【黒船賞2021】結果・動画/テイエムサウスダンが8馬身差圧勝

黒船賞2021 テイエムサウスダン

黒船賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の黒船賞の着順は1着:テイエムサウスダン、2着:スリーグランド、3着:モジアナフレイバーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の黒船賞はテイエムサウスダンが8馬身差圧勝

2021年3月16日(火) | 高知 | 16:10発走
第23回 黒船賞(JpnIII)ダート・右 1400m
Kurofune Sho (Jpn3)

スポンサーリンク

2021年・黒船賞の動画

関連記事
昨年の黒船賞はラプタスが制していた。
黒船賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の黒船賞の着順は1着:ラプタス、2着:テーオージーニアス、3着:サクセスエナジーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・黒船賞の結果

スポンサーリンク

1着:テイエムサウスダン
2着:スリーグランド(8馬身)
3着:モジアナフレイバー(1馬身)
4着:グリム(1-1/2馬身)
5着:サクセスエナジー(3馬身)
6着:インペリシャブル
7着:スペルマロン
8着:アイアンブルー
9着:ノボバカラ
10着:ドライヴナイト
11着:ブラゾンドゥリス
12着:ヴァケーション

勝ちタイム:1.27.6
優勝騎手:岩田 康誠
馬場:重

レース後のコメント

黒船賞2021 テイエムサウスダン

1着 テイエムサウスダン(岩田康誠騎手)
「久しぶりのファンを前に自分自身もうれしかったし、ビックリしました。本当に乗りやすいですし、力のある馬場が得意なのかも。黒船賞は通算5勝? 僕のことを“ミスター黒船”と呼んでください」

(飯田雄三調教師)
「乗る前から岩田康君が自信を持っていたんですが、これだけ離すとは思わなかった。予定していた騎手の都合つかなくて、たまたま岩田君が空いていたので乗ってもらいましたが、調教に乗った時からいい感触をつかんでもらっていた。今後もダートの短いところを使っていきたいが、(詳しくは)これからオーナーと相談して決めたい」

勝ち馬プロフィール

テイエムサウスダン(T M South Dan)牡4/鹿毛 飯田 雄三(栗東)
父:サウスヴィグラス 母:ムービングアウト 母父:Langfuhr
馬名の由来:冠名+父名の一部+父父母名より

関連記事
テイエムサウスダンにとって今回の重賞勝利は2019年の兵庫ジュニアグランプリ以来となった。
兵庫ジュニアグランプリ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の兵庫ジュニアグランプリの着順は1着:テイエムサウスダン、2着:メイショウテンスイ、3着:ファシネートゼットとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。