【中山大障害2019】結果・動画/シングンマイケルが押し切りビッグタイトル獲得

【中山大障害2019】結果・動画/シングンマイケルが押し切りビッグタイトル獲得

中山大障害2019 シングンマイケル

中山大障害2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の中山大障害の着順は1着:シングンマイケル、2着:ブライトクォーツ、3着:メイショウダッサイとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の中山大障害はシングンマイケルが押し切りビッグタイトル獲得

2019年12月21日(土) | 5回中山7日 | 14:45発走
第142回 中山大障害(J・GI)障害・芝 4100m
Nakayama Daishogai (J-G1)

スポンサーリンク

2019年・中山大障害の動画

関連記事

昨年の中山大障害はニホンピロバロンが制していた。

中山大障害2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の中山大障害の着順は1着:ニホンピロバロン、2着:タイセイドリーム、3着:マイネルプロンプトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・中山大障害の結果

スポンサーリンク

1着:シングンマイケル
2着:ブライトクォーツ(2馬身)
3着:メイショウダッサイ(2-1/2馬身)
4着:シンキングダンサー(ハナ)
5着:ルペールノエル(1-1/2馬身)
6着:メドウラーク
7着:ヨカグラ
8着:シゲルロウニンアジ
9着:トーヨーピース
10着:ディライトフル
11着:セガールフォンテン
12着:トラキアンコード
13着:サウスオブボーダー
14着:シュンクルーズ
15着:スリーコーズライン

勝ちタイム:4.38.9
優勝騎手:金子 光希
馬場:良

関連記事
今年春の障害ビッグレース・中山グランドジャンプはオジュウチョウサンが制していた。
中山グランドジャンプ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の中山GJの着順は1着:オジュウチョウサン、2着:シンキングダンサー、3着:マイネルプロンプトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

1着 シングンマイケル(金子光希騎手)
「やっと(G1制覇の)夢がかなってうれしい。人気のある2頭(シンキングダンサー、ディライトフル)を見ながら、この馬のリズムで走らせることを心がけた。最後は夢中になって追ったので、自分のスタイルをキープできなかったが、馬が頑張ってくれた。次は、希代の名馬オジュウチョウサンにチャレンジしたい」

2着 ブライトクォーツ(熊沢重文騎手)
「意識して早めの競馬をして、ちょっと早いかなと思うくらいのところから競馬を作りにいった。勝負どころの一瞬の脚の差。最後詰めている。馬はまだ若いし、これからの馬」

3着 メイショウダッサイ(森一馬騎手)
「初めての距離で、初めての負担重量63キロなど初めて尽くしではあったけど、馬が上手に対応してくれて、飛越もうまくなっていた。バンケットもうまくなっていた。ここまで馬を成長させてくださったのは関係者、厩舎の方のおかげ。まださらによくなっているし、人馬ともさらに力をつけて頑張っていきたい」

4着 シンキングダンサー(石神深一騎手)
「大外枠だったので…。最初のコーナーでインをとれて、道中もスムーズには運んでたんですけど、ちょっと勝ちにいった分かなと。もうちょとシングンとかメドウラークとか前にいくのかなと思ったけど、目標になってしまいました」

5着 ルペールノエル(高田潤騎手)
「馬の状態も良かったし、自信を持っていった。ポジションもいいところで、理想的なポジションと流れになった。ペースが流れていたんので、最後は向こう正面でひと呼吸入れたんですけど、結果的に前が止まらなかった。しっかり馬の力を出してくれたと思います」

6着 メドウラーク(北沢伸也騎手)
「いいレースだった。悔いはない。一瞬夢を見た。よくあそこまで辛抱している。今日は力のある馬が前でやりあって、納得のいくレースができた。飛越ミスもなかった」

7着 ヨカグラ(西谷誠騎手)
「スタートして1個目かな、完歩が合わずに前に出れなくて、もう1列前で競馬できる予定だった。2列くらい後ろになった。ゲートは出て、いいところを取れたなと思ったけど、ミスステップした。久しぶりにスタミナがある馬なので、次が楽しみ」

勝ち馬プロフィール

シングンマイケル(Shingun Michael)せん5/鹿毛 高市 圭二(美浦)
父:シングンオペラ 母:ジェヴォーナ 母父:トウカイテイオー
馬名の由来:冠名+人名より

関連記事
シングンマイケルは前走の東京ハイジャンプではクビ差の接戦を制していた。
東京ハイジャンプ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の東京ハイジャンプの着順は1着:シングンマイケル、2着:メイショウダッサイ、3着:トラストとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。