神戸新聞杯 2017 レイデオロ

2017年9月24日に阪神競馬場で行われる関西からの菊花賞トライアル「神戸新聞杯」。神戸新聞杯は2017年で第65回を迎える。昨年はサトノダイヤモンドが優勝した。神戸新聞杯の動画・出走予定馬・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

三歳有力馬がここから始動

動画・結果

2017年の神戸新聞杯を制したのは「レイデオロ(Rey de Oro」。ダービー馬が貫録のレース運びで危なげなく勝利した。
1着馬から3着馬までに菊花賞への優先出走権が与えられる。

動画・結果

神戸新聞杯 2017 レイデオロ

【神戸新聞杯 2017】動画・結果/レイデオロが堂々抜け出す

「神戸新聞杯 2017」の動画・結果です。神戸新聞杯の結果は1着:レイデオロ、2着:キセキ、3着:サトノアーサー。「レイデオロ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

スポンサーリンク

データ・枠順

神戸新聞杯 2017 枠順

神戸新聞杯の枠順が発表されました。
人気が予想されるレイデオロは5枠8番、デムーロ騎手とコンビを組むキセキは4枠5番、皐月賞で3着に入ったダンビュライトは3枠3番に入った。

データ・枠順

神戸新聞杯 2017 枠順

【神戸新聞杯 2017】データ・枠順/データでレースを攻略!

「神戸新聞杯 2017」のデータ・枠順の情報です。神戸新聞杯のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別成績のものなどを掲載。さまざまな情報から激走馬を導き出す!

出走予定馬・有力馬候補

出走予定馬・予想オッズ

2017年・神戸新聞杯の出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

【神戸新聞杯 2016】動画・結果/サトノダイヤモンドが見ごたえある叩き合いを制する

【神戸新聞杯 2017】出走予定馬・予想オッズ/実績馬か上り馬か

「神戸新聞杯 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。神戸新聞杯の出走登録は16頭。レイデオロやカデナなどが出走予定です。ダービー馬参戦で楽しみなメンバー構成。春の実績馬か、夏の上り馬か。

2017年の神戸新聞杯候補をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・レイデオロ(Rey de Oro)

日本ダービー 2017 レイデオロ

レイデオロ・3歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2017年・日本ダービー
馬名の由来:黄金の王(西)。父名、母名より連想

2017年栄光のダービー馬に輝いたレイデオロが参戦予定。日本ダービーではルメール騎手の好判断もあり、いつもとは違う戦法で勝利を収めた。神戸新聞杯後はジャパンカップを目標にするとのこと。G1馬として迎え撃つ立場になったが、本番へ向けて負けられない戦が続く。

・ダンビュライト(Danburite)

ダンビュライト

ダンビュライト・3歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2016年・2歳新馬戦
馬名の由来:無色透明、淡いピンク、黄色、紫などの色彩をもつパワーストーン

皐月賞3着、ダービー6着と春のクラシックでも好走したダンビュライト。ただ、勝ち鞍は新馬戦のみで本賞金的にはここで加算しておかないと今後のローテーションが厳しくなる。菊への切符もほしいが、なんとか賞金加算を。

・キセキ(Kiseki)

キセキ

キセキ・3歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2017年・信濃川特別
馬名の由来:奇跡

クラシック未勝利組で1番注目を浴びそうなのはキセキ。
春は毎日杯3着など重賞でもそこそこ走っていたが、無理をせずレース間隔をあけた。
夏の条件戦から復帰し、500万、1000万条件を連勝して一気に注目を浴びた。
神戸新聞杯でも引き続きデムーロ騎手が騎乗予定。春のクラシックで活躍した馬たち相手にどこまで戦えるか。

・カデナ(Cadenas)

2016 京都2歳ステークス カデナ

カデナ・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:フレンチリヴィエラ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2017年・弥生賞
馬名の由来:南京錠(仏)

弥生賞を制したときはクラシック候補と騒がれたが、本番では皐月賞9着、日本ダービーでは11着と勝負にならなかった。
展開に注文がつくタイプで、流れが合えばここでもやれるはず。

・サトノアーサー(Satono Arthur)

【2歳新馬戦】動画・結果/スズカフロンティアとサトノアーサーが同着で優勝

サトノアーサー・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:キングスローズ
母父:Redoute’s Choice
主な勝鞍:2016年・シクラメン賞
馬名の由来:冠名+人名より

鋭い決め手を武器にきさらぎ賞や毎日杯で2着となったサトノアーサー。日本ダービーでは展開が向かず大敗したが、上りはアドミラブルに次ぐ2番目に速いものだった。
関西での競馬は安定した成績を残しており、展開が向けば突き抜ける強さは持ち合わせている。

・アダムバローズ(Adam Barows)

若葉ステークス

アダムバローズ・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:チャチャリーノ
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2017年・若葉S
馬名の由来:人名より+冠名

・ベストアプローチ(Best Approach)

ベストアプローチ

ベストアプローチ・3歳牡馬
父:New Approach
母:Sant Elena
母父:Efisio
主な勝鞍:2016年・2歳新馬戦
馬名の由来:最良の方法

他にも

  • アドマイヤウイナー
  • エテレインミノル
  • タガノシャルドネ
  • タガノヤグラ
  • ホウオウドリーム
  • マイスタイル
  • メイショウテンシャ
  • メルヴィンカズマ
  • ユラノト

が出走登録を済ませています。

追い切り・コメント

2017年・神戸新聞杯の追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

神戸新聞杯 2017 追い切り

【神戸新聞杯 2017】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

「神戸新聞杯 2017」の追い切り・コメントの情報です。神戸新聞杯に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

主な回避予定馬

・アドミラブル(Admirable)

放牧先で脚部不安を発症。復帰は来年秋ごろを予定。

青葉賞 2017 アドミラブル

アドミラブル・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:スカーレット
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2017年・青葉賞
馬名の由来:賞賛すべき、立派な

日程・賞金

第65回 神戸新聞杯(Kobe Shimbun Hai)
2017年9月24日(日)阪神競馬場
格:G2 1着本賞金:5,400万円
年齢:3歳牡馬・牝馬 距離:2,400m(芝・右)

昨年の神戸新聞杯をプレイバック

昨年の神戸新聞杯を制したのは「サトノダイヤモンド(Satono Diamond)」。着差こそわずかだったが、他馬のマークを跳ね返しきっちり勝利した。サトノダイヤモンドとミッキーロケット、レッドエルディストの3頭までに菊花賞への優先出走権が与えられた。

2016年9月25日(日)神戸新聞杯(GII)

1着:サトノダイヤモンド
2着:ミッキーロケット(クビ)
3着:レッドエルディスト(3馬身)
4着:カフジプリンス(アタマ)
5着:エアスピネル(1-1/4馬身)

勝ちタイム:2.25.7
勝利騎手:C.ルメール
馬場:良

2016年・神戸新聞杯

【神戸新聞杯 2016】動画・結果/サトノダイヤモンドが見ごたえある叩き合いを制する

【神戸新聞杯 2016】動画・結果/サトノダイヤモンドが見ごたえある叩き合いを制する

「神戸新聞杯 2016」の動画・結果です。神戸新聞杯の結果は1着:サトノダイヤモンド、2着:ミッキーロケット、3着:レッドエルディスト。「サトノダイヤモンド」が勝利し神戸新聞杯の詳しい結果、動画をご覧ください。