【ジャパンダートダービー2022】結果・動画/ノットゥルノが差し切りV

ジャパンダートダービー2022 ノットゥルノ

ジャパンダートダービー2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のJDDの着順は1着:ノットゥルノ、2着:ペイシャエス、3着:ブリッツファングとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のジャパンダートダービーはノットゥルノが差し切りV

2022年7月13日(水) | 大井 | 20:10 発走
第24回 ジャパンダートダービー(JpnI)ダート・右 2000m
Japan Dirt Derby (Jpn1)

スポンサーリンク

2022年・ジャパンダートダービーの動画

関連記事
昨年のジャパンダートダービーはキャッスルトップが制していた。
ジャパンダートダービー2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のジャパンダートダービーの着順は1着:キャッスルトップ、2着:ゴッドセレクション、3着:ウェルドーンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・ジャパンダートダービーの結果

スポンサーリンク

1着:ノットゥルノ
2着:ペイシャエス(3/4馬身)
3着:ブリッツファング(1/2馬身)
4着:ハピ(1/2馬身)
5着:クライオジェニック(10馬身)
6着:トーセンエルドラド
7着:コスモファルネーゼ
8着:キャッスルブレイヴ
9着:ガルボマンボ
10着:セキフウ
11着:リコーヴィクター
12着:アイスジャイアント
13着:バウチェイサー
14着:コマンドライン

勝ちタイム:2.04.6
優勝騎手:武 豊
馬場:不良

関連記事
2022年の関東オークスはグランブリッジが制していた
関東オークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の関東オークスの着順は1着:グランブリッジ、2着:ラブパイロー、3着:スピーディキックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
スポンサーリンク

レース後のコメント

ジャパンダートダービー2022 ノットゥルノ

1着 ノットゥルノ(武豊騎手)
「すごくうれしいです。チャンスがあると思って、なんとか結果を出したいという気持ちだったのですごくうれしいです。とにかく馬の状態がよくて自信をもって乗ることができました。枠順も外目でスムーズなレースができて、リズムがよかったので、馬場状態も考えて少し早めに動こうかなと。デビュー戦からずっと乗せていただいて、少し気性の難しいところはあるんですが、スタッフがうまく成長させてくれたので。雨のなか、来ていただいてありがとうございます。(ドウデュースで勝った今年の)日本ダービーとダブルダービーでうれしいです。53歳ですけど馬は3歳なので一緒に頑張っていけたらと思います」

(音無秀孝調教師)
「(ジャパンダートダービー制覇は)3回目ですけど、うれしいですね。砂をかぶらない位置を取れましたし、直線を向いたときに手応えが良かったので〝これなら〟と思って見ていました。これまでで一番落ち着いていましたね」

2着 ペイシャエス(菅原明良騎手)
「良い所のポケットに入って、逃げ馬の後ろで我慢できました。やはり2000mの方が忙しくなく、いい手応えで運べたので、道中は上手くいったと思います。勝負どころで外に出しましたが、そこで我慢してしまって・・・。終わってみれば、強気に動いていれば着順は変わっていたかもしれません。この馬場は大丈夫でした。力があるところは見せられたと思います」

3着 ブリッツファング(池添謙一騎手)
「正攻法の競馬をしましたが、勝った馬にピッタリとマークされました。それでも、直線に向いて渋太く差し返そうとしていましたし、自分の競馬をして踏ん張ってくれました。今後に期待したいです」

4着 ハピ(藤岡佑介騎手)
「もう少しポジションを取るイメージでしたが、内枠だったぶん、流れに乗り切れませんでした。ペースが遅かったので、馬群が密集して、3コーナーから4コーナーで内へ行ける雰囲気ではなくて外に行きました。さすがに外を回ったぶん、最後で苦しくなりました。馬の能力だけでここまで来てくれました。まだキャリアも浅いですから、これからだと思います」

5着 クライオジェニック(安藤洋一騎手)
「もっと後ろからでも良かったと思います。今は外回りの方が良いですね」

6着 トーセンエルドラド(御神本訓史騎手)
「馬は良くなっていましたし、理想の走りが出来ました。血統的にもこれからに期待です」

10着 セキフウ(M.デムーロ騎手)
「いい手応えでもう少し伸びると思ったけど…。気持ちの問題かな」

勝ち馬プロフィール

ジャパンダートダービー2022 ノットゥルノ

ノットゥルノ(Notturno)牡3/鹿毛 音無 秀孝 (栗東)
父:ハーツクライ 母:シェイクズセレナーデ 母父:Unbridled’s Song
馬名の由来:夜想曲(伊)

関連記事
鞍上の武豊騎手は日本ダービーも制しており、芝・ダートともにダービー優勝へ導いてみせた
日本ダービー2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の日本ダービーの着順は1着:ドウデュース、2着:イクイノックス、3着:アスクビクターモアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(8/20・8/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。