【セントウルステークス2021】出走予定馬・日程・賞金/前哨戦からスピード全開

セントウルステークス2020 ダノンスマッシュ

セントウルステークスは2021年9月12日に中京競馬場で行われる6ハロンの電撃戦。2021年で第35回を迎え、毎年スピード自慢が集う一戦。昨年はダノンスマッシュが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

前哨戦からスピード全開
スポンサーリンク

2021年・セントウルステークスの出走予定馬をチェック

セントウルステークス・注目馬ピックアップ

2021年のセントウルステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ビアンフェ(Bien Fait)

ビアンフェ・4歳せん馬
父:キズナ
母:ルシュクル
母父:サクラバクシンオー
主な勝鞍:2021年・函館スプリントステークス
馬名の由来:上出来、かっこいい(仏)

函館スプリントステークスを逃げ切り3つ目の重賞タイトルを手にした。
せん馬になり精神面の不安がなくなったのは大きい。

カレンモエ(Curren Moe)

カレンモエ・5歳牝馬
父:ロードカナロア
母:カレンチャン
母父:クロフネ
主な勝鞍:2020年・長篠ステークス
馬名の由来:冠名+夢(ハワイ語)。夢の血統でファンに夢の様な走りを届けたい

ここ3戦は重賞でいずれも2着。
もう敗者の涙は見たくない。

クリノガウディー(Kurino Gaudi)

クリノガウディー・5歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:クリノビリオネア
母父:ディアブロ
主な勝鞍:2021年・安土城ステークス
馬名の由来:冠名+人名より

鞍馬ステークスと安土城ステークスを連勝し再び上昇気流に乗った。
引き続き岩田康誠騎手とのコンビで重賞初制覇を目指す。

ラヴィングアンサー(Loving Answer)

ラヴィングアンサー・7歳牡馬
父:ダイワメジャー
母:ラブレター
母父:Rock of Gibraltar
主な勝鞍:2021年・北九州短距離ステークス
馬名の由来:愛情のある返答。母名より連想

セイウンコウセイ(Seiun Kosei)

セイウンコウセイ・8歳牡馬
父:アドマイヤムーン
母:オブザーヴァント
母父:Capote
主な勝鞍:2019年・高松宮記念
馬名の由来:冠名+恒星

セントウルステークスの日程・賞金

スポンサーリンク
第35回 セントウルステークス(Centaur Stakes)

セントウルステークス 2018 ファインニードル

2021年9月12日(日)中京競馬場
格:G2 1着本賞金:5,900万円
年齢:3歳以上 距離:1,200m(芝・左)

セントウルステークスはG1・スプリンターズステークスの重要な前哨戦として位置づけられており、1着馬にはスプリンターズステークスへの優先出走権が与えられる。

スプリンターズステークス
スプリンターズステークスは2021年10月3日に中山競馬場で行われる電撃のスプリント戦。スプリンターズSは2021年で第55回を迎え、昨年はグランアレグリアが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

セントウルステークス・プレイバック

セントウルステークス2019 タワーオブロンドン

2019年のセントウルステークスを制したのは『タワーオブロンドン(Tower of London)』。レコードタイムでの激走を見せ圧勝。その後、スプリンターズステークスも制し短距離王へ駆け上がった。
2着には3馬身差でファンタジスト、さらに1/2馬身差の3着にはイベリスが入った。

セントウルステークス(GII)

1着:タワーオブロンドン
2着:ファンタジスト(3馬身)
3着:イベリス(1/2馬身)
4着:ペイシャフェリシタ(クビ)
5着:キングハート(1-1/2馬身)

勝ちタイム:1.06.7(レコード
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

2019年・セントウルステークスの全着順・動画・コメントもチェック!
セントウルステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のセントウルステークスの着順は1着:タワーオブロンドン、2着:ファンタジスト、3着:イベリスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする