【函館2歳ステークス2022】結果・動画/ブトンドールが差し切る

函館2歳ステークス2022 ブトンドール

函館2歳ステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の函館2歳Sの着順は1着:ブトンドール、2着:クリダーム、3着:オマツリオトコとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の函館2歳ステークスはブトンドールが差し切る

2022年7月16日(土) | 1回函館11日 | 15:25 発走
第54回 函館2歳ステークス(GIII)芝・右 1200m
Hakodate Nisai Stakes (G3)

スポンサーリンク

2022年・函館2歳ステークスの動画

関連記事
昨年の函館2歳ステークスはナムラリコリスが制していた。
函館2歳ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の函館2歳ステークスの着順は1着:ナムラリコリス、2着:カイカノキセキ、3着:グランデとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・函館2歳ステークスの結果

スポンサーリンク

1着:ブトンドール
2着:クリダーム(1-1/4馬身)
3着:オマツリオトコ(クビ)
4着:ゴキゲンサン(1馬身)
5着:ミスヨコハマ(アタマ)
6着:ニシノシークレット
7着:シンゼンイズモ
8着:スプレモフレイバー
9着:アスクドリームモア
10着:オボロヅキヨ
11着:ミシェラドラータ
12着:ニーナブランド
13着:ロッソランパンテ

勝ちタイム:1.11.8
優勝騎手:鮫島 克駿
馬場:稍重

スポンサーリンク

レース後のコメント

函館2歳ステークス2022 ブトンドール

1着 ブトンドール(鮫島克駿騎手)
「ポジションは特にここというプランはなく、直線に向くまでにこの馬のリズムで走れればと思っていました。2着馬が遠くにいたので届いてくれと馬を鼓舞して追っていました。僕は例年は函館ではなく小倉で乗っていましたが、滞在を決めた上でお客さんのたくさんいる前で結果を出せて良かったです。乗せていただいたオーナー、厩舎サイドに感謝しています」

2着 クリダーム(武豊騎手)
「惜しかったですね。この枠(3枠3番)で好スタートだったので、迷いなく行って、振り切ったと思ったけど、1頭強い馬がいた。いいスピードがあるので、どこかでチャンスはあると思います」

3着 オマツリオトコ(横山武史騎手)
「びっくりしました。いい馬ですけど、ダート馬だと思っていたので、こんなに走れるとは思わなかった。スタートして進んでいかなかったり、課題も多いけど、最後の脚は目を引くものがあった。本質はダートだと思うが、今日は荒れた馬場がよかった」

4着 ゴキゲンサン(藤岡佑介騎手)
「1度使われて、順当に良くなっていました。1200メートル戦にしては、出入りの激しい競馬だったが、気持ちの強い牝馬で気持ちを絶やさずに頑張ってくれた。先々が楽しみです」

5着 ミスヨコハマ(斎藤新騎手)
「スタートでトモ(後肢)を落としてしまったし、3、4コーナーで窮屈になり、スムーズにいけなかった。でも、ここ2戦と違う形で頑張ってくれた。まだ幼いし、馬が成長すれば、もっとやれると思います」

6着 ニシノシークレット(勝浦正樹騎手)
「トモ(後肢)が甘いので、馬場が緩くて、馬が横にぶれていた。スタートしてから踏ん張りが利かない感じでした。それを考えれば、十分やってくれた。ダートの方が、現状はしっかりと走れると思います」

7着 シンゼンイズモ(浜中俊騎手)
「現状の走りはしてくれましたが、体の大きさにパーツ、パーツがついていけていない。それでもいい競馬をしてくれたし、今後の成長に期待したいですね」

8着 スプレモフレイバー(吉田隼人騎手)
「(武)豊さんの馬を負かすために、早め早めに動いていったが、結果的に厳しくなった。まだうまく体を使えていない感じ。人気を背負っていたので勝ちたかったが、走りきれませんでした」

9着 アスクドリームモア(岩田康誠騎手)
「連闘はいいと思ったが、スタートも逃げ腰だったし、力んだというかリズムが悪かった。まだ走り方にしても、前だけで走っている。まだ若いので、そのあたりが全体的に良くなれば、もっと走れる馬」

10着 オボロヅキヨ(松田大作騎手)
「未勝利の身での挑戦でしたが、道中の雰囲気も良かったし、これからの成長を期待したいです」

11着 ミシェラドラータ(池添謙一騎手)
「3戦目で今日は思った以上にイレ込んでいた。ゲートは上に出るような感じでしたし、3コーナーで押し込められて、行くところ行くところ進路がなかった。今日は競馬になりませんでした…」

12着 ニーナブランド(横山和生騎手)
「新馬戦はスムーズな形で勝てましたが、メンバーが強くなってもまれたりしたりして、3、4コーナーで萎縮してしまっていた。ここから一つ一つ勉強して、経験を積んでいければ」

13着 ロッソランパンテ(三浦皇成騎手)
「コントロールの難しいところはあるが、(位置取りは)ポケットのいいところを取れました。ただ、東京のゆったりした流れしか経験していなくて、初めての右回り、1200メートルに対応させたぶん、最後はお釣りが無くなってしまいました。コーナーでも、何度か手前を替えていました」

勝ち馬プロフィール

函館2歳ステークス2022 ブトンドール

ブトンドール(Bouton d’Or)牝2/鹿毛 池添 学(栗東)
父:ビッグアーサー 母:プリンセスロック 母父:スウィフトカレント
馬名の由来:金のボタン(仏)