【カペラステークス2019】結果・動画/コパノキッキング&藤田菜七子コンビが圧勝

カペラステークス2019 コパノキッキング

カペラステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のカペラステークスの着順は1着:コパノキッキング、2着:テーオージーニアス、3着:シュウジとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年のカペラステークスはコパノキッキング&藤田菜七子コンビが圧勝

2019年12月8日(日) | 5回中山4日 | 15:20発走
第12回 カペラステークス(GIII)ダート・右 1200m
Capella Stakes (G3)

スポンサーリンク

2019年・カペラステークスの動画

関連記事

昨年のカペラステークスはコパノキッキングが制していた。

カペラステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。2018年のカペラステークスの着順は1着:コパノキッキング、2着:サイタスリーレッド、3着:キタサンミカヅキとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・カペラステークスの結果

スポンサーリンク

1着:コパノキッキング
2着:テーオージーニアス(2-1/2馬身)
3着:シュウジ(ハナ)
4着:レッドアネラ(1馬身)
5着:ゴールドクイーン(クビ)
6着:ヒロシゲゴールド
7着:タテヤマ
8着:ドリュウ
9着:ヒザクリゲ
10着:オウケンビリーヴ
11着:ダノングッド
12着:ハニージェイド
13着:ハングリーベン
14着:オールドベイリー
15着:ビップライブリー
16着:シャインヴィットゥ

勝ちタイム:1.09.3
優勝騎手:藤田 菜七子
馬場:良

関連記事
G1・フェブラリーステークスをにぎわす馬は?
フェブラリーステークスは2020年2月23日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2020年で第37回を迎え、昨年はインティが制した。フェブラリーステークスの出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 コパノキッキング(藤田菜七子騎手)
「行ければ番手につけようかと思ったけど、結果的に後ろになった。いい脚で一歩ずつ伸びてくれた。コパノキッキングありがとうという気持ちです」

2着 テーオージーニアス(丸山元気騎手)
「菜七子がいなければ(苦笑い)。追走はきつかったけど、直線で外に出してから、よく伸びてくれました」

3着 シュウジ(三浦皇成騎手)
「中山のダートも合っているし、行く馬が多くて控える競馬をした。しまいの脚を使えていたし、この馬の競馬ができた」

4着 レッドアネラ(内田博幸騎手)
「スタートも速く、スピードがあるので、わざわざ下げることはなかった。道中はいい感じで、早めに抜けるとふわっとすると聞いていたので、追い出しを待った。よく頑張っていたし、重賞でもやれると思う」

5着 ゴールドクイーン(古川吉洋騎手)
「今日は行きっぷりが良くなかった。ムラッ気があるからね。このペースで、この時計で走れないことはないんだけど…。気難しい面が出たのかな」

6着 ヒロシゲゴールド(津村明秀騎手)
「いい形で行けたけど、テンが速くて余裕を持って追走できなかった」

7着 タテヤマ(大野拓弥騎手)
「去年よりも馬に覇気があって、いい状態だった。だいぶ馬群の中でも競馬ができていた」

8着 ドリュウ(M.デムーロ騎手)
「1枠もあって、テンから進んでいかなかった。距離が忙しかった感じ」

9着 ヒザクリゲ(石橋脩騎手)
「ちょっと右に寄りかかって出たが、ペースが速かったので、内でじっと回ってきた。脚は一瞬使えたので、もう少しいいポジションだったら」

13着 ハングリーベン(野中悠太郎騎手)
「いいポジションは取れた。あの馬にしてはペースが速かったが、1200メートルは合っていますね」

15着 ビップライブリー(北村宏司騎手)
「そんなに慌てさせずに運んだけど、最後はなかなか伸びてこられなかった」

勝ち馬プロフィール

カペラステークス2019 コパノキッキング

コパノキッキング(Copano Kicking)せん4/黒鹿毛 村山 明(栗東)
父:Spring At Last 母:Celadon 母父:Gold Halo
馬名の由来:冠名+キックする

関連記事
コパノキッキングと藤田菜七子騎手のコンビの優勝は今年の東京盃以来。
東京盃2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の東京盃の着順は1着:コパノキッキング、2着:ブルドッグボス、3着:サクセスエナジーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

コメント

  1. 匿名 より:

    つよい!