ハーツコンチェルトが圧巻の8馬身差V/動画・結果【2歳新馬戦】

ハーツコンチェルト

ハーツコンチェルトが勝利した2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:ハーツコンチェルト、2着:アルナージェイン、3着:ギャランとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

ハーツコンチェルトが圧巻の8馬身差V

2022年9月18日(日)| 5回中京4日| 12:10発走
2歳新馬戦 芝・左 2000m

スポンサーリンク

動画

関連記事
最新の新馬戦情報をチェック!
2歳新馬戦の出走予定馬・騎手想定をまとめた記事です。今週行われる2歳新馬戦でデビューを予定している馬たちを中心に掲載しています。注目馬たちがどんなデビュー戦を迎えるのだろうか。

結果

スポンサーリンク

1着:ハーツコンチェルト
2着:アルナージェイン(8馬身)
3着:ギャラン(1-1/2馬身)
4着:ノーブルライジング(2馬身)
5着:ルクスフロンティア(2-1/2馬身)
6着:ラミアストラーダ
7着:サトノミーティア
8着:メイショウヤッコ
9着:ウインドアカネール
10着:タツレーヴ
11着:クリノエイラク

勝ちタイム:2:01.6
優勝騎手:松山 弘平
馬場:良

スポンサーリンク

レース後のコメント

1着 ハーツコンチェルト(松山弘平騎手)
「リズム重視で運びましたが、馬がよく競馬を理解してくれていて、向正面でポジションを上げていったところでもタメは利いていました。どんな競馬もできる賢さがあって、初戦としてはいい勝ち方ができたように思います。現状でこれだけのポテンシャルを見せてくれて、これからが非常に楽しみな馬です」

2着 アルナージェイン(C.ルメール騎手)
「道中、冷静に走ってくれました。段々とペースアップできましたが、勝ち馬が強かったですね。左回り、距離ともに大丈夫。まだ伸びしろのある馬です」

3着 ギャラン(鮫島克駿騎手)
「調教の時からテンションの高さがあったので、厩舎サイドと意思疎通を図り、細心の注意を払って臨みました。落ち着ついて走れていましたが、この距離は少し長い印象でした」

5着 ルクスフロンティア(武豊騎手)
「まだ仕上がり途上といった感じで、ラストは速い脚を使えなかった」

勝ち馬プロフィール

ハーツコンチェルト

ハーツコンチェルト(Hearts Concerto)牡2/鹿毛 武井 亮(美浦)
父:ハーツクライ 母:ナスノシベリウス 母父:Unbridled’s Song
馬名の由来:父名の一部+協奏曲。姉名の音楽用語シンフォニーから連想