【中山大障害2023】追い切り・コメント/動きからレースを紐解く

中山大障害2023 追い切り

中山大障害2023の追い切り・コメントの記事です。中山大障害の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きからレースを紐解く

2023年12月23日(土) | 5回中山7日 | 15:05 発走
第146回 中山大障害(J・GI)障害・芝 4100m
Nakayama Daishogai (J-G1)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・中山大障害の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
中山大障害は2023年12月23日に中山競馬場で行われる秋の障害ビッグレース。中山大障害は2023年で第146回を迎え、昨年はニシノデイジーが制した。中山大障害の出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも有馬記念などが開催される。
有馬記念は2023年12月24日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2023年で第68回を迎え、昨年はイクイノックスが制した。有馬記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
阪神カップは2023年12月23日に阪神競馬場で行われる年末のスピード馬の闘い。阪神カップは2023年で第18回を迎え、昨年はダイアトニックが制した。阪神カップの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

中山大障害2023の追い切りをチェック!

中山大障害に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
有馬記念2023の追い切り・コメントの記事です。有馬記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
阪神カップ2023の追い切り・コメントの記事です。阪神Cの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
エコロデュエル

最終追い切り
美浦・ウッド・良(草野)
6F 84.5-68.9-54.0-39.3-12.4(馬なり)

草野騎手
「前向きさがあって状態の良さを感じる。トリッキーなコースで逆に集中力を切らさず走れれば」

岩戸調教師
「前走はいい形で勝ったけど、気持ちのコントロールが難しい馬。楽しみと不安が半々」

ギガバッケン

最終追い切り
美浦・ウッド・良(上野翔)
6F 85.0-69.8-54.2-39.4-11.8(強め)

上野騎手
「馬の具合はいい。特殊な舞台になるけど、一発狙っていければ」

岩戸調教師
「飛越は上手だが乗り難しくて、途中でやめてしまうところがある。最後まで集中力を切らさず走ってくれれば」

ジューンベロシティ

最終追い切り
栗東・CW・良(西谷誠)
6F 87.6-70.6-54.5-38.5-11.7(強め)

西谷騎手
「追い切りはいい動き。しっかり反応してくれました。金曜日にスクーリングを行う予定です。しっかり落ち着いて走れれば」
「以前の行きたがるところがなく、障害馬として完成した感じ。アレを目指して頑張ります」
ダイシンクローバー

最終追い切り
栗東・坂路・良(高田)
800m 55.3-39.7-25.7-12.8(馬なり)

高田騎手
「順調だしイメージ通りのローテ。集中力を切らせないよう、走らせることができれば」

安田隆調教師
「飛越はうまいし、勝ったときのように前々で競馬ができれば」

ニシノデイジー

最終追い切り
美浦・ウッド・良(五十嵐雄)
5F 68.4-52.9-38.6-11.7(馬なり)

五十嵐騎手
「予定通り順調。普段の調教で元気良く立ち上がる面を見せたり、まだ老け込んだ感じはない」

高木調教師
「変わらず元気。順調に調教を積んでいます。競馬に行って気持ちのコントロールができれば。できればパンパンの良馬場でやりたい」

ネビーイーム

最終追い切り
栗東・ポリ・良(小牧加)
5F 74.2-57.8-42.8-12.2(馬なり)

小牧加騎手
「先週は坂路で4F51秒2のいい時計が出ましたね。元々坂路で動く馬じゃなかったけど、調教にも馬の成長が感じられますね」
ハーツシンフォニー

最終追い切り
美浦・ポリ・良(蓑島)
5F 68.4-53.4-39.1-12.0(馬なり)

辻調教師
「馬は先週でできあがっている。飛ぶ障害だけでなく、乗り越えないといけない課題が多いが、まずは無事に帰ってきてほしい」
ビレッジイーグル

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 82.1-65.1-50.7-36.8-11.7(強め)

竹内調教師
「先週しっかりやったので今週は無理しない程度に。平地を使ってここは予定通り。春は道悪で減速したので、今回良馬場でやれそうなのは何より」
マイネルヴァッサー

最終追い切り
美浦・B・良(助手)
5F 67.6-53.3-39.8-13.3(馬なり)

土田調教師
「稽古はいい動き。初の大障害になるので、金曜に中山でスクーリングをする」
マイネルグロン

最終追い切り
美浦・坂路・良(石神)
800m 53.8-39.0-25.3-12.3(馬なり)

石神騎手
「叩いて良くなっています。前走は休み明けであのメンバーに勝てましたから。飛越は上手だし、福島でも勝っているのでバンケットも問題ない。オジュウチョウサンが引退して今の障害は飛び抜けた馬はいませんが、この馬は盛り上げられる可能性があると思っています」

青木調教師
「脚元も問題ないし、順調に乗り込めて不安がないですね。石神騎手の進言でメンコを外すと全然気の入り方が違うし、怖いくらいシャープになった。気持ちと体が絶妙なバランスで本番に向かえそうです」

マイネルレオーネ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 57.0-41.5-26.8-13.0(馬なり)

平沢騎手
「ローカルの置き障害より、中山みたいな一つ一つしっかり飛ばすような競馬場の方が合っています。この馬の能力通り走れれば」
ヤップヤップヤップ

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 69.0-53.8-39.0-12.2(G前仕掛け)

宗像調教師
「流れが速くならない中山は合っていると思う。飛越は上手なのでゆったり行ければ」
関連記事
武豊騎手は有馬記念でドウデュースに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(3/2・3/3)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
ホープフルステークスは2023年12月28日に中山競馬場で行われる二歳の中距離G1戦。ホープフルSは2023年で40回目を迎え、昨年はドゥラエレーデが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
中山金杯は2024年1月6日に中山競馬場で行われる年初めの注目の一戦。中山金杯は2024年で第73回を迎え、ハンデ戦で行われる。昨年はラーグルフが優勝した。中山金杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。