【平安ステークス2018】動画・結果/サンライズソアが逃げ切り波乱を演出

平安ステークス 2018 サンライズソア

平安ステークス 2018の動画・結果です。平安ステークスの結果は1着:サンライズソア、2着:クイーンマンボ、3着:クインズサターン。「サンライズソア」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

M.デムーロ騎手騎乗の7番人気・サンライズソアが逃げ切り波乱を演出

2018年5月19日(土) | 3回京都9日 | 15:35 発走
第25回 平安ステークス(GIII)ダート・右 1900m
Heian Stakes (G3)

動画

関連記事
昨年の平安ステークスはグレイトパールが制していた。
【平安ステークス 2017】動画・結果/グレイトパールがダート戦無傷の5連勝

結果

1着:サンライズソア
2着:クイーンマンボ(1-1/2馬身)
3着:クインズサターン(ハナ)
4着:ミツバ(クビ)
5着:グレイトパール(クビ)
6着:テイエムジンソク
7着:メイショウスミトモ
8着:アスカノロマン
9着:コスモカナディアン
10着:メイショウウタゲ
11着:プリンシアコメータ
12着:ナムラアラシ
13着:トップディーヴォ
14着:サンマルデューク
15着:クリノスターオー
16着:マイティティー

勝ちタイム:1.57.3
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:稍重

レース後のコメント

1着 サンライズソア(M.デムーロ騎手)
「乗りづらい。性格が難しいですね。ゲート内でうるさい馬で、この間(ブリリアントS14着)は出遅れて進んでいかなかった。(今回は)ハナに行って、ペースも落ち着いて、直線でも一生懸命走っていました。展開もよかったですね」

2着 クイーンマンボ(C.ルメール騎手)
「良いポジションでレースができましたが、向正面では少し忙しかったです。それでもよく頑張っていると思います。距離は1800m以上が合います。前走は小回りで苦しんでいるところがありました。休み前と比べるとパワーアップしています」

(角居勝彦調教師)
「一回使って良くなっています。強い馬を相手によく頑張っていると思います。この後はひと息入れて夏の門別(ブリーダーズゴールドカップ)に向かいます」

3着 クインズサターン(四位洋文騎手)
「ロスなくレースをして欲しいという指示でしたが、最高の形で競馬ができました。2着はあるかなとは思ったんですが…」

4着 ミツバ(松山弘平騎手)
「1枠でしたが、まじめに走ってくれました。行きっぷりも良かったです。1~2コーナーでペースが落ち着いたので、動いて行きました。もっとペースが流れてくれたら良かったです。強いレースをしてくれています」

5着 グレイトパール(川田将雅騎手)
「向正面までは良い形でしたが、そこから先がこの馬にとっては良い形になりませんでした。こういった結果になって、申し訳なかったです」

6着 テイエムジンソク(古川吉洋騎手)
「直線は交わせると思ったんですが…。休み明けと58キロのぶんですかね」

7着 メイショウスミトモ(和田竜二騎手)
「流れが落ち着き、いつもより前で運べた。58キロでも頑張ってくれた」

8着 アスカノロマン(太宰啓介騎手)
「流れが落ち着き、いつもより前で運べた。58キロでも頑張ってくれた」

9着 コスモカナディアン(丹内祐次騎手)
「ゲートのタイミングが合わず、流れに乗れませんでした」

10着 メイショウウタゲ(武豊騎手)
「(馬群の)外を回らされましたからね。状態は良さそうでしたが…」

11着 プリンシアコメータ(岩田康誠騎手)
「2番手からうまく運べましたが、ペースが上がるとずぶさを出していました。牝馬同士に戻れば、ですね」

12着 ナムラアラシ(福永祐一騎手)
「ゲート内で膠着(こうちゃく)し、何をしても反応がありませんでした。トモ(後肢)も流れており、いい頃に比べて気になるところがありました」

14着 サンマルデューク(武士沢友治騎手)
「この馬の競馬はできましたが、思っていたよりペースが落ち着いてしまいました」

15着 クリノスターオー(幸英明騎手)
「もまれる形になってしまい、力を出せませんでした」

関連記事
6月27日には大井競馬場で春のダート中距離王決定戦・帝王賞が開催される。
【帝王賞2018】出走予定馬・日程・賞金/春のダート中距離王が決まる

勝ち馬プロフィール

平安ステークス 2018 サンライズソア

サンライズソア(Sunrise Soar)牡4/青鹿毛 河内 洋(栗東)
父:シンボリクリスエス 母:アメーリア 母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:冠名+急上昇

関連記事