【CBC賞2020】結果・動画/ラブカンプーが復活の逃げ切りV

CBC賞2020 ラブカンプー

CBC賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のCBC賞の着順は1着:ラブカンプー、2着:アンヴァル、3着:レッドアンシェルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のCBC賞はラブカンプーが復活の逃げ切りV

2020年7月5日(日) | 4回阪神2日 | 15:35 発走
第56回 CBC賞(GIII)芝・右 1200m
CBC Sho (G3)

スポンサーリンク

2020年・CBC賞の動画

関連記事

昨年のCBC賞はレッドアンシェルが制していた。

CBC賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のCBC賞の着順は1着:レッドアンシェル、2着:アレスバローズ、3着:セイウンコウセイとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・CBC賞の結果

スポンサーリンク

1着:ラブカンプー
2着:アンヴァル(1-3/4馬身)
3着:レッドアンシェル(2馬身)
4着:タイセイアベニール(ハナ)
5着:エイシンデネブ(1-1/4馬身)
6着:ノーワン
7着:アウィルアウェイ
8着:グランドロワ
9着:ジョイフル
10着:ロケット
11着:ディメンシオン
12着:クリノガウディー
13着:ナインテイルズ
14着:ミッキースピリット
15着:ダイシンバルカン
16着:ショウナンアンセム

勝ちタイム:1.08.7
優勝騎手:斎藤 新
馬場:稍重

関連記事
G1・スプリンターズステークスをにぎわす馬は?
スプリンターズステークスは2020年10月4日に中山競馬場で行われる電撃のスプリント戦。スプリンターズSは2020年で第54回を迎え、昨年はタワーオブロンドンが制した。出走予定馬・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

CBC賞2020 ラブカンプー

1着 ラブカンプー(斎藤新騎手)
「本当に(デビューして)1年目は勝たせていただいて、2年目はなかなか結果を出せないこともあったんですけど、チャンスをいただいて、関係者の方に感謝の言葉しかないです。枠だったり、斤量だったり積極的な競馬をしようとして、ラブカンプーが応えてくれました。ゲートを出た瞬間に行けるなと思いましたし、ほかに速い馬もいましたけど、こちらが斤量も軽いので。脚を使わせて引きつけて粘る競馬がいいなと思っていたので。だんだん馬自身も復調してきて、厩舎のスタッフもうまく調整してくれましたし、いい時に乗せてもらったと思います」

2着 アンヴァル(北村友一騎手)
「(6番の)枠が良かったし、いい位置でベストの競馬ができました。最後も伸びて脚を使っているのですが、勝ち馬は止まりませんでした。それでも、よく頑張っています」

3着 レッドアンシェル(福永祐一騎手)
「うまく立ち回って、いい形で直線に向くことができたけど、そこからの伸びがもうひとつでした。差を詰めてではなく、ギリギリ残っての3着ですから。いいときと比べると物足りないけど、最低限の格好はつけたと思います」

4着 タイセイアベニール(松山弘平騎手)
「前が止まらない馬場だったので、もう少し前のポジションを取りたかったです。最後もよく詰めているのですが、行き脚がつかなかったので…」

5着 エイシンデネブ(幸英明騎手)
「よく伸びていますが、もう少し早く追い出すことができたら違っていたかもしれません。若干、仕掛けが遅れてしまいました」

6着 ノーワン(浜中俊騎手)
「馬場が良くないのが影響したし、この距離で進んでいきませんでした。じっとして、外に出すことはできたのですが…」

7着 アウィルアウェイ(川田将雅騎手)
「枠、並びがきつく、そのぶん終始、厳しい競馬になってしまいました」

8着 グランドロワ(和田竜二騎手)
「つまづきました。行き脚がつかず、自分の形で進めることができませんでした」

9着 ジョイフル(川又賢治騎手)
「馬場が厳しかったです。強気に押してハミをかんでくれて、いいときのような走りを見せてはくれました」

10着 ロケット(酒井学騎手)
「口向きの課題がありますし、最後は(脚が)なくなってしまいました。(初めての)1200メートルでも問題はなく、スピードが生きる馬場の方が合ってそうです」

11着 ディメンシオン(松田大作騎手)
「(前の)位置を取るのに手こずり、そこで脚を使いました。(外の14番の)枠順が影響したと思います」

12着 クリノガウディー(横山典弘騎手)
「うーん…。スタートは出ているけど、その後が遅かった。58キロはダメではないけど、軽ハンデの馬が逃げ切るレースになったから。最後は馬込みのつらいところに入ってしまった」

13着 ナインテイルズ(中井裕二騎手)
「1200メートルのレースで内枠はいいと思ったけど、今日の馬場ではかわいそうでした。それでも9歳馬らしからぬ気合、元気を感じました」

14着 ミッキースピリット(松若風馬騎手)
「メンバーが強くなると流れが変わってくるので、慣れが必要だと思います。馬場が緩かったこともあり、終始おっつけ通しでした。いい馬場なら違っていたと思います」

15着 ダイシンバルカン(国分優作騎手)
「ためても伸びないと思っていたので、前で競馬をしました。平坦コースの方がいいと思います」

16着 ショウナンアンセム(鮫島克駿騎手)
「今回は長期休養明けでしたから。3コーナーあたりでロケットが曲がりきれず、外に振られてしまいました。繊細な馬なので道中で窮屈になってしまっては…」

勝ち馬プロフィール

CBC賞2020 ラブカンプー

ラブカンプー(Love Kampf)牝5/黒鹿毛 森田 直行(栗東)
父:ショウナンカンプ 母:ラブハート 母父:マイネルラヴ
馬名の由来:冠名+父名より

関連記事
ラブカンプーは2018年のスプリンターズステークス(2着)以降、馬券圏内から遠ざかっていた。
スプリンターズステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:ファインニードル、2着:ラブカンプー、3着:ラインスピリットとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。