【プリンスオブウェールズステークス2022】結果・動画/ステートオブレストが逃げ切りV

プリンスオブウェールズステークス2022 ステートオブレスト

プリンスオブウェールズステークス2022の結果・動画です。イギリスで行われたプリンスオブウェールズステークスの着順は1着:State Of Rest(ステートオブレスト)、2着:Bay Bridge、3着:Grand Gloryとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2022年のプリンスオブウェールズステークスはステートオブレストが逃げ切りV

プリンスオブウェールズステークス(Prince Of Wales’s Stakes)
2022年6月15日、イギリス・アスコット競馬場
芝1990m、G1、5頭

スポンサーリンク

2022年・プリンスオブウェールズステークスの動画

関連記事
昨年のプリンスオブウェールズステークスはラブが優勝していた。
プリンスオブウェールズステークス2021の結果・動画です。イギリスで行われたプリンスオブウェールズステークスの着順は1着:Love(ラブ)、2着:Audarya、3着:Armoryとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2022年・プリンスオブウェールズステークスの結果

スポンサーリンク

1着:State Of Rest・ステートオブレスト
2着:Bay Bridge(1馬身)
3着:Grand Glory(2-1/4馬身)
4着:Shahryar・シャフリヤール(アタマ)
5着:Lord North(3-1/2馬身)

勝ちタイム:2.07.79
勝利騎手:Shane Crosse
馬場:Good To Firm

関連記事
G1・凱旋門賞をにぎわす馬は?
凱旋門賞は2022年10月2日にフランス・パリロンシャン競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦。凱旋門賞は2022年で第101回を迎え、昨年はトルカータータッソが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

4着 シャフリヤール(C.デムーロ騎手)
「道中のバランスが少し悪かった。ペースも遅く、自分で先に行かなければならないようなペース。ドバイの時にあった加速がきょうはなかった。勝つことができず非常に残念」

(藤原英昭調教師)
「たぶんペースが遅くなるからハナを切ってということも考えていたけど、ゲートを出てからはクリスチャン(Cデムーロ騎手)の判断に任せた。いい感じでは来たと思うんですけどね。我々も歩きましたけど、このアスコットの坂を乗り越えてラストというのが、若干やはり慣れが必要かなと感じました。でもここを使ったのは、馬を信じて、どういうパフォーマンスを見られるかというのが最大の目的だったので。そういう意味では(状態は)すごくよかった。天気も良かったのでチャンスも大きいかと思ったけど、やはりタフなコースというのが実感としてある」

勝ち馬プロフィール

プリンスオブウェールズステークス2022 ステートオブレスト

勝ち馬:ステートオブレスト(State Of Rest)
父:Starspangledbanner 母:Repose 母父:Quiet American

関連記事
ステートオブレストは2022年のガネー賞勝ち馬
ガネー賞2022の結果・動画です。フランスで行われたガネー賞の着順は1着:State Of Rest(ステートオブレスト)、2着:Pretty Tiger、3着:Sealiwayとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。