【ジャパンダートダービー2020】結果・動画/ダノンファラオが抜け出し快勝

ジャパンダートダービー2020 ダノンファラオ

ジャパンダートダービー2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のジャパンダートダービーの着順は1着:ダノンファラオ、2着:ダイメイコリーダ、3着:キタノオクトパスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のジャパンダートダービーはダノンファラオが抜け出し快勝

2020年7月8日(水) | 大井 | 20:05 発走
第22回 ジャパンダートダービー(JpnI)ダート・右 2000m
Japan Dirt Derby (Jpn1)

スポンサーリンク

2020年・ジャパンダートダービーの動画

関連記事

昨年のジャパンダートダービーはクリソベリルが制していた。

ジャパンダートダービー2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のJDDの着順は1着:クリソベリル、2着:デルマルーヴル、3着:ミューチャリーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・ジャパンダートダービーの結果

スポンサーリンク

1着:ダノンファラオ
2着:ダイメイコリーダ(1-3/4馬身)
3着:キタノオクトパス(5馬身)
4着:ブラヴール(1-3/4馬身)
5着:ミヤジコクオウ(2馬身)
6着:エメリミット
7着:カフェファラオ
8着:バーナードループ
9着:コージーサンラッド
10着:リコーシーウルフ
11着:ガミラスジャクソン
12着:フルフラット
13着:ゴールドボンバー

勝ちタイム:2.05.9
優勝騎手:坂井 瑠星
馬場:重

関連記事
春のダート王決定戦・帝王賞はクリソベリルが制していた。
帝王賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の帝王賞の着順は1着:クリソベリル、2着:オメガパフューム、3着:チュウワウィザードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

ジャパンダートダービー2020 ダノンファラオ

1着 ダノンファラオ(坂井瑠星騎手)
「まずは本当に素直にうれしいですし、乗せていただいた関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。パドックから状態が上がっているのを感じていて、間隔を空けていい状態に仕上げてもらい、結果を出せてよかった。まだ3歳ですし、緩いところもあって、良くなる余地があるなかで結果を出せたのはすごいこと。うれしいです」

(矢作芳人調教師)
「生まれ故郷の大井で勝つのはいいですね。夏は休養して、11月に大井(JBCクラシック)に帰ってきたい」

2着 ダイメイコリーダ(池添謙一騎手)
「スタート良く出てから勝ち馬にピッタリこられた。その中で、よく頑張ってくれました」

3着 キタノオクトパス(田辺裕信騎手)
「いいポジションが取れたし、右回りだから力を出せた」

4着 ブラヴール(本橋孝太騎手)
「6、7割しか仕上げられなかったから、びっくり」

5着 ミヤジコクオウ(幸英明騎手)
「最初から最後まで追い通し。馬場が向かなかった」

7着 カフェファラオ(D.レーン騎手)
「1コーナー手前の轍(わだち)に驚いてバランスを崩し、逆手前で向こう正面にいってしまった。砂をかぶるのも初めてで、スムーズなレースにならなかった」

8着 バーナードループ(C.ルメール騎手)
「返し馬から集中力を欠いていた。道中でも進んでいない」

12着 フルフラット(武豊騎手)
「3コーナー過ぎから息遣いがおかしかった。距離も長かったのかな」

勝ち馬プロフィール

ジャパンダートダービー2020 ダノンファラオ

ダノンファラオ(Danon Pharaoh)牡3/青鹿毛 矢作 芳人(栗東)
父:American Pharoah 母:クリスプ 母父:El Corredor
馬名の由来:冠名+父名より

関連記事
ダノンファラオは兵庫チャンピオンシップで2着に入っていたものの、前走の鳳雛ステークスで14着に敗れていたため人気を落としていた。
兵庫チャンピオンシップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の兵庫チャンピオンシップの着順は1着:バーナードループ、2着:ダノンファラオ、3着:サンデーミラージュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。