【ローズステークス2019】出走予定馬・日程・賞金/薔薇のように美しく

ローズステークス 2018 カンタービレ

ローズステークスは2019年9月15日に阪神競馬場で行われる秋華賞の最重要トライアル戦。ローズステークスは2019年で第37回を迎え、昨年はカンタービレが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

薔薇のように美しく
スポンサーリンク

2019年・ローズステークスの出走予定馬をチェック

2019年・ローズステークスの出走予定馬・予想オッズをチェック!
ローズステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のローズステークスの出走予定馬にはダノンファンタジーやシゲルピンクダイヤなどが名を連ねています。秋華賞に向けての最重要ステップ戦。ひと夏超えた乙女たちの仕上がりは?

2019年・ローズステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ダノンファンタジー(Danon Fantasy)

ダノンファンタジー・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ライフフォーセール
母父:Not For Sale
主な勝鞍:2018年・阪神ジュベナイルフィリーズ
馬名の由来:冠名+幻想。幻想的な走りを期待して

2歳女王が桜花賞4着、オークス5着と春のクラシックでは苦戦した。
ひと夏超えてさらなる成長を。

シゲルピンクダイヤ(Shigeru Pink Dia)

シゲルピンクダイヤ・3歳牝馬
父:ダイワメジャー
母:ムーンライトベイ
母父:High Chaparral
主な勝鞍:2018年・2歳未勝利
馬名の由来:冠名+宝石名「ピンクダイヤ」

桜花賞2着の激走が評価されオークスでも5番人気の支持を受けたがさすがに距離が長かった。
折り合い良く進めれば。

ビーチサンバ(Beach Samba)

ビーチサンバ・3歳牝馬
父:クロフネ
母:フサイチエアデール
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2018年・2歳新馬
馬名の由来:ビーチで踊るサンバ

こちらもオークスで15着と距離に泣いた一頭。
母のフサイチエアデールはローズステークス2着。
母以上の成績を狙う。

スイープセレリタス(Sweep Celeritas)

スイープセレリタス・3歳牝馬
父:ハーツクライ
母:スイープトウショウ
母父:エンドスウィープ
主な勝鞍:2019年・月岡温泉特別
馬名の由来:母名の一部+速さ(ラテン語)

条件戦を連勝してきた期待の良血馬。
距離延長に苦労しなければ。

ウィクトーリア(Victoria)

ウィクトーリア・3歳牝馬
父:ヴィクトワールピサ
母:ブラックエンブレム
母父:ウォーエンブレム
主な勝鞍:2019年・フローラステークス
馬名の由来:勝利(ラテン語)、ローマ神話の勝利の女神。父名より連想

フローラステークスを制し、オークスでも4着と結果を残した。
母のように秋華賞取りを目指し。

モアナアネラ(Moana Anela)

モアナアネラ・3歳牝馬
父:キングカメハメハ
母:ジェンティルドンナ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2019年・都井岬特別
馬名の由来:大海の天使(ハワイ語)

三冠牝馬の娘がついに重賞初挑戦。
母も制したこの舞台で大きくはばたけ。

シャドウディーヴァ(Shadow Diva)

シャドウディーヴァ・3歳牝馬
父:ハーツクライ
母:ダイヤモンドディーバ
母父:Dansili
主な勝鞍:2018年・2歳未勝利
馬名の由来:影+神がかり的(ラテン語)

距離に不安なし。
G1で揉まれた経験を生かせ。

主な回避馬

プールヴィル(Pourville)

プールヴィル・3歳牝馬
父:Le Havre
母:ケンホープ
母父:Kendargent
主な勝鞍:2019年・フィリーズレビュー
馬名の由来:絵画名より。フランスにある海辺の避暑地

京成杯オータムハンデへ向かう。

エールヴォア(Aile Voix)

エールヴォア・3歳牝馬
父:ヴィクトワールピサ
母:フィーリングトーン
母父:ワイルドラッシュ
主な勝鞍:2018年・エリカ賞
馬名の由来:翼の音声(仏)

左前に脚部不安を発症。秋は全休して来春の復帰を目指す。

ローズステークスの日程・賞金

【ローズステークス 2016】動画・結果/シンハライトが外からまとめて差し切る

第37回 ローズステークス(Rose Stakes)

2019年9月15日(日)阪神競馬場
格:G2 1着本賞金:5,200万円
年齢:3歳牝馬 距離:1,800m(芝・右)

ローズステークスはG1・秋華賞の最重要ステップレース。
3着以内に入れば秋華賞への優先出走権が与えられる。

秋華賞は2019年10月13日に京都競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は今年で第24回を迎え、昨年はアーモンドアイが制し牝馬三冠を達成した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

プレイバック

ローズステークス 2018 カンタービレ

2018年のローズステークスを制したのは「カンタービレ(Cantabile)」。早め先頭から後続を封じ込め見事2つ目の重賞タイトルを手にした。

ローズステークス(GII)

1着:カンタービレ
2着:サラキア(1-1/4馬身)
3着:ラテュロス(1/2馬身)
4着:ゴージャスランチ(クビ)
5着:ウラヌスチャーム(クビ)

勝ちタイム:1.45.7
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

2018年・ローズステークス
ローズステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:カンタービレ、2着:サラキア、3着:ラテュロスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする