【ホープフルステークス2022】追い切り/追い切りが結果につながる

ホープフルステークス2022 追い切り

ホープフルステークス2022の追い切り・コメントの記事です。ホープフルSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

追い切りが結果につながる

2022年12月28日(水) | 5回中山9日 | 15:25 発走
第39回 ホープフルステークス(GI)芝・右 2000m
Hopeful Stakes (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2022年・ホープフルステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
ホープフルステークスは2022年12月28日に中山競馬場で行われる二歳の中距離G1戦。ホープフルステークスは2022年で39回目を迎え、昨年はキラーアビリティが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

ホープフルステークス2022の追い切りをチェック!

ホープフルステークス2022 追い切り

ホープフルステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

ヴェルテンベルク

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.5-40.1-26.3-13.0(馬なり)

宮本調教師
「時計は遅かったが、馬場の悪い時間。操縦性のいい馬で他馬を怖がることもない。来週は横山武騎手に乗ってもらう予定です」

最終追い切り
栗東・CW・良(横山武)
6F 81.0-65.3-50.6-36.0-11.7(一杯)
フェーングロッテン(直強め)の内0.6秒追走・0.2秒遅れ

宮本調教師
「返し馬で跳ねたりする癖があるので、ジョッキーには馬のことを知ってもらおうと乗ってもらった。今日が最終追いのつもりだったし、これだけ動ければ上々やね」
7枠13番について
宮本調教師
「ジョッキー(横山武)は内が欲しいと言っていたけど、枠は気にしていない。ウチの馬は皐月賞(14年=ウインフルブルーム)で大外枠から3着に来たこともあるからね。13番枠も過去4勝しているいいところ。有馬記念のボルドグフーシュと同じくらい自信がありますよ」
ガストリック

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(三浦)
6F 83.5-67.7-53.2-38.5-11.8(馬なり)
コーストライン(強め)の外1.5秒追走・0.3秒先着

三浦騎手
「かなり外を回ったが、脚取りにはまだ余裕があった。ゴールを過ぎてからも伸びていた。オンとオフの切り替えが、レースにいい方に働いている」

最終追い切り
美浦・南W・良(三浦)
6F 84.3-68.3-53.3-38.1-11.7(馬なり)

三浦騎手
「(前走後は)元々緩い馬だけど、ピリッとしてきた感じがする。体の使い方も一つ上がっています」

上原博調教師
「しまいはそれなりに。いつもこれくらいで競馬ではいいパフォーマンスを出してくれる。これがほぼ最終追いで、必要があるなら微調整程度にはやるかもしれない」

5枠10番について
上原博調教師
「偶数の真ん中だしいいところじゃないですか。中間はゲート練習もしているし、落ち着いて出てくれたらと思います。今朝は北馬場で乗って、馬の雰囲気はいいですよ。明日のメニューは朝の様子を見て決めます」
キングズレイン

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
6F 84.0-68.1-53.0-37.9-11.6(一杯)
ダグフォース(一杯)の外0.3秒先行・0.1秒先着

手塚調教師
「動きは良かった。中山で走れれば選択肢が増えるので使う。まだ幼い体形だが、その割には問題なく使えている」

最終追い切り
美浦・南W・良(嶋田)
5F 67.1-51.1-36.7-11.8(馬なり)
ヤングローゼス(馬なり)の内0.5秒追走・同入

手塚調教師
「予定より時計が速くなりました。絶好調ですね。前走よりいいです。まだ緩いですが、申し分ないデキですね。器用な馬なので、外過ぎない枠がいいです。良馬場でやれたら」
7枠15番について
大村助手
「外だから馬場のいいところを通れるし、スタートでバンと出る馬ではないので出たなりで周りの様子を見ながらポジションが取れそう。あとはジョッキー(ルメール)に(有馬記念を勝った)勢いのまま頑張ってもらいたいですね」
グリューネグリーン

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 69.8-54.5-39.8-12.4(馬なり)
マイネルキング(強め)の外0.6秒先行・0.1秒遅れ

相沢調教師
「サラッと併せたが、いい感じだった」

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 67.7-52.3-37.3-11.9(強め)
モカフラワー(馬なり)の内0.6秒追走・同入

相沢調教師
「変わらずに順調。競馬ぶりや血統から中山に替わるのは良さそう。この後はひと息入れる予定なので、ここでしっかり結果を出したい」
3枠6番について
相沢調教師
「いいところ。うまくスタートを出して、他に行く馬がいなければ(ハナに)行くし、いれば無理して行かなくていい。ここなら外過ぎないのでいい位置につけられる」
ジェイパームス

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 67.3-51.3-36.4-11.3(馬なり)
テイデ(馬なり)の内0.1秒追走・同入

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 83.8-66.8-51.7-36.9-11.5(強め)
テイデ(末強め)の内0.1秒追走・同入

堀調教師
「先週の追い切りはペースアップ時の反応が鈍かったが、反応が良くなって余力で動けていた。能力を出せる仕上がり」
ジュンツバメガエシ

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 87.4-72.7-57.6-41.4-12.3(G前仕掛け)
ヴィンセドリス(末強め)の外0.6秒先行・同入

友道調教師
「まだ時間があるので目いっぱいにはやっていないけど、順調ですよ。札幌の新馬戦では太くて緩かったけれど、前走はしっかりしてきた。馬力があるので最後の急坂には対応してくれると思う」

最終追い切り
栗東・CW・良(石川裕)
6F 84.6-69.0-53.5-37.6-11.2(稍一杯)
ヴィンセドリス(馬なり)の内0.2秒追走・0.4秒先着

石川騎手
「緩さがある中でいい反応でしたし、すごく乗りやすいというのが第一印象。しまいもしっかり動けていました」
シーウィザード

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
6F 84.1-67.9-53.0-37.9-11.6(馬なり)
エフフォーリア(馬なり)の外0.6秒先行・0.1秒遅れ

鹿戸調教師
「動きは負けていなかったよ。フットワークもいい。競馬を使うごとにグングン良くなっているし楽しみ」

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 54.2-39.4-25.8-12.6(馬なり)
ルージュアマルフィ(馬なり)を0.3秒追走・同入

鹿戸調教師
「いい感じですよ。金曜日(23日)も(坂路で)少しやってるけど、元気がいいので最後もやりました。全然余裕があったし、体調はすごくいい」
2枠3番について
鹿戸調教師
「馬場がいいので内で良かった。ゲートも速いし、出たなりの感じで考えていこうと思います。メンバーはグンと強くなるけど、体調の良さと中山は経験があるのでどこまでやれるか」
スカパラダイス

最終追い切り
栗東・CW・稍重(今村)
6F 84.7-68.9-54.5-39.5-12.2(馬なり)

今村騎手
「この馬のリズムを大切にして、折り合い重視でした。馬とけんかすることなく、いいリズムで運ぶことができたと思います。時計のかかる馬場でもしっかりと動けていました」
セブンマジシャン

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 56.4-40.6-26.3-12.5(馬なり)

高野調教師
「使うごとに良くなっています。初戦、2戦目と違った形のレースで勝てた。対応力の高さがありますね」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.0-38.0-24.9-12.1(一杯)
リンドラゴ(一杯)に0.1秒先行・0.5秒先着

高野調教師
「いい仕上がりになっています。最後1ハロンはきっちりやりました。目立つラップではありませんが、予定通りです」
「中間は力強くなって、さらに成長した印象です。G1の強いメンバーでどこまでやれるか」
5枠9番について
高野調教師
「枠は与えられたところでやるしかないですからね。1戦目、2戦目と違った形の競馬で結果を出してくれたし、初の中山コースもこなしてくれると思う」
セレンディピティ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(武豊)
800m 52.3-38.1-24.9-12.6(馬なり)
イメル(末強め)と同入

武豊騎手
「動きも乗り味もかなりいいよ。前走が目立つ勝ちっぷりだったからね。チャンスあると思う」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 51.4-37.9-25.3-13.0(一杯)
ブルーロワイヤル(馬なり)に0.1秒遅れ

音無調教師
「いい動きだったと思う。51秒台のいい時計も出ていたし、ラストも流した感じだと思うから問題ない」
ドゥラエレーデ

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
7F 98.9-68.0-53.9-38.8-12.5(馬なり)

池添学調教師
「元々スタートも速いし競馬が上手。いろいろなものがかみ合えばやれても」

最終追い切り
栗東・坂路・良(ムルザバエフ)
800m 54.9-40.1-25.7-12.6(馬なり)
アトモストリミッツ(馬なり)を0.5秒追走・アタマ遅れ

ムルザバエフ騎手
「いい状態を確認できました。いいアクションでしたね」
トップナイフ

1週前追い切り
栗東・CW・良(横山典)
6F 87.7-71.1-54.2-37.8-11.1(強め追伸る)
マテンロウオリオン(馬なり)の内0.6秒追走・0.2秒遅れ

昆調教師
「順調にステップを踏んで、何の問題もなくきています。競馬に使えば、自分で勉強して1回(走る)ごとにレースを覚えるのがいいところ」

最終追い切り
栗東・CW・稍重(助手)
7F 98.3-68.2-53.1-37.7-11.8(強め)

昆助手
「(体の)バランスとしまいの確認をしました。動きは良かったです。使い込んでいますが、疲れはないです。中山は合っていると思うし、スムーズな競馬ができれば」
ハーツコンチェルト

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 66.1-51.6-37.5-11.5(G前仕掛け)
ブッシュガーデン(馬なり)の内0.7秒追走・0.1秒遅れ

武井調教師
「時計は出ているが、コースだと自分から進んでいかない。自分で動いていけるよう調整していきたい」

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 52.5-39.0-25.7-13.0(強め)

武井調教師
「いつもよりは軽めの調整。予定通りきています。舞台も今回の方がいいと思います」
「動きが凄く良かった。前進気勢で走れていた。距離は延びた方がいいし、前走よりいい条件になると思う」
1枠2番について
武井調教師
「スタートが上手ではないのでもっと外でも良かったですが、内自体はいいと思うので与えられた枠で頑張ります。今朝はゲートの駐立を確認後、南B(ダート)でキャンター。いい状態を維持できて元気いっぱいです。明日はゲート発進の練習をしてレースに向かいます」
ファントムシーフ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
7F 95.8-66.1-51.7-37.3-11.7(一杯)
セブンサミット(一杯)の外0.1秒追走・0.1秒遅れ

梛木助手
「今朝は走る馬と併せ、しっかり攻め切りたかった。苦しそうだったけど、いい負荷が掛かったと思います」

最終追い切り
栗東・CW・良(福永)
6F 87.4-71.7-55.7-39.0-11.1(馬なり)
プロトポロス(馬なり)の内0.6秒追走・0.9秒先着

福永騎手
「しまい重点で先行馬を追いかける形。最後はメリハリが利いていましたし、動きは良かったですね」
1枠1番について
梛木助手
「枠は特に気にしていなかったけど、縁起のいい枠ですね。先頭でパドックや馬場に入るのが初めてなのでどう出るかだけど、慣れてもらいたいね。強い気持ちで競馬に臨んでもらいたい。状態はいいですよ」
フェイト

1週前追い切り
栗東・坂路・良(坂井瑠)
800m 53.6-38.3-24.5-12.0(末強め)
メタルゴッド(馬なり)を0.2秒追走・クビ遅れ

柿崎助手
「動きは良かったですね。スタートはいい方ですし、立ち回りもうまく器用なのでコースも問題ないと思います」

安藤助手
「前走後は放牧に出て、いいリフレッシュになった。帰厩してからいい感じだし今日の動きも良かった」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(坂井瑠)
800m 55.1-39.4-25.0-11.9(馬なり)

矢作調教師
「前走はもう1段ギアがあるのに上げ切らない感じでした。持っているものはミッキーカプチーノと互角と思っていますし、楽しみはあります」

柿崎助手
「水曜(21日)にしっかり追い切ったので、しまいだけ伸ばす感じ。まずまずですね。まだまだ体を使い切れていないところがありますし、馬体重から受ける印象より、ひょろひょろした感じ。どこまでやれるかですね」

3枠5番について
安藤助手
「いいところなんじゃないですか。ゲートでの駐立もやっているし奇数も問題ない。今回は反応も良くなってきそうです。右にモタれるところがあったので、右回りに替わるのがいいほうに出てくれればいいですね」
ボーンイングランデ

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 82.0-67.0-52.0-37.1-11.5(一杯)

最終追い切り
栗東・CW・稍重(斎藤)
6F 85.6-70.1-54.6-38.6-11.6(強め)

斎藤騎手
「今日は感触を確かめる程度でしたが、しまいまでしっかり動けていました。具合はいいと思います。前走からいい意味で精神的には変わっていないですし、すごく落ち着きがあります」
4枠7番について
高島助手
「器用さもある馬だし、大外じゃなければどこでもいいと思っていた。長距離輸送も経験済みだし状態は問題なくきています。キャリアの浅い馬なので今後につながる走りをしてくれれば」
ミッキーカプチーノ

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.5-38.4-25.4-12.7(馬なり)

廣岡助手
「動き過ぎるくらいで、楽に上がってきますね。来週は戸崎さんに乗ってもらって、しっかりやる予定です。この感じのまま行ってくれれば」

最終追い切り
栗東・CW・良(戸崎)
7F 98.1-67.0-52.4-37.5-11.6(強め)

戸崎騎手
「ある程度やってという指示。動けていましたし、順調に来ていますね。パワーを感じますし、バランスの取れた馬。フットワークもいいですね」
8枠18番について
安藤助手
「大外枠だけど仕方ないですね。紛れの多いコースなのでロスなく運びたいですね。ジョッキー(戸崎圭)は大変でしょうけど」
モンドプリューム

最終追い切り
美浦・南W・重(横山和)
5F 67.8-53.0-38.4-12.3(馬なり)

水野調教師
「前に目標の2頭を置いて単走で。これぐらいで十分。馬場が緩くなるのは嫌だけど、少し時計がかかるぐらいの芝はいいかも」

2022年・ホープフルステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2022年 ホープフルステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2022年・ホープフルステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はセレンディピティに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/4・2/5)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
中山金杯は2023年1月5日に中山競馬場で行われる年初めの注目の一戦。中山金杯は2023年で第72回を迎え、ハンデ戦で行われる。昨年はレッドガランが優勝した。中山金杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
京都金杯は2023年1月5日に中京競馬場で行われる関西新年一発目のマイル重賞。京都金杯は2023年で第61回を迎え、昨年はザダルが優勝した。京都金杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。