【クラスターカップ2022】出走予定馬・日程・賞金/盛岡での電撃戦

クラスターカップ2021 リュウノユキナ

クラスターカップは2022年8月16日に盛岡競馬場で行われる短距離の交流重賞。クラスターカップは2022年で第27回を迎え、昨年はリュウノユキナが勝利を収めた。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

盛岡での電撃戦
スポンサーリンク

2022年・クラスターカップの出走予定馬をチェック

クラスターカップ・注目馬ピックアップ

2022年・クラスターカップの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ダンシングプリンス(Dancing Prince)

ダンシングプリンス・6歳牡馬
父:パドトロワ
母:リトルブレッシング
母父:バブルガムフェロー
主な勝鞍:2021年・カペラステークス
馬名の由来:踊る王子

重賞3勝を含む現在4連勝と、今一番ダート短距離界で勢いに乗るダンシングプリンスが参戦を表明。
華麗なステップで5連勝なるか。

シャマル(Shamal)

シャマル・4歳牡馬
父:スマートファルコン
母:ネイティヴコード
母父:アグネスデジタル
主な勝鞍:2022年・東京スプリント
馬名の由来:ペルシャ湾岸地域に吹く風

今年の東京スプリント覇者。
若さを武器にベテランたちに挑む。

リュウノユキナ(Ryuno Yukina)

リュウノユキナ・7歳牡馬
父:ヴァーミリアン
母:ネオカラー
母父:クロフネ
主な勝鞍:2021年・東京スプリント
馬名の由来:冠名+野菜の一種

前年の覇者。
近走は惜敗続きが続いている。
ダノンレジェンド以来の連覇なるか。

ヒロシゲゴールド(Hiro Shige Gold)

ヒロシゲゴールド・7歳牡馬
父:サウスヴィグラス
母:エフテーストライク
母父:ブラックタキシード
主な勝鞍:2021年・北海道スプリントカップ
馬名の由来:人名より+金

短距離重賞の常連。
クラスターカップには3度チャレンジして2着2回、3着1回とあと一歩のところで勝利を逃している。

ジャスティン(Justin)

ジャスティン・6歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:シナスタジア
母父:Gone West
主な勝鞍:2020年・東京盃
馬名の由来:人名より

昨年は58kgを背負い4着に敗れた。
今年は大和ステークスを制すなどまだまだスピードは健在。

クラスターカップの日程・賞金

スポンサーリンク
第27回 クラスターカップ(Cluster Cup)

クラスターカップ2019 ヤマニンアンプリメ

2022年8月16日(火)盛岡競馬場
格:Jpn3 1着本賞金:2,800万円
年齢:3歳以上 距離:1,200m(ダート・左)

クラスターカップは盛岡競馬場で行われるダートグレード競争。
過去10年では2013年のラブミーチャンと2017年のブルドッグボスが地方馬で優勝しており、地方馬が健闘している部類だ。

スポンサーリンク

クラスターカップ・プレイバック

クラスターカップ2020 マテラスカイ

2020年のクラスターカップを制したのは「マテラスカイ(Matera Sky)」。2番手追走から直線で逃げたヒロシゲゴールドをきっちり交わし優勝。2018年のプロキオンステークス以来の重賞制覇を果たした。

クラスターカップ(Jpn3)

1着:マテラスカイ
2着:ヒロシゲゴールド(1/2馬身)
3着:ブルドッグボス(2-1/2馬身)
4着:トップウイナー(2-1/2馬身)
5着:メイショウアイアン(3馬身)

勝ちタイム:1.08.5
優勝騎手:武豊
馬場:良

2020年・クラスターカップの全着順、動画、コメントもチェック!
クラスターカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のクラスターカップの着順は1着:マテラスカイ、2着:ヒロシゲゴールド、3着:ブルドッグボスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする