【松前特別2018】動画・結果/レイエンダが無傷の3連勝

松前特別 2018 レイエンダ

松前特別 2018の動画・結果です。松前特別の結果は1着:レイエンダ、2着:エルリストン、3着:カリビアンゴールド。「レイエンダ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

ルメール騎手騎乗の1番人気・レイエンダが無傷の3連勝

2018年7月22日(日) | 2回函館6日 | 14:50発走
松前特別 芝・右 2000m
MATSUMAE TOKUBETSU

動画

関連記事

結果

1着:レイエンダ
2着:エルリストン(2馬身)
3着:カリビアンゴールド(3/4馬身)
4着:フリージングレイン(3馬身)
5着:アグネスリバティ(クビ)
6着:オールドクラシック
7着:ベイビーステップ
8着:ブラックオニキス
9着:サトノメサイア
10着:レプランシュ
11着:ブリガアルタ

勝ちタイム:1.59.3
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

レース後のコメント

1着 レイエンダ(C.ルメール騎手)
「すごく良い競馬でした。好スタートでベストポジションにつけられました。道中も息が入って、4コーナーから加速して楽勝でした。兄のレイデオロと同じタイプで、広い競馬場の方が良いと思います。ベストの距離は2000mだと思いますが、今日は向正面でリラックスしてゆっくりと走っていたので、2400mでも大丈夫でしょう。まだ良くなる余地はあります」

(藤沢和雄調教師)
「函館で3週間近くじっくり乗り込み、馬も落ち着いていたね。次走はセントライト記念(9月17日、中山)に行きます。いつかはお兄ちゃん(レイデオロ)と一緒に走らせたい」

2着 エルリストン(丸山元気騎手)
「ハナに行く気はなかったのですが、馬が行こうとして速く、ケンカしてもいけないのでハナを切りました。道中は楽に行かせてもらえましたが、勝った馬は強かったです」

関連記事
レイエンダの兄はダービー馬のレイデオロ。
【日本ダービー 2017】動画・結果/レイデオロが悲願のダービー制覇

勝ち馬プロフィール

松前特別 2018 レイエンダ

レイエンダ(Leyenda)牡3/黒鹿毛 藤沢 和雄(美浦)
父:キングカメハメハ 母:ラドラーダ 母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:伝説(西)。父名、兄名より連想

関連記事