【CBC賞2021】結果・動画/ファストフォースが驚愕レコードV

CBC賞2021 ファストフォース

CBC賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のCBC賞の着順は1着:ファストフォース、2着:ピクシーナイト、3着:アウィルアウェイとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のCBC賞はファストフォースが驚愕レコードV

2021年7月4日(日) | 3回小倉2日 | 15:35 発走
第57回 CBC賞(GIII)芝・右 1200m
CBC Sho (G3)

スポンサーリンク

2021年・CBC賞の動画

関連記事
昨年のCBC賞はラブカンプーが制していた。
CBC賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のCBC賞の着順は1着:ラブカンプー、2着:アンヴァル、3着:レッドアンシェルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・CBC賞の結果

スポンサーリンク

1着:ファストフォース
2着:ピクシーナイト(1/2馬身)
3着:アウィルアウェイ(3/4馬身)
4着:タイセイビジョン(1/2馬身)
5着:ヨカヨカ(1/2馬身)
6着:ノーワン
7着:クーファウェヌス
8着:メイショウケイメイ
9着:クリノアリエル
10着:メイショウカリン
11着:ビオグラフィー
12着:メイショウチタン
13着:プリカジュール

勝ちタイム:1.06.0(レコード
優勝騎手:鮫島 克駿
馬場:良

関連記事
G1・スプリンターズステークスをにぎわす馬は?
スプリンターズステークスは2021年10月3日に中山競馬場で行われる電撃のスプリント戦。スプリンターズSは2021年で第55回を迎え、昨年はグランアレグリアが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

CBC賞2021 ファストフォース

1着 ファストフォース(鮫島克駿騎手)
「(速い時計が出る)特殊な馬場でしたので、前に行かないとと思っていました。枠もいいし、行き切れたらチャンスがあると思っていました。2番手の馬も競ってこず、3角までいい感じで運べました。早くゴールがきてくれと(勝負どころから)早めに踏んで行きました。レコード決着は予測できましたが、対応してくれて、この子に感謝しています。(調教には騎乗せず)レースでテン乗りでしたが、先生(西村調教師)からしっかり聞いていました。小倉は馬に乗りだした僕のルーツ。地元で勝てて良かったです」

2着 ピクシーナイト(福永祐一騎手)
「開幕週の外枠(13頭立ての11番)は難しかった。その中で内に潜り込んで詰めてはいるけど、前が止まらなかった。内枠だったら、逃げ馬の後ろを取れたと思う。できれば勝っておきたかった」

3着 アウィルアウェイ(松山弘平騎手)
「こういう馬場ですけど、最後までついて行って、しっかり脚を使っています」

(高野友和調教師)
「すごくいい競馬でした。いつもより、いいポジショニングで進められました。直線でも一生懸命に反応してくれています。(実質)トップハンデ、この馬場で本当によく走っています」

4着 タイセイビジョン(川田将雅騎手)
「1600mをメインに使ってきた馬なので、出だしは1200mへの対応に時間が掛かりましたが、これを経験したことで次はより対応できると思います」

5着 ヨカヨカ(和田竜二騎手)
「ゲートは出た方なのですが、両隣も出ていましたからね。内に潜り込むことが出来て、手応えは良かったのですが、追走がおっつけ気味でした。最後は伸び切れませんでした。1200mに慣れてくれば通用するのですが、極端に硬い馬場というのは...」

6着 ノーワン(杉山佳明調教師)
「外枠(13頭立て13番)でも、問題なくスムーズなレースをして、ひと脚を使ってくれました。連闘だったけど、力を見せてくれたと思います」

7着 クーファウェヌス(酒井学騎手)
「以前乗った秋山真一郎騎手からも話は聞いていました。初ブリンカーは効いていたのか分かりませんが、スタートを決めて無理なく番手が取れました。3コーナーあたりはいけそうでしたが、時計面でしょうか...。最後はしんどくなりましたが、自己条件は勝てそうな馬だと思いましたし、普通の馬場で今日のような競馬が出来ればいいですね」

8着 メイショウケイメイ(藤懸貴志騎手)
「スタートはあまり出なかったけど、有力馬の後ろで我慢することができました。軽ハンデで脚をためて、それほどタイム差はなく、一生懸命に頑張ってくれました」

9着 クリノアリエル(富田暁騎手)
「後ろからになったけど、自分の脚は使っています。(今回は格上の重賞挑戦だけど)オープンに行ける馬だと思います」

10着 メイショウカリン(秋山真一郎騎手)
「前が止まらない展開になりましたからね」

11着 ビオグラフィー(藤岡康太騎手)
「1200mの重賞でも良いスピードを見せてくれたのですが、さすがに時計が速すぎたので最後いっぱいになってしまいました」

12着 メイショウチタン(松若風馬騎手)
「1200メートルでこの(速い)馬場なので、主張する馬が多く外、外を回って、きついレースになりました」

13着 プリカジュール(角田大和騎手)
「初めての重賞でしたが、緊張せずに乗ることができました。障害を使ってきましたが、スタートは素直に反応してくれました。でも、外を回って厳しい展開になりました。今の状態の良さなら、自己条件に戻れば、いいレースができると思います」

勝ち馬プロフィール

CBC賞2021 ファストフォース

ファストフォース(First Force)牡5/黒鹿毛 西村 真幸(栗東)
父:ロードカナロア 母:ラッシュライフ 母父:サクラバクシンオー
馬名の由来:第一の力