【JBCクラシック2018】予想オッズ/ケイティブレイブが人気の中心

川崎記念 2018 ケイティブレイブ

今回はJBCクラシック2018予想オッズをまとめた記事です。上位人気予想はケイティブレイブ、サンライズソア、オメガパフュームの3頭と考えています。京都を舞台に行われるダート頂上決戦の予想オッズはこれだ!

ケイティブレイブが人気の中心

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | 15:40 発走
第18回 JBCクラシック(JpnI)ダート・右 1900m
JBC Classic (Jpn1)

JBCクラシック2018 予想オッズ

出走予定馬

2018年・JBCクラシックの出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には出走予定馬の中からピックアップした注目馬も書いております。

JBCクラシック 2017 サウンドトゥルー

【JBCクラシック2018】出走予定馬・騎手/京都を舞台に

JBCクラシック2018の出走予定馬・想定騎手の情報です。18頭が出走登録を済ませています。出走予定馬にはケイティブレイブやサンライズソアなどが名を連ねています。今年は京都が戦いの地。どんな戦いが繰り広げられるか。

2018年・JBCクラシックの予想オッズはこのように予想しています。
地方重賞で活躍を続けているケイティブレイブが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ケイティブレイブ(2.5)
  2. サンライズソア(3.5)
  3. オメガパフューム(5.0)
  4. ノンコノユメ(9.0)
  5. アポロケンタッキー(11.0)
  6. テイエムジンソク(15.0)
  7. サウンドトゥルー(18.0)
  8. クリソライト(30.0)
  9. センチュリオン(☆)
  10. オールブラッシュ(☆)
  11. カツゲキキトキト(☆)
  12. アスカノロマン(☆)
  13. テーオーエナジー(☆)
  14. シュテルングランツ(☆)
  15. マイネルバサラ(☆)
  16. タガノゴールド(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

予想オッズ上位人気馬

4コーナー

JBCクラシックで上位人気が予想される馬はこちら!

ケイティブレイブ(K T Brave)

帝王賞 2017 ケイティブレイブ

ケイティブレイブ・5歳牡馬
30戦10勝 [10-7-5-8]
父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
馬名の由来:冠名+勇士
前走:日本テレビ盃・1着(1番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

中距離戦では安定した成績を残しており、実績もメンバートップクラス。
このメンバーなら負けられない戦いとなりそうだ。

サンライズソア(Sunrise Soar)

平安ステークス 2018 サンライズソア

サンライズソア・4歳牡馬
18戦5勝 [5-3-4-6]
父:シンボリクリスエス
母:アメーリア
母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:冠名+急上昇
前走:シリウスステークス・3着(3番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

絶好調ルメール騎手が騎乗するのがとても魅力的。
自分のリズムで走れないと大崩れするタイプなのは怖いが、2度目の騎乗となるルメール騎手がうまく導いてくれるはず。

オメガパフューム(Omega Perfume)

シリウスステークス 2018 オメガパフューム

オメガパフューム・3歳牡馬
6戦4勝 [4-1-1-0]
父:スウェプトオーヴァーボード
母:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール
馬名の由来:冠名+香水。母名より連想
前走:シリウスステークス・1着(2番人気)
(鞍上予定:和田竜二)

今年のJBCクラシック出走馬の中で唯一の3歳馬。
古馬との力関係がわかりにくいところだが、3着以下に敗れていない安定感は〇。

10年間の人気別データ

JBCクラシック 2018 オッズデータ

過去10年、1番人気は【4-2-2-2】とかなりいい成績を残しており、信頼できる。
ただ、2度の馬券外はおととしのコパノリッキーと昨年のアウォーディー。ここ2年は期待を裏切っているのが気がかりだ。

8番人気以下は全滅。
あまり大穴狙いは危険というデータとなっている。

オッズデータ

ここではJBCクラシックの過去のデータを振り返ってみます。
過去の歴史から思わぬ穴馬の傾向が見つかるかも!?

10年間、1番人気薄で勝った馬

2011年・ワンダーアキュート(単勝1,050円:5番人気)
ダイオライト記念(船橋・ダート2400m)4着 ⇒ 東海ステークス(京都・ダート1900m)10着からの参戦

10年間、3着以内に来た馬の中で人気順で1番人気薄だった馬

2010年・アドマイヤスバル(単勝4,530円:7番人気・3着)
帝王賞(大井・ダート2000m)4着 ⇒ エルムステークス(札幌・ダート1700m)5着からの参戦

10年間、最低配当だった3連単

2011年(良馬場)・250円(1番人気)
1着:スマートファルコン(1番人気 1.2倍)
2着:トランセンド(2番人気 2.4倍)
3着:シビルウォー(3番人気 29.2倍)

10年間、最高配当だった3連単

2010年(良馬場)・44,360円(105番人気)
1着:スマートファルコン(4番人気 16.1倍)
2着:フリオーソ(1番人気 1.7倍)
3着:アドマイヤスバル(7番人気 45.3倍)

2番人気だったシルクメビウスは4着、3番人気だったオーロマイスターは10着に敗れた。

過去10年でもっとも荒れた年でも44,360円しかついていない。
(2011年の3連単の配当が250円は今見ても驚く!)

今年は京都競馬場で行われることもあってJRAの馬の出走が多い。
例年よりは荒れる可能性を含んでいるかもしれない。

日程・賞金

【JBCクラシック 2016】動画・結果/アウォーディーが6連勝で頂点に上り詰める

JBCクラシック

日程・発走予定時刻
2018年11月4日(日)15時40分発走予定

場所・距離
京都競馬場・ダート・1900m


Jpn1

1着賞金
9,000万円

注目ジョッキーの予定をチェック!
武豊騎手の騎乗予定・想定をまとめた記事です。武豊騎手はこれまでに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果や今週(11/17・11/18)の想定・騎乗予定など、すべてをチェックしよう。
競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。藤田菜七子騎手の先週の騎乗結果、今週の想定・騎乗予定などをチェックしよう。

シェアする