【神戸新聞杯2022】出走馬・予想オッズ・枠順/三歳有力馬がここから始動

神戸新聞杯2021 ステラヴェローチェ

神戸新聞杯は2022年9月25日に中京競馬場で行われる西からの菊花賞トライアル。神戸新聞杯は2022年で第70回を迎え、昨年はステラヴェローチェが優勝した。神戸新聞杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

三歳有力馬がここから始動
スポンサーリンク

2022年・神戸新聞杯の出走予定馬をチェック

神戸新聞杯の枠順決定!(9月23日)

神戸新聞杯2022 枠順

2022年・神戸新聞杯の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではプラダリアが7枠14番、パラレルヴィジョンは6枠11番、ヴェローナシチーは3枠5番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2022年・神戸新聞杯の追い切り・コメントをチェック!
神戸新聞杯2022の追い切り・コメントの記事です。神戸新聞杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(9月22日)

2022年の神戸新聞杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • アイキャンドウイッ(和田竜二)
  • アスクワイルドモア(岩田望来)
  • ヴェローナシチー(団野大成)
  • コントゥラット(北村友一)
  • サトノヘリオス(浜中俊)
  • サンセットクラウド(幸英明)
  • ジャスティンパレス(鮫島克駿)
  • ジュンブロッサム(坂井瑠星)
  • パラレルヴィジョン(C.ルメール
  • ビーアストニッシド(岩田康誠)
  • プラダリア(池添謙一)
  • ボルドグフーシュ(吉田隼人)
  • ミスターホワイト(松若風馬)
  • メイショウラナキラ(秋山真一郎)
  • ヤマニンゼスト(武豊
  • リカンカブール(藤岡康太)
  • レヴァンジル(M.デムーロ)
【参考レース】2022年 神戸新聞杯|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2022年・神戸新聞杯の出走馬参考レース動画です。
出走予定馬の過去のレースを振り返り、馬券の参考にしよう!

神戸新聞杯・注目馬ピックアップ

2022年・神戸新聞杯の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

プラダリア(Pradaria)

プラダリア・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:シャッセロール
母父:クロフネ
主な勝鞍:2022年・青葉賞
馬名の由来:草原(ポルトガル語)

春は青葉賞勝利から日本ダービーに挑戦し0.9秒差の5着と好走した。
池添騎手は「秋には巻き返せるポテンシャルを持っている」とコメントしており、成長が見込まれる。

ジュンブロッサム(Jun Blossom)

ジュンブロッサム・3歳牡馬
父:ワールドエース
母:エンプレスティアラ
母父:クロフネ
主な勝鞍:2022年・出雲崎特別
馬名の由来:冠名+花。開花する様に

前走の出雲崎特別(1勝クラス)では好位から抜け出しレコードタイムで快勝。
今なら2200mの距離もこなせそう。

サトノヘリオス(Satono Helios)

サトノヘリオス・3歳牡馬
父:エピファネイア
母:エアマグダラ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2021年・エリカ賞
馬名の由来:冠名+ギリシャ神話の太陽神

重賞勝ちこそないものの、スプリングステークスやラジオNIKKEI賞で3着に入った実績あり。
血統的にまだまだ成長が見込める。

レヴァンジル(L’Evangile)

レヴァンジル・3歳牡馬
父:ドゥラメンテ
母:トゥリフォー
母父:Frankel
主な勝鞍:2022年・ゆりかもめ賞
馬名の由来:ポムロール高原にあるシャトーの名前

青葉賞で1番人気(5着)に支持された期待の良血馬。
秋こそ大きく羽ばたきたい。

ボルドグフーシュ(Boldog Hos)

ボルドグフーシュ・3歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:ボルドグザグ
母父:Layman
主な勝鞍:2022年・一宮特別
馬名の由来:幸せな英雄(ハンガリー語)

古馬相手に2勝クラスを快勝。
京都新聞杯でも上がり最速の脚で追い込み3着に入っている。

パラレルヴィジョン(Parallel Vision)

パラレルヴィジョン・3歳牡馬
父:キズナ
母:アールブリュット
母父:マクフィ
主な勝鞍:2022年・3歳以上1勝クラス
馬名の由来:4ヶ国で開催された生の芸術を集めた展覧会。母名より連想

未勝利戦、1勝クラスをともに上がり最速タイムで突き抜け連勝中。
鞍上にルメール騎手を手配した辺り陣営の本気度が伝わってくる。
無傷の3連勝で重賞タイトルを手にできるか。

ヴェローナシチー(Verona City)

ヴェローナシチー・3歳牡馬
父:エピファネイア
母:アモーレエテルノ
母父:ゼンノロブロイ
主な勝鞍:2021年・2歳未勝利
馬名の由来:母名と同名のワインの原産地+冠名

デビューからの7戦はいずれも3着以内ながら勝ち切れない競馬が続いており、賞金加算ができずダービー出走は叶わなかった。
今後のレース選択の幅を広げるためにもきっちり結果を残したい。

神戸新聞杯2022の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2022年・神戸新聞杯の予想オッズはこのように予想しています。
青葉賞馬で日本ダービー5着の実績が光るプラダリアが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. プラダリア(2.5)
  2. ヴェローナシチー(5.0)
  3. パラレルヴィジョン(5.5)
  4. アスクワイルドモア(6.5)
  5. サトノヘリオス(9.5)
  6. ビーアストニッシド(17.0)
  7. ボルドグフーシュ(19.5)
  8. ジャスティンパレス(21.0)
  9. レヴァンジル(29.5)
  10. ジュンブロッサム(33.5)
  11. サンセットクラウド(☆)
  12. メイショウラナキラ(☆)
  13. リカンカブール(☆)
  14. コントゥラット(☆)
  15. ミスターホワイト(☆)
  16. アイキャンドウイッ(☆)
  17. ヤマニンゼスト(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

神戸新聞杯の日程・賞金

第70回 神戸新聞杯(Kobe Shimbun Hai)

神戸新聞杯2019 サートゥルナーリア

2022年9月25日(日)中京競馬場
格:G2 1着本賞金:5,400万円
年齢:3歳牡馬・牝馬 距離:2,200m(芝・左)

菊花賞の前哨戦として例年は阪神競馬場で開催されているが、京都競馬場改修の影響により中京競馬場・芝2200mで開催される。
近年はここから天皇賞秋へ行く馬も増えており、さまざまなドラマが生まれている。

菊花賞
菊花賞は2022年10月23日に阪神競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2022年で第83回を迎え、昨年はタイトルホルダーが優勝した。菊花賞の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

神戸新聞杯・プレイバック

神戸新聞杯2020 コントレイル

2020年の神戸新聞杯を制したのは『コントレイル(Contrail)』。直線で進路を見つけると他馬とは違う圧倒的なスピードを披露し快勝。無敗の三冠へ最高のスタートを切った。

神戸新聞杯(G2)

1着:コントレイル
2着:ヴェルトライゼンデ(2馬身)
3着:ロバートソンキー(クビ)
4着:ディープボンド(1馬身)
5着:ターキッシュパレス(3/4馬身)

勝ちタイム:2.12.5
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

2020年・神戸新聞杯の全着順、動画、コメントもチェック!
神戸新聞杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の神戸新聞杯の着順は1着:コントレイル、2着:ヴェルトライゼンデ、3着:ロバートソンキーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする