アライバルが人気に応え快勝/動画・結果【2歳新馬戦】

アライバル

アライバルが勝利した2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:アライバル、2着:プルパレイ、3着:ホウオウパレードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

アライバルが人気に応え快勝

2021年6月19日(土) | 3回東京5日 | 12:35発走
2歳新馬戦
芝・左 1600m

スポンサーリンク

動画

関連記事
この世代最初の新馬戦はクラウンドマジックが制していた。
クラウンドマジックが勝利した2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:クラウンドマジック、2着:ラクスバラディー、3着:スズカワールドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

結果

スポンサーリンク

1着:アライバル
2着:プルパレイ(2-1/2馬身)
3着:ホウオウパレード(3/4馬身)
4着:マイシンフォニー(3/4馬身)
5着:グランドライン(1/2馬身)
6着:フェニックスループ
7着:イエローブーケ
8着:レヴォルト
9着:マブセレナード
10着:シュシュエラブル
11着:ビップアクア
12着:カランセ
13着:ゼファラス
14着:ナカガワフェイス
15着:エルパソ
16着:シンボリックレルム

勝ちタイム:1.36.8
優勝騎手:C.ルメール
馬場:稍重

スポンサーリンク

レース後のコメント

1着 アライバル(C.ルメール騎手)
「能力がありそう。道中も乗りやすかったし、瞬発力を見せてくれた。ハービンジャー産駒だし、距離は1800から2000メートルでも良さが出ると思います」

(栗田徹調教師)
「調教は良かったし、調教通りだった。スローで折り合って、最後きちっとアクションをして、先々につながる競馬をしてくれた」

3着 ホウオウパレード(石橋脩騎手)
「調教で乗って、これからもっと良くなってくるだろうと感じましたが、今日の返し馬での雰囲気が良かったです。ゲートは上手く出ませんでしたが、直線に向いてからの反応も良く、これから楽しみです」

4着 マイシンフォニー(武豊騎手)
「良い馬です。ゲートを出なくて、レースの流れがスローだったので、難しいレースになりました。しかし、ラストは良い脚を使い、素質は感じました」

勝ち馬プロフィール

アライバル

アライバル(Arrival)牡2/鹿毛 栗田 徹(美浦)
父:ハービンジャー 母:クルミナル 母父:ディープインパクト
馬名の由来:到達。競馬界の頂点に達するよう願いをこめて。母名より連想

関連記事
母のクルミナルは2015年の桜花賞2着、オークス3着だった。
桜花賞2015の動画・結果です。2015年の桜花賞の結果は1着:レッツゴードンキ、2着:クルミナル、3着:コンテッサトゥーレとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
オークス2015の動画・結果です。オークスの結果は1着:ミッキークイーン、2着:ルージュバック、3着:クルミナル。ミッキークイーン が勝利したオークスの詳しい結果、動画をご覧ください。