【川崎記念2020】出走予定馬・日程・賞金/長い距離を味方に

川崎記念2019 ミツバ

川崎記念は2020年1月29日に川崎競馬場で行われる年明けダートのビッグレース。川崎記念は2020年で第69回を迎え、昨年はミツバが勝利を収めた。出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

長い距離を味方に
スポンサーリンク

2020年・川崎記念の出走予定馬をチェック

川崎記念・注目馬ピックアップ

2020年・川崎記念の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

チュウワウィザード(Chuwa Wizard)

JBCクラシック2019 チュウワウィザード

チュウワウィザード・5歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:チュウワブロッサム
母父:デュランダル
主な勝鞍:2019年・JBCクラシック
馬名の由来:冠名+魔法使い

JBCクラシックでG1初制覇を果たし、チャンピオンズカップでも0.3秒差の4着とダートトップクラスの力を示した。
距離不安もなくここでは主役候補だろう。

デルマルーヴル(Derma Louvre)

名古屋グランプリ2019 デルマルーヴル

デルマルーヴル・4歳牡馬
父:パイロ
母:カリビアンロマンス
母父:コマンズ
主な勝鞍:2019年・名古屋グランプリ
馬名の由来:冠名+フランスの観光名所

名古屋グランプリを制し2つ目の重賞タイトルを獲得した。
距離に不安なくこのメンバー相手でも通用しそう。

ケイティブレイブ(K T Brave)

川崎記念 2018 ケイティブレイブ

ケイティブレイブ・7歳牡馬
父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
主な勝鞍:2018年・JBCクラシック
馬名の由来:冠名+勇士

今年で4年連続の参戦となる。
鞍上には初コンビとなる森泰斗騎手を迎える予定。

ミツバ(Mitsuba)

川崎記念2019 ミツバ

ミツバ・8歳牡馬
父:カネヒキリ
母:セントクリスマス
母父:コマンダーインチーフ
主な勝鞍:2019年・川崎記念
馬名の由来:植物名。本馬誕生日より連想

前年の覇者だがその後は勝ち星から見放されている。
思い出の地で復活を。

アングライフェン(Angreifen)

アングライフェン

アングライフェン・8歳牡馬
父:ステイゴールド
母:レッドスレッド
母父:パントレセレブル
主な勝鞍:2019年・ブリリアントステークス
馬名の由来:攻撃する(独)

まだ重賞タイトルには手が届いていないものの、名古屋グランプリやシリウスステークスで2着に入るなど力はある。

オールブラッシュ(All Blush)

川崎記念 2017 オールブラッシュ

オールブラッシュ・8歳牡馬
父:ウォーエンブレム
母:ブラッシングプリンセス
母父:Crafty Prospector
主な勝鞍:2017年・川崎記念
馬名の由来:皆が赤面する。他馬が降参するような馬になるように

川崎記念の日程・賞金

川崎記念 2018 ケイティブレイブ

第69回 川崎記念(Kashiwa Kinen)

2020年1月29日(水)川崎競馬場
格:Jpn1 1着本賞金:6,000万円
年齢:4歳以上 距離:2,100m(ダート・左)

川崎記念は年始最初のダートのビッグレース。最近ではドバイワールドカップへ向かう馬が前哨戦として使うケースも目立つ。

勝ち馬にはダート中距離のトップクラスの名前がズラリと並び、ヴァーミリアンやカネヒキリ、スマートファルコン、ホッコータルマエといった数多くのG1を制した馬たちが川崎記念を制している。

プレイバック

川崎記念2019 ミツバ

2019年の川崎記念を制したのは「ミツバ(Mitsuba)」。直線では前を行く2頭の間を駆け抜け快勝。交流重賞3勝目にして初のJpn1制覇を果たした。

2019年・川崎記念(JpnI)

1着:ミツバ
2着:ケイティブレイブ(2-1/2馬身)
3着:オールブラッシュ(アタマ)
4着:アポロケンタッキー(1-1/2馬身)
5着:コパノチャーリー(大差)

勝ちタイム:2.15.0
優勝騎手:和田 竜二
馬場:良

2019年・川崎記念
川崎記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の川崎記念の着順は1着:ミツバ、2着:ケイティブレイブ、3着:オールブラッシュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする