【オークス2019】追い切り/抜群の動きを見せたのは

オークス2019 追い切り

オークス2019の追い切り・コメントの記事です。オークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2019年5月19日(日) | 2回東京10日 | 15:40 発走
第80回 オークス(GI)芝・左 2400m
Yushun Himba(Japanese Oaks) (G1)

出走予定馬・予想オッズ

2019年・オークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

オークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のオークスの出走予定馬にはダノンファンタジーやクロノジェネシスなどが名を連ねています。桜花賞馬不在の牝馬クラシック第二弾。過酷な距離を超えた先に待つ栄冠を目指す。
スポンサーリンク

オークス2019の追い切りをチェック!

オークス2019 追い切り

オークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。

平安ステークス2019の追い切り・コメントの記事です。平安Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アイリスフィール

1週前追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.8-52.6-38.1-12.8(馬也)
外・グレルグリーン(G強)を5Fで0.4秒追走・1F併せで併入

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 68.9-53.0-39.1-12.5(馬也)
外・ゴールデンゾーン(一杯)を5Fで0.4秒追走・1F併せで0.4秒先着

石川騎手「稽古の動きはすごくいいし、状態面に関してもケチの付けようがないほど。何とか出走したい」
アクアミラビリス

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.7-38.6-25.1-12.2(馬也)
外・アヴァンセ(一杯)と併せで0.5秒先着

藤岡佑騎手「いい馬ですね。切れる脚を使えるという印象でしたが、きょう乗ってみて、それが分かりました」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.2-67.3-52.8-38.9-11.7(強め)

吉村調教師「先週(藤岡佑)ジョッキーを乗せているし、今週は強い調教は必要ない。前走で減った体も戻ってきているし、理想的な調教ができた」
ウィクトーリア

1週前追い切り
美浦・南W・稍重
4F 56.0-41.3-13.4(馬也)

小島調教師「短期放牧から8日に帰厩。牧場に出る時よりも体重は減ったけど、見た目にはふっくらしていい雰囲気。レースまでにいい状態に持っていけそうなイメージだね」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
4F 52.1-38.9-12.6(直強め)
中・デピュティプライム(強め)を4Fで0.4秒追走・1F併せで0.4秒先着
外・スリーケープワキア(強め)を4Fで0.8秒追走・1F併せで0.6秒先着

戸崎騎手「直線すごい反応を見せて、ギアも入っていい感じでしたね」

小島調教師「2か月前くらいまではオークスも考えていなかった。ここに来てグンと良くなって、調教も良かった。楽しみにして送り出せる」

ウインゼノビア

1週前追い切り
美浦・南W・稍重
6F 82.5-67.2-52.2-38.8-12.5(馬也)

松岡騎手「暖かくなって馬体に張りが出てきた」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
6F 85.0-68.6-53.6-39.5-12.3(馬也)

松岡騎手「まだいい頃のフォームが戻りきっていないが、動きはだんだん良くなっている。距離は少し長いかもしれないが、折り合いは問題ない」
エールヴォア

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 83.1-66.7-51.5-37.6-11.5(一杯)
外・レッドフィオナ(強め)を6Fで0.4秒追走・3F併せで併入

松山騎手「跳びがきれいで、フットワークが大きい。良馬場で競馬を」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.8-38.7-24.6-12.3(仕掛)

橋口調教師「馬なりだったが、追っていればもっと時計は速くなっていた。オークスは目標としていたレース。攻めの調整をしたが、期待通りに良くなっている」
エアジーン

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 66.9-51.9-38.2-12.6(馬也)

森助手「動きはよかった。使いつつも馬体は維持。道中で力むのが課題だけど、距離延長には対応できると思う」

最終追い切り
美浦・南W・良
4F 54.2-40.1-12.6(馬也)
内・ポンデザール(馬也)に4Fで0.4秒先行・1F併せで併入

カレンブーケドール

最終追い切り
美浦・南W・稍重
6F 82.3-67.3-52.3-38.2-12.7(馬也)
外・ハーツイストワール(馬也)を6Fで0.6秒追走・1F併せで併入

国枝調教師「暑くなってきたし、やりすぎないように。前に馬を置いてリラックスしていい感じだった。(アーモンドアイに続く連覇へ)欲の深い感じで狙っていく」
クロノジェネシス

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 85.2-69.2-54.2-40.0-12.7(馬也)
外・サマーセント(馬也)を6Fで1.7秒追走・1F併せで併入

北村友騎手「良かったです。ピリッとさせないように心がけながら、長めに息をつくる感じで乗りました。落ち着いていましたし、力まずリズム良く終えることができました。変わらずいい状態をキープしています」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 84.2-68.0-53.0-38.4-11.8(馬也)
外・サマーセント(強め)を6Fで1.1秒追走・1F併せで0.1秒先着

斉藤崇調教師「テンションの高さが気になるので、前に馬を置いて折り合いをつけ、しまいを動かさないようにやった。体調は上向きで、気持ち、馬体にゆとりを持って輸送できますね」
グラディーヴァ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.6-39.5-25.5-12.5(馬也)

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.6-38.8-24.9-12.2(一杯)

辻野助手「中2週になるが、体はしっかりできている。疲れなくレースに向かえると思う」
コントラチェック

1週前追い切り
美浦・南W・稍重
3F 44.5-13.3(馬也)

藤沢和調教師「軽めだけど順調。二の脚が速いけど、どんどん行くタイプじゃないし、2400メートルでも大丈夫」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 69.9-53.5-39.7-12.8(馬也)
外・ドラゴンストーム(仕掛)を5Fで0.9秒追走・1F併せで併入

藤沢和調教師「いつもそんなに速い時計で追い切って競馬を使う馬ではないですし、前走を使ってからさほど体が増えてもいませんし、牧場でも十分乗り込んでありましたので、このひと月は遅い時計での調整でした。息遣いも良かったですし、体を見ながら調教をしています。競馬も見ての通り1頭でも一生懸命走れる馬なので、すごく調整は楽で順調に来ていると思います」
シェーングランツ

1週前追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 59.8-43.7-28.4-13.9(馬也)

藤沢和調教師「少し細くなったので坂路でやっているけど、週末から馬場に入れます」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
3F 42.1-13.3(馬也)

藤沢和調教師「2戦続けて関西へ行って、中間は牧場への往復もあったので体を戻しつつの調整。元気があるし体も戻りつつある。東京2400メートルは合いそう」
シゲルピンクダイヤ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.7-38.9-25.0-12.2(一杯)
外・セロシア(一杯)と併せで1.3秒先着

渡辺調教師「前走と変わらない状態で出走できそう。初の輸送をこなせれば」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.2-38.7-24.9-12.3(G強)

渡辺調教師「動きは良かったです。今の馬場は悪いので、それを考えると時計もいいですね。全然、ぶれることなく走れていましたし、具合は本当にいいと思います。距離はこなせると思っているので、あとはテンションがポイントになると思います」
シャドウディーヴァ

1週前追い切り
美浦・南W・良
4F 50.9-36.5-12.3(直強め)
中・ルクリリ(強め)を4Fで0.6秒追走・1F併せで0.6秒先着
外・マリノジュリア(一杯)を4Fで1.2秒追走・1F併せで0.2秒先着

岩田康騎手「前走より具合はさらに良くなっている。毛づやからしていい。ハーツクライ産駒らしく、どんどんしっかりしてきた」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.0-51.9-38.1-12.1(馬也)
中・ブタハ(強め)を5Fで0.9秒追走・1F併せで併入
外・ワシントンテソーロ(馬也)を5Fで1.3秒追走・1F併せで併入

岩田康騎手「反応は良かったし、状態は一番のピークに持ってこられたと思う」

小原助手「GⅠなので今週も緩めずにやりました。へこたれずに頑張っていますよ。ええ、いい状態。またがった岩田さんの感触も良かったですよ。体も絞って長距離仕様に。それでいてカイバはしっかり食べています。デビュー以来、一番と言っていい気配です」

ジョディー

1週前追い切り
美浦・ポリ・良
5F 66.9-52.3-38.5-11.9(馬也)
外・フラテルニテ(馬也)を5Fで0.4秒追走・1F併せで併入

武藤騎手「状態の変動が少ないタイプで、変わらずいい雰囲気。距離延長は問題ないし、ジョディーの競馬をさせたい」

最終追い切り
美浦・ポリ・良
5F 71.1-55.9-41.4-12.8(馬也)
内・アンヴェイルド(仕掛)に5Fで0.2秒先行・1F併せで併入

武藤騎手「先週やっているので、今週はサラッとだったが、状態面に問題はない。この馬の競馬ができれば粘り強い」
ダノンファンタジー

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 56.7-41.0-25.9-12.9(馬也)

猿橋助手「(ウッドが)左回り調教の日曜(12日)が実質的な最終追い切りとなる予定なので、今回は坂路で無理をしない程度の調教メニューに。テンションを上げ過ぎないように操作性を意識しながら、この中間も順調に調整できています」

※12日の追い切り
栗東・CW・良
6F 81.8-66.4-52.0-38.0-12.0(馬也)

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.4-40.3-25.9-13.1(馬也)

川田騎手「追い切りというよりはガス抜きというか、整える程度。気持ち良く坂を上がった。桜花賞より落ち着きがあり、精神状態はいいほうに向いている」
ノーワン

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.0-38.5-25.0-12.5(一杯)
外・プルマブランカ(一杯)と併せで0.6秒先着

笹田調教師「併せ馬で、いい動き。距離延長が鍵だが血統的に対応できるはず。」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.6-38.4-25.2-12.6(馬也)
外・マックスブロケイド(強め)と併せで0.2秒先着

坂井騎手「先週に目いっぱいやったので、しまいを伸ばす程度。動きは良かった。乗りやすいので距離延長は心配していない」
ビーチサンバ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 83.6-67.7-52.1-38.1-11.5(G一杯)
外・ポポカテペトル(一杯)を6Fで1秒追走・1F併せで0.4秒先着

友道調教師「1週前なので、しっかりやった。いい動き。追いだしてからスッと伸びた」

安田助手「しっかりと乗り込めていますし、馬体もフックラとしていい感じです。距離は延びますが、折り合いはつくので」

最終追い切り
栗東・CW・良
5F 70.6-53.8-39.5-12.6(馬也)

友道調教師「先週にしっかり追ったから今週は軽めで十分。桜花賞よりさらに良くなっている。エンジンのかかりは遅いが、長くいい脚を使える馬。東京コースは合う」
フィリアプーラ

1週前追い切り
美浦・南W・稍重
6F 83.5-68.2-53.3-38.9-12.6(馬也)
内・リサオブザナイル(馬也)に6Fで0.8秒先行・1F併せで併入

菊沢調教師「なだらかに競馬に向けて上げていきたい。ずいぶんよくなって成長している」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
6F 83.3-67.3-52.7-39.1-12.5(馬也)
外・リサオブザナイル(馬也)6Fで1.5秒追走・1F併せで併入

菊沢調教師「先週よりも柔らかみが出て、桜花賞のときより体の張りや毛づやも良くなった。自分の競馬に徹してどこまで」
フェアリーポルカ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 84.8-67.6-53.2-39.3-12.0(強め)

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.5-67.3-52.4-38.1-11.8(仕掛)

西村調教師「先週も(幸)ジョッキーに乗ってもらって反応を確かめているし、そんなにやるつもりもなかったけど、楽に動けていた」
メイショウアステカ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.5-65.9-51.8-38.3-12.7(馬也)

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.0-68.7-54.0-40.2-13.1(馬也)

武幸調教師「先週にしっかりやっているし、今日はサラッと。変わりなく順調。抽選を通れば金曜輸送の予定」
メイショウショウブ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 80.9-65.1-50.6-37.1-11.5(一杯)
外・メイショウアリソン(一杯)を6Fで0.6秒追走・1F併せで0.1秒先着

池添兼調教師「うちの厩舎で一番動くメイショウアリソン(5歳1600万)と併せても全く引けを取らなかった。具合は言うことなし。掛からないから距離延長はいいんじゃないか。」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.3-37.5-24.1-12.0(強め)

池添騎手「しまいの反応を確かめる感じで、いい反応でした。距離はどの馬も鍵になるし、一番のポイントだけど、折り合いを我慢できる馬ですからね」
ラヴズオンリーユー

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.0-65.7-51.5-38.0-11.5(馬也)
外・エントシャイデン(一杯)を6Fで0.7秒追走・1F併せで0.4秒先着

M.デムーロ騎手「いい動き。能力がないと勝てない条件ですが、リラックスして走れれば距離はもつと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.7-40.2-26.2-12.8(馬也)

矢作調教師「1週前にM.デムーロ騎手が乗ったのが実質最終追い切り。今日は馬なりというより楽走。今のところ非常に順調。回りは気にしていないし、心肺機能の高い馬なので距離もこなしてくれると思う。筋肉のやわらかさ、質の良さが魅力。筋肉の質はリアルスティールより上。入厩時から大きな夢を持たせてくれる馬。先々につながるレースを」