって川田騎手が手綱を取ることが発表されているワグネリアンが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. ワグネリアン(3.0)
  2. ユーキャンスマイル(3.5)
  3. レイデオロ(4.5)
  4. スワーヴリチャード(8.5)
  5. カレンブーケドール(10.0)
  6. ムイトオブリガード(13.0)
  7. シュヴァルグラン(18.0)
  8. エタリオウ(22.0)
  9. ルックトゥワイス(25.0)
  10. ダンビュライト(40.0)
  11. ジナンボー(☆)
  12. タイセイトレイル(☆)
  13. マカヒキ(☆)
  14. ダイワキャグニー(☆)
  15. ウインテンダネス(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

ジャパンカップの日程・賞金

キタサンブラック

第39回 ジャパンカップ(Japan Cup)

2019年11月24日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:3億円
年齢:3歳以上 距離:2,400m(芝・左)

2016年から賞金増額

2016年のジャパンカップから賞金が3億円になった。有馬記念と並び、日本で開催されるレースでは最高賞金額となっている。

2016年の有馬記念の賞金が3億円に増額 ジャパンカップに並び最高賞金額に 有馬記念 2016 ラジオNIKKEIの情報によると2016年の有馬記念の賞金が増額されると発表されました。

プレイバック

ジャパンカップ 2018 アーモンドアイ

2018年のジャパンカップを制したのは「アーモンドアイ(Almond Eye)」。3歳牝馬が驚愕のレコードタイムで駆け抜け世界中の競馬ファンを驚かせた。

2018年 ジャパンカップ(GI)

1着:アーモンドアイ
2着:キセキ(1-3/4馬身)
3着:スワーヴリチャード(3-1/2馬身)
4着:シュヴァルグラン(クビ)
5着:ミッキースワロー(2馬身)

勝ちタイム:2.20.6(レコード
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

2018年・ジャパンカップ
ジャパンカップ2018の結果・動画をまとめた記事です。今年のジャパンカップの着順は1着:アーモンドアイ、2着:キセキ、3着:スワーヴリチャードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする