【芙蓉ステークス2019】結果・動画/オーソリティが抜け出し連勝

芙蓉ステークス2019 オーソリティ

芙蓉ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の芙蓉ステークスの着順は1着:オーソリティ、2着:ウインカーネリアン、3着:サペラヴィとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の芙蓉ステークスはオーソリティが抜け出し連勝

2019年9月22日(日) | 4回中山7日 | 14:01発走
芙蓉ステークス 芝・右 2000m
FUYO STAKES

スポンサーリンク

2019年・芙蓉ステークスの動画

関連記事

2017年の芙蓉ステークスはサンリヴァルが制していた。

「芙蓉ステークス 2017」の動画・結果です。芙蓉Sの結果は1着:サンリヴァル、2着:ファストアプローチ、3着:スターフィールド。「サンリヴァル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・芙蓉ステークスの結果

1着:オーソリティ
2着:ウインカーネリアン(2-1/2馬身)
3着:サペラヴィ(ハナ)
4着:ルトロヴァイユ(2-1/2馬身)
5着:アルファウェーブ(2-1/2馬身)
6着:トランシルヴァニア

勝ちタイム:2.02.9
優勝騎手:池添 謙一
馬場:良

レース後のコメント

1着 オーソリティ(池添謙一騎手)
「夏に比べて全体的にしっかりしていました。ただ、まだまだ成長の余地はあります。血統的なものもあるのか2戦目で、気は乗り気味でしたが、道中折り合いはついて直線も余裕ある抜け出しでした。新馬戦の時に教えたことを学んでいて、これからさらに良くなると思います」

2着 ウインカーネリアン(松岡正海騎手)
「気持ちの部分が課題ですね。ゲートの裏でかなりうるさくなってしまいました。精神的に若いです」

3着 サペラヴィ(石橋脩騎手)
「相変わらず前向きな馬で、今日はスタートしてから出て行ってくれました。少しピリピリして周りを気にするところはありましたが、道中は良い感じで追走できて、終いもよく伸びてくれました」

勝ち馬プロフィール

芙蓉ステークス2019 オーソリティ

オーソリティ(Authority)牡2/鹿毛 木村 哲也(美浦)
父:オルフェーヴル 母:ロザリンド 母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:権威。威信。牡馬三冠を達成した父のような活躍を願って

関連記事

オーソリティは新馬戦でも快勝していた。

オーソリティが勝利した2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:オーソリティ、2着:ブラックホール、3着:ブルーノジュネスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。