【ブリーダーズゴールドカップ2020】出走予定馬・予想オッズ・賞金/乙女たちが闇夜に輝く

ブリーダーズゴールドカップ2019 アンデスクイーン

ブリーダーズゴールドカップは2020年8月13日に門別競馬場で行われる牝馬限定の交流重賞。ブリーダーズゴールドカップは2020年で第32回を迎え、昨年はアンデスクイーンが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

乙女たちが闇夜に輝く
スポンサーリンク

2020年・ブリーダーズゴールドカップの出走予定馬をチェック

ブリーダーズゴールドカップの枠順決定!(8月8日)

ブリーダーズゴールドカップ2020 枠順

2020年・ブリーダーズゴールドカップの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではレーヌブランシュが8枠14番、マドラスチェックは4枠6番、プリンシアコメータは1枠1番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

ブリーダーズゴールドカップ・注目馬ピックアップ

2020年・ブリーダーズゴールドカップの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

レーヌブランシュ(Reine Blanche)

レーヌブランシュ・3歳牝馬
父:クロフネ
母:アンジュエ
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2020年・関東オークス
馬名の由来:白い王妃(仏)

関東オークスでは好位からスッと抜け出し重賞初制覇を果たした。
先輩牝馬相手にどこまでやれるか。

プリンシアコメータ(Princia Cometa)

プリンシアコメータ・7歳牝馬
父:スパイキュール
母:ベルモントフェリス
母父:アジュディケーティング
主な勝鞍:2019年・エンプレス杯
馬名の由来:冠名(人名より)+彗星(伊)

交流重賞3勝しているベテラン牝馬。
ブリーダーズゴールドカップは2年連続で2着と勝ち切れていないものの相性はいい。

マドラスチェック(Madras Check)

マドラスチェック・4歳牝馬
父:Malibu Moon
母:Gloat
母父:Mr. Greeley
主な勝鞍:2020年・TCK女王盃
馬名の由来:インド、マドラス地方発祥のチェック柄の名前

今年のTCK女王盃で重賞初制覇を果たした。
久々の実戦となるだけに状態が気になるところ。

メモリーコウ(Memory Ko)

メモリーコウ・5歳牝馬
父:エスポワールシチー
母:メモリーキャップ
母父:キャプテンスティーヴ
主な勝鞍:2019年・観月橋ステークス
馬名の由来:冠名+人名より

マリーンカップ2着やTCK女王盃3着など交流重賞で上位に顔を出すものの勝利はまだない。
2000mは少し長い印象があるが…。

シネマソングス(Cinema Songs)

シネマソングス・5歳牝馬
父:ハーツクライ
母:アースリヴィング
母父:Yonaguska
主な勝鞍:2020年・大雪ハンデキャップ
馬名の由来:映画音楽

札幌での大雪ハンデキャップを制し条件クラスを突破した。
連勝中の勢いそのままに。

ナムラメルシー(Namura Merci)

ナムラメルシー・6歳牝馬
父:エンパイアメーカー
母:ディアナムラ
母父:ザッツザプレンティ
主な勝鞍:2019年・ペガサス賞
馬名の由来:冠名+ありがとう(仏)

今年のエンプレス杯で2着に入り波乱を演出。
近走は不調だが不気味な存在。

クオリティスタート(Quality Start)

クオリティスタート・6歳牝馬
父:ダノンシャンティ
母:グッドゲーム
母父:Fly Till Dawn
主な勝鞍:2020年・ノースクイーンカップ
馬名の由来:先発ピッチャーの能力を表す指標(野球用語)

地元で期待の一頭。
連勝中の勢いでJRA勢に食らいつけ!

ブリーダーズゴールドカップ2020の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2020年・ブリーダーズゴールドカップの予想オッズはこのように予想しています。
関東オークスを快勝した3歳馬レーヌブランシュが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. レーヌブランシュ(2.0)
  2. マドラスチェック(3.5)
  3. プリンシアコメータ(4.5)
  4. シネマソングス(7.0)
  5. メモリーコウ(14.0)
  6. ナムラメルシー(☆)
  7. ココロノママニ(☆)
  8. クオリティスタート(☆)
  9. アンバラージュ(☆)
  10. ラタンドレス(☆)
  11. グリズリダンス(☆)
  12. マリーンワン(☆)
  13. ヨミ(☆)
  14. パキラパワー(☆)
  15. ペイシャガンセ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

ブリーダーズゴールドカップの日程・賞金

ブリーダーズゴールドカップ 2018 ラビットラン

第32回 ブリーダーズゴールドカップ(Breeders’ Gold Cup)

2020年8月13日(木)門別競馬場
格:Jpn3 1着本賞金:3,100万円
年齢:3歳以上牝馬 距離:2,000m(ダート・右)

ブリーダーズゴールドカップは門別競馬場で行われるダートグレード競争。
例年JRA勢が強く、馬インフルエンザでJRA勢が防疫上の理由から競走除外された2007年を除くと地方馬の勝利は第1回のフェートノーザンまで遡らなければならない。

ブリーダーズゴールドカップ・プレイバック

ブリーダーズゴールドカップ2019 アンデスクイーン

2019年のブリーダーズゴールドカップを制したのは「アンデスクイーン(Andes Queen)」。先行馬2頭をゴール前できっちり交わし。うれしい重賞初制覇を果たした。
2着には1/2馬身差でプリンシアコメータ、さらにハナ差の3着にはラインカリーナが入った。

2019年・ブリーダーズゴールドカップ

1着:アンデスクイーン
2着:プリンシアコメータ(1/2馬身)
3着:ラインカリーナ(ハナ)
4着:クイーンマンボ(3馬身)
5着:ビスカリア(5馬身)

勝ちタイム:2.06.2
優勝騎手:戸崎圭太
馬場:稍重

2019年・ブリーダーズゴールドカップ
ブリーダーズゴールドカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のブリーダーズゴールドカップの着順は1着:アンデスクイーン、2着:プリンシアコメータ、3着:ラインカリーナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする