【夏木立賞2018】動画・結果/レイエンダが復帰戦V

夏木立賞 2018 レイエンダ

夏木立賞 2018の動画・結果です。夏木立賞の結果は1着:レイエンダ、2着:ドミナートゥス、3着:フィールインラヴ。「レイエンダ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2018年の夏木立賞はルメール騎手騎乗の1番人気・レイエンダが復帰戦V

2018年5月12日(土) | 2回東京7日 | 14:35発走
夏木立賞 芝・左 2000m
NATSUKODACHI SHO

動画

関連記事
レイエンダは昨年7月の新馬戦を快勝していた。
レイエンダが評判通りの走りを見せる/動画・結果【2歳新馬戦】

結果

1着:レイエンダ
2着:ドミナートゥス(1-3/4馬身)
3着:フィールインラヴ(2馬身)
4着:バールドバイ(1/2馬身)
5着:ルックスマート(クビ)
6着:ビービーデフィ
7着:シゲルシイタケ
8着:ディーエスバズーカ
9着:トニーシャレード

勝ちタイム:1.58.8
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

レース後のコメント

1着 レイエンダ(C.ルメール騎手)
「お兄さんと同じで走るのが大好きな馬。久しぶりのレースで走りたがっていたし、リラックスさせるために後ろのポジションをキープした。直線は長く脚を使ってくれたね」

(藤沢和雄調教師)
「新馬のときから期待していた馬だからね。復帰戦としては、想像以上の走り。小回りより、広い東京コースの方が合っているし、近いうちにもう一戦使えたらと考えている」

3着 フィールインラヴ(戸崎圭太騎手)
「スタートが速く、スムーズなレースが出来ました。最後もしぶとくて、いいレースをすることが出来ました」

4着 バールドバイ(北村宏司騎手)
「スムーズなレースは出来ましたが、坂を上って途中から苦しくなりました。馬の出来は良かったので、また頑張ってくれると思います」

6着 ビービーデフィ(武豊騎手)
「レース前に馬がパニックしてしまい、返し馬で止まりませんでした。レースでも夢中で走っていて、ラストは止まってしまいました」

関連記事
全兄には2017年の日本ダービー馬・レイデオロがいる血統
【日本ダービー 2017】動画・結果/レイデオロが悲願のダービー制覇

勝ち馬プロフィール

夏木立賞 2018 レイエンダ

レイエンダ(Leyenda)牡3/黒鹿毛 藤沢 和雄(美浦)
父:キングカメハメハ 母:ラドラーダ 母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:伝説(西)。父名、兄名より連想

関連記事