【アンタレスステークス2020】結果・動画/ウェスタールンドが鮮やかに差し切りV

アンタレスステークス2020 ウェスタールンド

アンタレスステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のアンタレスステークスの着順は1着:ウェスタールンド、2着:アナザートゥルース、3着:クリンチャーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のアンタレスステークスはウェスタールンドが鮮やかに差し切りV

2020年4月19日(日) | 2回阪神8日 | 15:30 発走
第25回 アンタレスステークス(GIII)ダート・右 1800m
Antares Stakes (G3)

スポンサーリンク

2020年・アンタレスステークスの動画

関連記事

昨年のアンタレスステークスはアナザートゥルースが制していた。

アンタレスステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のアンタレスSの着順は1着:アナザートゥルース、2着:グリム、3着:ロンドンタウンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・アンタレスステークスの結果

スポンサーリンク

1着:ウェスタールンド
2着:アナザートゥルース(1-3/4馬身)
3着:クリンチャー(ハナ)
4着:リワードアンヴァル(ハナ)
5着:コマビショウ(3/4馬身)
6着:サトノプライム
7着:アングライフェン
8着:ロードゴラッソ
9着:メイショウスミトモ
10着:モズアトラクション
11着:ナムラアラシ
12着:ノーブルサターン
13着:ワイルドカード
14着:ベストタッチダウン
15着:ルールソヴァール
16着:メイショウワザシ

勝ちタイム:1.49.8
優勝騎手:藤岡 佑介
馬場:稍重

レース後のコメント

1着 ウェスタールンド(藤岡佑介騎手)
「1コーナーで先行争いが激しくなったのが見えました。以前に乗った時より行きっぷりは良くなっていましたが、(後方待機が)この馬のスタイルだと思って下げました。道中では息も入れてくれて、どこまで伸びるかという感じでした。これだけのメンバー相手に、3コーナーからは馬なりで上がって行けました。これまで何度か乗って、これが一番爆発力が出せる乗り方なのでしょう。年齢的にも、何とかタイトルを取らせたいと思っていました。ただ、今日の勝ち方を見れば、年齢は気になりませんね。魅力的なスタイルを持った馬ですし、これからも応援してあげてください」

(佐々木晶三調教師)
「ラップタイムを見て、少し離されすぎかなと思いました。なかなかできる芸当ではないと思います。去勢していて長持ちするのかもしれませんね。装鞍などで余計なことをしなくなりました」

2着 アナザートゥルース(大野拓弥騎手)
「去年と違って58kgでしたが、一年を通して経験を積んできて、最後に反応するようになっていて、成長を確認しました」

3着 クリンチャー(石橋脩騎手)
「間隔は詰まっていますが、馬は良い状態でした。今日はポジションを取りたいと思っていました。勝った馬は強かったです」

4着 リワードアンヴァル(三浦皇成騎手)
「馬が良くなっています。使うごとに成長を感じます。これからがどんどん楽しみになります」

5着 コマビショウ(松若風馬騎手)
「スタートが決まって、人気馬を見ながら、良い感じで運べました。4コーナーの手応えも良く、他に先に動かれたのは痛かったですが、よく伸びてくれています。オープンでも通用する力はあります」

6着 サトノプライム(古川吉洋騎手)
「今日は、この馬としてはゲートも出ましたし、展開が向けば、これくらいはやれる馬です」

7着 アングライフェン(藤井勘一郎騎手)
「リズムよく、前半は運べました。4コーナーでスッと楽にクリンチャーの外に並んだけど、勝ち馬がそこからきて、最後は甘くなってしまいました」

8着 ロードゴラッソ(浜中俊騎手)
「スタートから無理なくポジションを取れて、この馬なりに頑張って走っています」

9着 メイショウスミトモ(小牧太騎手)
「一瞬、来そうな感じだったけどね。前が速かったから」

10着 モズアトラクション(幸英明騎手)
「勝負どころで内に潜り込みましたが、外を回った方が良かったかもしれません」

11着 ナムラアラシ(坂井瑠星騎手)
「勝ち馬の後ろでハマるかなと思ったけど、前が止まりませんでした」

12着 ノーブルサターン(高倉稜騎手)
「砂を嫌がる面は見せましたが、馬のリズムで走らせました。伸びそうな雰囲気はあったんですけどね」

13着 ワイルドカード(岩田望来騎手)
「すごくいい感じで運ぶことはできました。馬の状態はすごくよかった。このクラスでも条件が合えば、やれると思います」

14着 ベストタッチダウン(川田将雅騎手)
「ゲートのつまずき方も、ゴールに入ってからのつまずき方も、本来の姿ではないので、また改めてですね」

16着 メイショウワザシ(秋山真一郎騎手)
「一歩目でつまずきましたからね。(先頭に)行くまでに脚を使ってしまいました」

勝ち馬プロフィール

アンタレスステークス2020 ウェスタールンド

ウェスタールンド(Westerlund)せん8/栗毛 佐々木 晶三(栗東)
父:ネオユニヴァース 母:ユーアンミー 母父:Marquetry
馬名の由来:宇宙最大といわれる恒星「ウェスタールンド1-26」がある星団

関連記事
ウェスタールンドは前走ダイオライト記念で2着に敗れていた
ダイオライト記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のダイオライト記念の着順は1着:アナザートゥルース、2着:ウェスタールンド、3着:サウンドトゥルーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。