【JBCスプリント2018】追い切り/各馬の状態を見極めろ

jbcスプリント 2018 追い切り

今回はJBCスプリント2018追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

各馬の状態を見極めろ

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | 15:00 発走
第18回 JBCスプリント(GI)ダート・右 1200m
JBC Sprint (Jpn1)

関連記事

追い切り

JBCスプリントに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
アンサンブルライフ

前走時追い切り・千葉ダートマイル(2着)
公営競馬出走

最終追い切り
10月29日・浦和・ダート・良
5F 68.2-51.5-37.6-13.0

ウインムート

前走時追い切り・テレ玉杯オーバルスプリント(8着)
栗東・坂路・稍重
800m 53.6-38.6-12.7

最終追い切り
10月31日・栗東・坂路・良
800m 54.5-40.3-26.1-12.7

加用調教師
「しまい重点で動きはいい。千二でもあるし、何が何でも前へ行きたい。」

蓮見助手
「地方の砂よりも中央の軽い砂の方がいいと思う」

キタサンミカヅキ

前走時追い切り・東京盃(1着)
船橋・ダート・重
6F 81.2-64.7-50.3-36.9

最終追い切り
10月31日・船橋・ダート・良
6F 79.6-63.2-49.6-36.6-12.0

森泰斗騎手
「申し分ないですね。輸送を考えた理想的な追い切りができたし、動き自体は文句のつけようのないくらい。いい意味で前走くらいのデキにはある」
キングズガード

前走時追い切り・室町ステークス(4着)
栗東・CW・良
6F 82.2-66.7-52.7-39.0-12.6

最終追い切り
10月31日・栗東・CW・良
6F 83.8-67.7-53.0-38.9-12.6

寺島調教師
「中1週だし、気合をつける程度。右回りは合っている。展開がかみ合えば。」

内山助手
「いい意味で変わりありません。ペースが速くなってほしい」

グレイスフルリープ

前走時追い切り・東京盃(3着)
栗東・坂路・稍重
800m 52.7-38.8-12.3

最終追い切り
10月31日・栗東・坂路・良
800m 54.0-39.6-25.6-12.7

橋口調教師
「状態は今までで一番かも」

柴田助手
「先週しっかりやって今朝はサッと。順調。」

セイウンコウセイ

前走時追い切り・スプリンターズステークス(12着)
美浦・南W・稍重
4F 52.6-38.2-12.3

最終追い切り
10月31日・美浦・南W・良
5F 63.6-48.9-36.5-12.7

上原調教師
「やる気になっているのか行きたがる面があったけど、当該週はしっかり追わないといけない馬だから、これでいい。京都も距離もいいので、ダートでいい面が出れば」
テーオーヘリオス

前走時追い切り・東京盃(6着)
栗東・坂路・重
800m 54.5-40.3-14.1

最終追い切り
11月1日・栗東・坂路・良
800m 52.3-38.3-12.8

ナックビーナス

前走時追い切り・スプリンターズステークス(7着)
美浦・南W・稍重
5F 66.8-50.7-36.5-12.3

最終追い切り
10月31日・美浦・南W・良
5F 70.4-54.4-39.4-12.5

田面木助手
「硬さもなく、状態はいい。昨年の東京盃(9着)はゲートでつまずいたのが敗因。ダート適性はある。」
ニシケンモノノフ

前走時追い切り・北海道スプリントカップ(4着)
函館・ウッド・良
5F 68.9-53.8-40.0-13.2

最終追い切り
10月31日・栗東・B・良
5F 69.2-53.4-39.1-12.5

庄野調教師
「状態はいい。去年このレースを勝っているし、今年も頑張ってほしい。」
「馬はリフレッシュしていい状態。休む前よりも良くなっていますよ。今回の条件なら」
ネロ

前走時追い切り・東京盃(2着)
栗東・坂路・重
800m 53.6-38.8-12.8

最終追い切り
11月1日・栗東・坂路・良
800m 49.8-37.7-13.4

日高助手
「予定通りにきたし、もともと時計は出るタイプですからね」
ノブワイルド

前走時追い切り・テレ玉杯オーバルスプリント(1着)
浦和・ダート・重
5F 69.5-53.0-38.6-12.2

最終追い切り
10月29日・浦和・ダート・良
5F 66.6-51.2-37.6-12.8

ノボバカラ

前走時追い切り・マイルチャンピオンシップ南部杯(7着)
美浦・南W・良
5F 69.0-53.7-39.1-13.5

最終追い切り
10月31日・美浦・南W・良
5F 71.8-55.9-40.9-13.4

天間調教師
「休み明けを叩き、動きは良くなっている。前走で減った体も戻った。」
マテラスカイ

前走時追い切り・東京盃(4着)
栗東・坂路・重
800m 54.0-39.3-12.0

最終追い切り
11月1日・栗東・坂路・良
800m 50.3-36.9-13.0

日高大嗣助手
「いっぱいに併せて、予定通りの内容です。もともと動くけど、いい状態に仕上がったと思います。短距離馬らしい体になってきて、いい筋肉がついています。前走の東京盃(4着)はあくまでもたたき台の仕上げ。(レコード勝ちした)プロキオンSくらいには仕上がったし、全力で(タイトルを)取りに行きたいと思っています」
モーニン

前走時追い切り・コリアスプリント(1着)
海外のレースに出走

最終追い切り
10月31日・栗東・坂路・良
800m 51.2-36.7-24.1-12.2

石坂正調教師
「前走後も順調。仕上がりもいい」
ラブバレット

前走時追い切り・道営スプリント(1着)
公営競馬出走

最終追い切り
11月1日・水沢・ダート・稍重
5F 63.4-49.8-37.4-12.7

レッツゴードンキ

前走時追い切り・スプリンターズステークス(5着)
栗東・坂路・良
800m 53.3-38.7-12.9

最終追い切り
10月31日・栗東・坂路・良
800m 53.2-38.1-25.0-12.9

梅田調教師
「けさは馬なりで。先週の段階で体ができているからね。若干は状態の上積みがあると思うよ」

前原助手
「前回までは良化がスローでしたが、けさは“いつものドンキ”。ピリッとした感じがあります」

注目ジョッキーの予定をチェック!
武豊騎手の騎乗予定・想定をまとめた記事です。武豊騎手はこれまでに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果や今週(11/17・11/18)の想定・騎乗予定など、すべてをチェックしよう。
競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。藤田菜七子騎手の先週の騎乗結果、今週の想定・騎乗予定などをチェックしよう。

シェアする