【セントウルステークス2020】出走予定馬・予想オッズ・結果/前哨戦からスピード全開

セントウルステークス2019 タワーオブロンドン

セントウルステークスは2020年9月13日に中京競馬場で行われる6ハロンの電撃戦。2020年で第34回を迎え、毎年スピード自慢が集う一戦。昨年はタワーオブロンドンが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

前哨戦からスピード全開
スポンサーリンク

2020年・セントウルステークスの結果は!?

セントウルステークス2020 ダノンスマッシュ

2020年のセントウルステークスを制したのは『ダノンスマッシュ(Danon Smash)』。直線で堂々と抜け出し人気に答え快勝。重賞6勝目を挙げ、G1に向けて好スタートを切った。

セントウルステークス(G2)

1着:ダノンスマッシュ
2着:メイショウグロッケ(1馬身)
3着:ミスターメロディ(クビ)
4着:タイセイアベニール(3/4馬身)
5着:ビアンフェ(1/2馬身)

勝ちタイム:1.07.9
優勝騎手:三浦 皇成
馬場:良

2020年・セントウルステークスの全着順、動画、コメントもチェック!
セントウルステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のセントウルステークスの着順は1着:ダノンスマッシュ、2着:メイショウグロッケ、3着:ミスターメロディとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・セントウルステークスの出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
セントウルステークスの枠順決定!(9月11日)

セントウルステークス2020 枠順

2020年・セントウルステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではダノンスマッシュが8枠16番、ミスターメロディは4枠7番、ビアンフェは6枠11番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2020年・セントウルステークスの追い切り・コメントをチェック!
セントウルステークス2020の追い切り・コメントの記事です。セントウルステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
セントウルステークスの前日最終オッズは?!(9月12日)

セントウルステークス2020 前日最終オッズ

9月12日にJRAから発表されたセントウルステークスの前日最終オッズです。
1番人気はダノンスマッシュで3.6倍、2番人気はシヴァージが5.3倍、3番人気にはミスターメロディが5.4倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

出走予定馬(9月10日)

2020年のセントウルステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • キングハート(菱田裕二)
  • クライムメジャー(鮫島克駿)
  • クリノガウディー(森裕太朗)
  • シヴァージ(岩田望来)
  • セイウンコウセイ(幸英明)
  • タイセイアベニール(松山弘平)
  • ダノンスマッシュ(三浦皇成)
  • トウショウピスト(丸田恭介)
  • トゥラヴェスーラ(武豊
  • ノーワン(池添謙一)
  • ビアンフェ(藤岡佑介)
  • フェルトベルク(藤懸貴志)
  • ミスターメロディ(北村友一)
  • メイショウキョウジ(藤岡康太)
  • メイショウグロッケ(浜中俊)
  • ラヴィングアンサー(吉田隼人)
  • ラブカンプー(斎藤新)
回避馬
  • イエローマリンバ(松若風馬)
  • ボーンスキルフル(未定)
セントウルステークス・注目馬ピックアップ

2020年のセントウルステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ダノンスマッシュ(Danon Smash)

ダノンスマッシュ・5歳牡馬
父:ロードカナロア
母:スピニングワイルドキャット
母父:ハードスパン
主な勝鞍:2020年・京王杯スプリングカップ
馬名の由来:冠名+打ち砕く。相手を打ち砕く強烈な走りを期待して

1400mの重賞を制すなど走りに幅が出てきた。
父が勝てなかった舞台でさらなる高みを目指す。

ビアンフェ(Bien Fait)

ビアンフェ・3歳牡馬
父:キズナ
母:ルシュクル
母父:サクラバクシンオー
主な勝鞍:2020年・葵ステークス
馬名の由来:上出来、かっこいい(仏)

デビューから50kg以上体が大きくなるなど成長著しい若きスプリンター候補。
雄大な馬体から生まれるスピードは脅威。

ミスターメロディ(Mr Melody)

ミスターメロディ・5歳牡馬
父:Scat Daddy
母:Trusty Lady
母父:Deputy Minister
主な勝鞍:2019年・高松宮記念
馬名の由来:曲名

果敢に安田記念に挑戦するもさすがに距離が長く11着と敗れた。
1200mなら巻き返せる。

セイウンコウセイ(Seiun Kosei)

セイウンコウセイ・7歳牡馬
父:アドマイヤムーン
母:オブザーヴァント
母父:Capote
主な勝鞍:2019年・高松宮記念
馬名の由来:冠名+恒星

7歳になったが京王杯スプリングカップ5着や高松宮記念7着を見る限りまだまだ一線級でやれる力は持っている。
軽視禁物。

クリノガウディー(Kurino Gaudi)

クリノガウディー・4歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:クリノビリオネア
母父:ディアブロ
主な勝鞍:2018年・2歳新馬
馬名の由来:冠名+人名より

幻のG1制覇以降、二桁着順が続く。
悪夢を振り払え。

クライムメジャー(Climb Major)

クライムメジャー・6歳牡馬
父:ダイワメジャー
母:クライウィズジョイ
母父:トニービン
主な勝鞍:2020年・新春ステークス
馬名の由来:よじ登る+父名の一部

北九州記念では15番人気ながら4着と健闘を見せている。

シヴァージ(Shivaji)

シヴァージ・5歳牡馬
父:First Samurai
母:Indian Bay
母父:Indian Charlie
主な勝鞍:2020年・北九州短距離ステークス
馬名の由来:人名より

ここ4戦いずれも上がり最速タイムを計測。
決め手が生きる展開になれば。

ラブカンプー(Love Kampf)

ラブカンプー・5歳牝馬
父:ショウナンカンプ
母:ラブハート
母父:マイネルラヴ
主な勝鞍:2020年・CBC賞
馬名の由来:冠名+父名より

楽逃げできればチャンスが出てくるが…。

セントウルステークス2020の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2020年・セントウルステークスの予想オッズはこのように予想しています。
G1勝ちこそないものの、重賞を5勝しているダノンスマッシュが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ダノンスマッシュ(2.5)
  2. ミスターメロディ(4.5)
  3. ビアンフェ(5.0)
  4. シヴァージ(8.5)
  5. クリノガウディー(11.0)
  6. タイセイアベニール(15.0)
  7. セイウンコウセイ(20.0)
  8. トゥラヴェスーラ(30.0)
  9. ラブカンプー(45.0)
  10. クライムメジャー(☆)
  11. イエローマリンバ(☆)
  12. ノーワン(☆)
  13. キングハート(☆)
  14. ラヴィングアンサー(☆)
  15. メイショウキョウジ(☆)
  16. フェルトベルク(☆)
  17. ボーンスキルフル(☆)
  18. トウショウピスト(☆)
  19. メイショウグロッケ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

セントウルステークスの日程・賞金

セントウルステークス 2018 ファインニードル

第34回 セントウルステークス(Centaur Stakes)

2020年9月13日(日)中京競馬場
格:G2 1着本賞金:5,900万円
年齢:3歳以上 距離:1,200m(芝・右)

セントウルステークスはG1・スプリンターズステークスの重要な前哨戦として位置づけられており、1着馬にはスプリンターズステークスへの優先出走権が与えられる。

スプリンターズステークスは2020年10月4日に中山競馬場で行われる電撃のスプリント戦。スプリンターズSは2020年で第54回を迎え、昨年はタワーオブロンドンが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

セントウルステークス・プレイバック

セントウルステークス2019 タワーオブロンドン

2019年のセントウルステークスを制したのは『タワーオブロンドン(Tower of London)』。レコードタイムでの激走を見せ圧勝。一躍スプリント界の主役に躍り出た。
2着には3馬身差でファンタジスト、さらに1/2馬身差の3着にはイベリスが入った。

セントウルステークス(GII)

1着:タワーオブロンドン
2着:ファンタジスト(3馬身)
3着:イベリス(1/2馬身)
4着:ペイシャフェリシタ(クビ)
5着:キングハート(1-1/2馬身)

勝ちタイム:1.06.7(レコード
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

2019年・セントウルステークス
セントウルステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のセントウルステークスの着順は1着:タワーオブロンドン、2着:ファンタジスト、3着:イベリスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする