【クイーン賞2020】出走予定馬・予想オッズ・賞金/見応えたっぷり

クイーン賞2019 クレイジーアクセル

クイーン賞は2020年12月3日に船橋競馬場で行われる牝馬の中距離ダートJpn3戦。クイーン賞は2020年で第66回を迎え、昨年はクレイジーアクセルが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

見応えたっぷり
スポンサーリンク

2020年・クイーン賞の出走予定馬をチェック

クイーン賞の枠順決定!(11月30日)

クイーン賞2020 枠順

2020年・クイーン賞の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではメモリーコウが3枠4番、シネマソングスは7枠12番、ラインカリーナは1枠1番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

クイーン賞・注目馬ピックアップ

2020年・クイーン賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

メモリーコウ(Memory Ko)

メモリーコウ・5歳牝馬
父:エスポワールシチー
母:メモリーキャップ
母父:キャプテンスティーヴ
主な勝鞍:2019年・観月橋ステークス
馬名の由来:冠名+人名より

交流重賞での勝利こそないものの、2着2回、3着1回とあと少しのところまで来ている。
前走のブリーダーズゴールドカップ2着後に骨折しており、今回が復帰戦となる。

シネマソングス(Cinema Songs)

シネマソングス・5歳牝馬
父:ハーツクライ
母:アースリヴィング
母父:Yonaguska
主な勝鞍:2020年・大雪ハンデキャップ
馬名の由来:映画音楽

ここ3戦は強い相手に苦戦続き。
このメンバーならチャンスありそう。

アッシェンプッテル(Aschenputtel)

アッシェンプッテル・4歳牝馬
父:バトルプラン
母:ミミオブパラダイス
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2020年・伊丹ステークス
馬名の由来:シンデレラ(独)

近走は牡馬相手に好走。
新たなシンデレラ誕生か?

パールデュー(Part Dieu)

パールデュー・4歳牝馬
父:キングカメハメハ
母:ブルーメンブラット
母父:アドマイヤベガ
主な勝鞍:2020年・三陸特別
馬名の由来:フランス、リヨンにある駅名

2勝クラスの三陸特別を勝ったばかり。
いきなり重賞でどこまでやれるか。

ラインカリーナ(Rhein Carina)

ラインカリーナ・4歳牝馬
父:パイロ
母:フェールクークー
母父:アラムシャー
主な勝鞍:2019年・関東オークス
馬名の由来:冠名+りゅうこつ座

昨年の関東オークス馬が地方移籍初戦を迎える。
地方の名手・森泰斗を背にJRA勢を返り討ちに。

クイーン賞2020の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2020年・クイーン賞の予想オッズはこのように予想しています。
交流重賞初制覇を目指すメモリーコウが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. メモリーコウ(2.5)
  2. シネマソングス(3..5)
  3. ラインカリーナ(4.0)
  4. パールデュー(6.0)
  5. サルサディオーネ(7.0)
  6. アッシェンプッテル(15.0)
  7. サルサレイア(☆)
  8. ステラモナーク(☆)
  9. マルカンセンサー(☆)
  10. ナムラメルシー(☆)
  11. アブソルートクイン(☆)
  12. ナラ(☆)
  13. アンシンカブル(☆)
  14. ペイシャゲラン(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

クイーン賞の日程・賞金

第66回 クイーン賞(Queen Sho)

クイーン賞 2018 アイアンテーラー

2020年12月3日(木)船橋競馬場
格:Jpn3 1着本賞金:2,100万円
年齢:3歳以上牝馬 距離:1,800m(ダート・左)

クイーン賞・プレイバック

クイーン賞2019 クレイジーアクセル

2019年のクイーン賞を制したのは『クレイジーアクセル(Crazy Accel)』。中央馬相手に先手を奪うと後続を寄せ付けず逃げ切りV。地方馬の意地を見せた。
2着には2-1/2馬身差でプリンシアコメータ、さらに1/2馬身差の3着にはラインカリーナが入った。

クイーン賞(JpnIII)

1着:クレイジーアクセル
2着:プリンシアコメータ(2-1/2馬身)
3着:ラインカリーナ(1/2馬身)
4着:ミッシングリンク(クビ)
5着:アンデスクイーン(クビ)

勝ちタイム:1.53.6
優勝騎手:吉原 寛人
馬場:稍重

2019年・クイーン賞の全着順や動画・コメントをチェック!
クイーン賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のクイーン賞の着順は1着:クレイジーアクセル、2着:プリンシアコメータ、3着:ラインカリーナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする