【宝塚記念2021】出走予定馬・日程・賞金/春競馬の締めくくり

【宝塚記念 2012】CM「The WINNER【宝塚記念】」

宝塚記念は2021年6月27日に阪神競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦。宝塚記念は2021年で第62回を迎え、昨年はクロノジェネシスが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

春競馬の締めくくり
スポンサーリンク

2021年・宝塚記念の出走予定馬をチェック

宝塚記念・注目馬ピックアップ

2021年・宝塚記念の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

コントレイル(Contrail)

コントレイル・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ロードクロサイト
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2020年・日本ダービー
馬名の由来:飛行機雲

昨年、無敗で牡馬三冠を達成しJRA最優秀3歳牡馬のタイトルを獲得。
さらなるG1タイトルを獲得し父を超えて行け。

クロノジェネシス(Chrono Genesis)

クロノジェネシス・5歳牝馬
父:バゴ
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
主な勝鞍:2020年・有馬記念
馬名の由来:母名より+創世記

昨年、6馬身差で圧勝した女傑。
2013年、2014年のゴールドシップ以来の連覇の記録がかかる。
主戦の北村友一騎手が骨折で騎乗できないためルメール騎手が騎乗する予定となった。

レイパパレ(Lei Papale)

レイパパレ・4歳牝馬
父:ディープインパクト
母:シェルズレイ
母父:クロフネ
主な勝鞍:2021年・大阪杯
馬名の由来:帽子の縁の周りに飾るレイ(ハワイ語)。母名より連想

無敗の新女王候補も参戦決定。
連勝記録を伸ばせるか。

カレンブーケドール(Curren Bouquetd’or)

カレンブーケドール・5歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ソラリア
母父:Scat Daddy
主な勝鞍:2019年・スイートピーステークス
馬名の由来:冠名+黄金の花束(仏)。勝利の大輪を咲かせてほしい

天皇賞春でも3着と中々タイトルに手が届かない。
引き続き戸崎騎手とのコンビで勝利を狙う。

モズベッロ(Mozu Bello)

モズベッロ・5歳牡馬
父:ディープブリランテ
母:ハーランズルビー
母父:Harlan’s Holiday
主な勝鞍:2020年・日経新春杯
馬名の由来:冠名+ハンサム(伊)

大阪杯2着を見てもやはり馬場が渋るとよく走る。
昨年同様渋った馬場希望。
鞍上は引き続き池添騎手と発表されている。

ワグネリアン(Wagnerian)

ワグネリアン・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・日本ダービー
馬名の由来:ワーグナーファンの意味

グローリーヴェイズ(Glory Vase)

グローリーヴェイズ・6歳牡馬
父:ディープインパクト
母:メジロツボネ
母父:スウェプトオーヴァーボード
主な勝鞍:2019年・香港ヴァーズ
馬名の由来:栄光のつぼ。母名より連想

キセキ(Kiseki)

キセキ・7歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2017年・菊花賞
馬名の由来:奇跡

主な回避馬

ラヴズオンリーユー(Loves Only You)

ラヴズオンリーユー・5歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2021年・クイーンエリザベス2世カップ
馬名の由来:みんなへの愛を込めて。母名より連想

宝塚記念出走を表明していたが回避して休養へ。
秋はアメリカ遠征を視野に入れている。

デアリングタクト(Daring Tact)

デアリングタクト・4歳牝馬
父:エピファネイア
母:デアリングバード
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2020年・オークス
馬名の由来:大胆な+Tactics(戦法)より。大胆な戦法。父、母名より連想

エコー検査の結果、右前脚の繋靭帯炎を発症していることが判明。
今後は休養に入る予定。

ワールドプレミア(World Premiere)

ワールドプレミア・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:マンデラ
母父:Acatenango
主な勝鞍:2021年・天皇賞春
馬名の由来:世界規模での上映会を目指して

今年の天皇賞春を制し2つ目のG1タイトルを獲得したワールドプレミアは宝塚記念に向かわず休養へ。
秋はジャパンカップを目標にするとのこと。

宝塚記念の日程・賞金

スポンサーリンク
第62回 宝塚記念(Takarazuka Kinen)

宝塚記念 2018 ミッキーロケット

2021年6月27日(日)阪神競馬場
格:G1 1着本賞金:1億5,000万円
年齢:3歳以上 距離:2,200m(芝・右)

上半期の締めくくりを飾るG1として競馬ファンに知られており、過去多くの名馬が勝ち馬に名を刻んできている。
近年ではオルフェーヴルやゴールドシップ、リスグラシューなどファンの多い馬が勝利している。

宝塚記念・プレイバック

宝塚記念2020 クロノジェネシス

2020年の宝塚記念を制したのは『クロノジェネシス(Chrono Genesis)』。北村友一騎手が手綱を執った2番人気のクロノジェネシスがライバルたちを遥か後方に置き去りにする圧勝で2つ目のG1タイトルを獲得した。
2着には6馬身差でキセキ、さらに5馬身差の3着にはモズベッロが入った。

宝塚記念(G1)

1着:クロノジェネシス
2着:キセキ(6馬身)
3着:モズベッロ(5馬身)
4着:サートゥルナーリア(1-3/4馬身)
5着:メイショウテンゲン(クビ)

勝ちタイム:2.13.5
優勝騎手:北村 友一
馬場:稍重

2020年・宝塚記念の全着順、動画、コメントもチェック!
宝塚記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の宝塚記念の着順は1着:クロノジェネシス、2着:キセキ、3着:モズベッロとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする