【スプリンターズステークス2020】結果・動画/グランアレグリアが異次元の末脚で圧勝

スプリンターズステークス2020 グランアレグリア

スプリンターズステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のスプリンターズステークスの着順は1着:グランアレグリア、2着:ダノンスマッシュ、3着:アウィルアウェイとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

見るものすべてを魅了する!2020年のスプリンターズステークスはグランアレグリアが異次元の末脚で圧勝

2020年10月4日(日) | 4回中山9日 | 15:40 発走
第54回 スプリンターズステークス(GI)芝・右・外 1200m
Sprinters Stakes (G1)

スポンサーリンク

2020年・スプリンターズステークスの動画

関連記事

昨年のスプリンターズステークスはタワーオブロンドンが制していた。

スプリンターズステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のスプリンターズステークスの着順は1着:タワーオブロンドン、2着:モズスーパーフレア、3着:ダノンスマッシュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・スプリンターズステークスの結果

スポンサーリンク

1着:グランアレグリア
2着:ダノンスマッシュ(2馬身)
3着:アウィルアウェイ(1/2馬身)
4着:ミスターメロディ(1/2馬身)
5着:クリノガウディー(1馬身)
6着:レッドアンシェル
7着:メイショウグロッケ
8着:ダイメイプリンセス
9着:ライトオンキュー
10着:モズスーパーフレア
11着:エイティーンガール
12着:キングハート
13着:ダイアトニック
14着:ダイメイフジ
15着:ラブカンプー
16着:ビアンフェ

勝ちタイム:1.08.3
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

関連記事
春のスプリントG1・高松宮記念はモズスーパーフレアが制していた。
高松宮記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の高松宮記念の着順は1着:モズスーパーフレア、2着:グランアレグリア、3着:ダイアトニックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

スプリンターズステークス2020 グランアレグリア

1着 グランアレグリア(C.ルメール騎手)
「グランアレグリアは素晴らしい強さです。スタートはゆっくりでした。12000メートルのリズムに乗れなくて、後ろの方になった。ただ、パニックにはなっていなかった。直線ではすごくいい脚で伸びてくれた。ペースはけっこう速かったので、前の馬が止まったけど、ゴールまですごい脚を使いました」

(藤沢和雄調教師)
「スタートが良くなくてヒヤッとした。牧場から帰ってきてからは馬体重が増えて大きくなった。以前より穏やかになった。阪神カップの時もいい脚だったように、短い距離ではいい脚を使うんじゃないかと思っていた。数をそれほど使っていないので、もう少し頑張ってもらいます。今後は馬の様子を見てから」

2着 ダノンスマッシュ(川田将雅騎手)
「ゲートはどうしても我慢できないので、今日はあれが最善でした。その後は成長を感じるとてもいい内容でした。勝ち馬ははるかに強かったです」

(安田隆行調教師)
「一瞬勝ったと思いました。4コーナーまでの位置は完璧だった。よく頑張ってくれました」

3着 アウィルアウェイ(松山弘平騎手)
「勝ち馬の後ろからついて行く形。勝負どころで離されたが、良く伸びてくれたし、大外枠からよく頑張ってくれた」

4着 ミスターメロディ(福永祐一騎手)
「一発狙っていく競馬をした。狙い通りの競馬はできたが、上位の決め手はすごかった」

5着 クリノガウディー(三浦皇成騎手)
「この枠でよく来てくれた。馬はしっかり脚を使ってくれた。スプリントでこれだけこられたのだから力はある」

6着 レッドアンシェル(M.デムーロ騎手)
「外枠がきつかった。スタートしてポジションはいいかなと思ったが、前の馬の反応が悪くて早めに外に出す形になった。直線で手前も替えづらかったし、中山の坂もこたえた感じ」

7着 メイショウグロッケ(浜中俊騎手)
「着順ほど負けていないし、メンバー次第では重賞でもチャンスある」

8着 ダイメイプリンセス(秋山真一郎騎手)
「このメンバーでよく頑張ってくれた」

9着 ライトオンキュー(古川吉洋騎手)
「出すつもりはなかったけど、楽にいいところにつけられてポジションは完璧だった。ばっちりだと思ったが、最後は伸び負けした」

10着 モズスーパーフレア(松若風馬騎手)
「枠も良かったし、ゲートも決まった。人気を背負ってずっとマークされ、ペースも流れてきつかった」

(音無秀孝調教師)
「独り旅をして、直線は馬場のいい4~5頭分、外に出すプランだったけど。ずっと競って来られて、最後は苦しくなってしまいました」

11着 エイティーンガール(池添謙一騎手)
「展開的にはいつも後ろからの競馬なのであの位置から。3コーナーで手応えが悪くなって、内からステッキをいれたら加速してくれたが、直線で狭くなってしまった。もったいなかった。力はつけている」

12着 キングハート(北村宏司騎手)
「うまくさばけたが、ところどころで狭くなって気を使うところがあった」

13着 ダイアトニック(安田隆行調教師)
「馬がイライラしていた。ちょっと気持ちが高ぶっていました」

14着 ダイメイフジ(菱田裕二騎手)
「いつもより返し馬でも大人しく元気がなかった」

16着 ビアンフェ(藤岡佑介騎手)
「発走を遅らせてすいません。コンディションがいいと気持ちが高ぶってしまう。かみ合わなかったです」

勝ち馬プロフィール

スプリンターズステークス2020 グランアレグリア

グランアレグリア(Gran Alegria)牝4/鹿毛 藤沢 和雄(美浦)
父:ディープインパクト 母:タピッツフライ 母父:Tapit
馬名の由来:大歓声(西)

関連記事
グランアレグリアは桜花賞、安田記念に次ぐG1・3勝目を挙げた。
安田記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の安田記念の着順は1着:グランアレグリア 、2着:アーモンドアイ 、3着:インディチャンプ となりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。