【神戸新聞杯2021】結果・動画/ステラヴェローチェが差し切りV

神戸新聞杯2021 ステラヴェローチェ

神戸新聞杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の神戸新聞杯の着順は1着:ステラヴェローチェ、2着:レッドジェネシス、3着:モンテディオとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の神戸新聞杯はステラヴェローチェが差し切りV

2021年9月26日(日) | 5回中京7日 | 15:35 発走
第69回 神戸新聞杯(GII)芝・左 2200m
Kobe Shimbun Hai(Japanese St. Leger Trial) (G2)

スポンサーリンク

2021年・神戸新聞杯の動画

関連記事
昨年の神戸新聞杯はコントレイルが制していた。
神戸新聞杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の神戸新聞杯の着順は1着:コントレイル、2着:ヴェルトライゼンデ、3着:ロバートソンキーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・神戸新聞杯の結果

スポンサーリンク

1着:ステラヴェローチェ
2着:レッドジェネシス(1/2馬身)
3着:モンテディオ(3馬身)
4着:シャフリヤール(1-1/2馬身)
5着:キングストンボーイ(アタマ)
6着:イクスプロージョン
7着:セファーラジエル
8着:ワンダフルタウン
9着:テイエムタツマキ
10着:シゲルソウサイ

勝ちタイム:2.18.0
優勝騎手:吉田 隼人
馬場:不良

関連記事
G1・菊花賞をにぎわす馬は?
菊花賞は2021年10月24日に阪神競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2021年で第82回を迎え、昨年はコントレイルが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

神戸新聞杯2021 ステラヴェローチェ

1着 ステラヴェローチェ(吉田隼人騎手)
「こういう馬場で最後はばてばてになりましたが、よくかわしてくれました。前半のレースから馬場を意識して、力がある馬がいたので、どっちを通るのかなと見ていました。成長してくれましたし、何しろ馬場がステラヴェローチェに向いたと思います。どんな馬場でもダービー馬相手に頑張れる馬になってほしいですね。まだゆるさは残っていますが、体つきはごつくなりました。今日はゲートで子供っぽさを出していたので、まだまだ勉強するところはあります。無事前哨戦をこういう形で勝ってくれたので、次はどんな馬でもやってやるという気持ちで挑みたいと思います」

(須貝尚介調教師)
「勝つには勝ちましたが、勉強することは多々あります。おそらく次は菊花賞になると思います。オーナーと相談して、馬の状態を見ながらになります」

2着 レッドジェネシス(藤岡康太騎手)
「ゲートを出てから、この馬のリズムに乗せて、離されずについていければと思っていました。走りからこういう馬場も苦にしないと思っていました。最後もよく頑張っているんですが、勝ち馬の決め手にやられましたね。着差が着差だけに、何とかしたかったんですが…」

3着 モンテディオ(池添謙一騎手)
「こういう馬場で走りづらそうでしたが、何とか我慢して走ってくれました。4角で一瞬、グッと反応して、あるかなと思いましたけどね。まだ、体を使い切れていない面があり、本当に良くなるのは来年だと思いますが、よく頑張ってくれたと思います。最低限、権利を取れて、良かったです」

(四位洋文調教師)
「権利も取れたし、本番に向けていい競馬ができたと思う」

4着 シャフリヤール(福永祐一騎手)
「1番人気に応えられずに、申し訳なく思っています。コンディションはよかったし、返し馬の走りもよかった。思い描いた通りのポジションで運べましたが、こういう馬場の影響か、ハミに頼って走っていて、追ってからいつもの走りを見せられなかった。いつもの瞬発力ではなかった。今日みたいな馬場をこなせれば、選択肢も広がるのではないかと思っていましたが、良馬場でこそのタイプだと感じました」

(藤原英昭調教師)
「(レースは)完璧だけど、雨ですね。これだけ(馬場が)悪かったら仕方ない部分があります。人気を背負ってファンの方には申し訳なかったです。自然(現象)の中で競馬をするわけですから仕方ない面ではあります。良なら違っていたと思います。馬は良かったです。馬場が想定以上に悪かったです。このあとは、無事を確認した後、オーナーと相談して決めたいと思います」

5着 キングストンボーイ(C.ルメール騎手)
「休み明けでこういう馬場ではちょっと大変ですね。すごくいいパフォーマンスをしてくれたと思いますが、良馬場の方がいいと思います」

6着 イクスプロージョン(松山弘平騎手)
「スタートよく、いい位置で競馬できましたが、最後に苦しくなってしまいました」

7着 セファーラジエル(鮫島克駿騎手)
「3コーナーでのめりっぱなしで、馬場は得意じゃないですね。馬は良くなっています。折り合いもよかったし、菊花賞に向けて、いいレースになったと思います」

8着 ワンダフルタウン(和田竜二騎手)
「(馬場は)からっきしダメですね。のめり通しで、かわいそうでした。馬の雰囲気はよかったです。1回叩いて、良なら変われると思います」

9着 テイエムタツマ(富田暁騎手)
「自分のやりたいレースはできました。この競馬が次につながればと思います」

10着 シゲルソウサイ(上村洋行調教師)
「直線はジョッキーも一瞬、オッと思ったようですが、そこから馬場の悪いところに脚を取られてしまった」

勝ち馬プロフィール

神戸新聞杯2021 ステラヴェローチェ

ステラヴェローチェ(Stella Veloce)牡3/黒鹿毛 須貝尚介(栗東)
父:バゴ 母:オーマイベイビー 母父:ディープインパクト
馬名の由来:星(伊)+速い(伊)

関連記事
ステラヴェローチェにとって昨年のサウジアラビアロイヤルカップ以来の重賞勝利となった
サウジアラビアロイヤルカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のサウジアラビアロイヤルカップの着順は1着:ステラヴェローチェ、2着:インフィナイト、3着:セイウンダイモスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。