【川崎記念2021】出走予定馬・予想オッズ・結果/長い距離を味方に

川崎記念2020 チュウワウィザード

川崎記念は2021年1月27日に川崎競馬場で行われる年明けダートのビッグレース。川崎記念は2021年で第70回を迎え、昨年はチュウワウィザードが勝利を収めた。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

長い距離を味方に
スポンサーリンク

2021年・川崎記念の結果は!?

川崎記念2021 カジノフォンテン

2021年の川崎記念を制したのは『カジノフォンテン(Casino Fountain)』。1番枠から先手を奪うと後続を寄せ付けない走りで逃げ切りV。東京大賞典2着のリベンジを果たした。

川崎記念(Jpn1)

1着:カジノフォンテン
2着:オメガパフューム(3馬身)
3着:ダノンファラオ(3/4馬身)
4着:タービランス(1/2馬身)
5着:ミューチャリー(2馬身)

勝ちタイム:2.14.9
優勝騎手:張田 昂
馬場:重

2021年・川崎記念の全着順、動画、コメントもチェック!
川崎記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の川崎記念の着順は1着:カジノフォンテン、2着:オメガパフューム、3着:ダノンファラオとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・川崎記念の出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
川崎記念の枠順決定!(1月24日)

川崎記念2021 枠順

2021年・川崎記念の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではオメガパフュームが7枠8番、ダノンファラオは4枠4番、ロードブレスは8枠9番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

出走予定馬(1月23日)

2021年の川崎記念の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。

JRA所属馬
  • オメガパフューム(M.デムーロ)
  • ダノンファラオ(川田将雅
  • デルマルーヴル(吉田隼人)
  • ハナズレジェンド(坂井瑠星)
  • ロードブレス(C.ルメール
地方所属馬
  • タービランス(笹川翼)
  • アングライフェン(未定)
  • カジノフォンテン(張田昂)
  • ナムラアラシ(未定)
  • マインシャッツ(未定)
  • ミューチャリー(御神本訓史)
  • メイショウオオゼキ(山口達弥)
  • リリーマイスター(木之前葵)
川崎記念・注目馬ピックアップ

2021年・川崎記念の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

オメガパフューム(Omega Perfume)

オメガパフューム・6歳牡馬
父:スウェプトオーヴァーボード
母:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール
主な勝鞍:2020年・東京大賞典
馬名の由来:冠名+香水。母名より連想

史上初の東京大賞典三連覇の偉業を達成したオメガパフューム。
状態次第では川崎記念を視野に調整される。

チュウワウィザード(Chuwa Wizard)

チュウワウィザード・6歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:チュウワブロッサム
母父:デュランダル
主な勝鞍:2020年・チャンピオンズカップ
馬名の由来:冠名+魔法使い

2021年はサウジ遠征を予定しているものの、情勢次第では川崎記念から始動するプランあり。

ダノンファラオ(Danon Pharaoh)

ダノンファラオ・4歳牡馬
父:American Pharoah
母:クリスプ
母父:El Corredor
主な勝鞍:2020年・ジャパンダートダービー
馬名の由来:冠名+父名より

ジャパンダートダービーを制し三歳ダート王に輝くも、古馬との戦いでは苦戦続き。
自分の競馬ができれば崩れないが…。

デルマルーヴル(Derma Louvre)

デルマルーヴル・5歳牡馬
父:パイロ
母:カリビアンロマンス
母父:コマンズ
主な勝鞍:2019年・名古屋グランプリ
馬名の由来:冠名+フランスの観光名所

昨年の川崎記念は3着。
距離に不安なし。

ロードブレス(Lord Bless)

ロードブレス・5歳牡馬
父:ダノンバラード
母:ミステリューズ
母父:ナリタトップロード
主な勝鞍:2020年・日本テレビ盃
馬名の由来:冠名+祝福する

昨年日本テレビ盃で重賞初制覇。
ダートではこれまで5着以下がなく、安定した成績を残してきている。

川崎記念2021の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2021年・川崎記念の予想オッズはこのように予想しています。
東京大賞典三連覇するなどダート界でトップクラスの力を見せているオメガパフュームが1番人気に支持されると予想します。
上位3頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. オメガパフューム(1.3)
  2. ロードブレス(5.0)
  3. ダノンファラオ(8.5)
  4. カジノフォンテン(10.5)
  5. ミューチャリー(26.0)
  6. ハナズレジェンド(33.0)
  7. デルマルーヴル(45.0)
  8. タービランス(☆)
  9. メイショウオオゼキ(☆)
  10. マインシャッツ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

川崎記念の日程・賞金

第70回 川崎記念(Kashiwa Kinen)

川崎記念2019 ミツバ

2021年1月27日(水)川崎競馬場
格:Jpn1 1着本賞金:6,000万円
年齢:4歳以上 距離:2,100m(ダート・左)

川崎記念は年始最初のダートのビッグレース。最近ではドバイワールドカップへ向かう馬が前哨戦として使うケースも目立つ。

勝ち馬にはダート中距離のトップクラスの名前がズラリと並び、ヴァーミリアンやカネヒキリ、スマートファルコン、ホッコータルマエといった数多くのG1を制した馬たちが川崎記念を制している。

川崎記念・プレイバック

川崎記念2020 チュウワウィザード

2020年の川崎記念を制したのは『チュウワウィザード(Chuwa Wizard)』。断然人気の支持に答える圧勝劇でG1・2勝目を挙げた。
2着には6馬身差でヒカリオーソ、さらに1馬身差の3着にはデルマルーヴルが入った。

川崎記念(JpnI)

1着:チュウワウィザード
2着:ヒカリオーソ(6馬身)
3着:デルマルーヴル(1馬身)
4着:ミューチャリー(クビ)
5着:アナザートゥルース(1-1/2馬身)

勝ちタイム:2.14.1
優勝騎手:川田 将雅
馬場:不良

2020年・川崎記念の全着順、コメントもチェック!
川崎記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の川崎記念の着順は1着:チュウワウィザード、2着:ヒカリオーソ、3着:デルマルーヴルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする