【芙蓉ステークス2020】結果・動画/ランドオブリバティが抜け出し圧勝

芙蓉ステークス2020 ランドオブリバティ

芙蓉ステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の芙蓉ステークスの着順は1着:ランドオブリバティ、2着:アランデル、3着:ヴェローチェオロとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年の芙蓉ステークスはランドオブリバティが抜け出し圧勝

2020年10月3日(土) | 4回中山8日 | 14:35発走
芙蓉ステークス 芝・右 2000m
Fuyo Stakes

スポンサーリンク

2020年・芙蓉ステークスの動画

関連記事

昨年の芙蓉ステークスはオーソリティが制していた。

芙蓉ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の芙蓉ステークスの着順は1着:オーソリティ、2着:ウインカーネリアン、3着:サペラヴィとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・芙蓉ステークスの結果

スポンサーリンク

1着:ランドオブリバティ
2着:アランデル(3-1/2馬身)
3着:ヴェローチェオロ(クビ)
4着:ヴィゴーレ(アタマ)
5着:フルネーズ(1馬身)
6着:テリオスルイ
7着:ブラックラテ
8着:ウインルーア
9着:ウイングリュック

勝ちタイム:2.01.2
優勝騎手:三浦 皇成
馬場:良

レース後のコメント

1着 ランドオブリバティ(三浦皇成騎手)
「余裕があっていい勝ち方だった。馬に負担をかけずに勝てた」

(鹿戸雄一調教師)
「まだ子供でここまで離して勝てたのは大きい。まだ伸びしろはある。次走は決まっていないが、今後も2000メートルあたりを使っていきたい」

2着 アランデル(池添謙一騎手)
「夏よりもゆるさも解消して馬もしっかりしてきました。大跳びで器用さがない分、前に有利な展開で2着に。今日は成長分の差もありました」

3着 ヴェローチェオロ(大野拓弥騎手)
「自分のタイミングで動ければよかったんですが...直線は良く反応してくれました」

7着 ブラックラテ(戸崎圭太騎手)
「3コーナーで上がって行った時の手ごたえがもう一つでした。前回、長くいい脚を使っていただけにもう少し走る気が欲しいですね」

勝ち馬プロフィール

芙蓉ステークス2020 ランドオブリバティ

ランドオブリバティ(Land of Liberty)牡2/鹿毛 鹿戸 雄一(美浦)
父:ディープインパクト 母:ドバウィハイツ 母父:Dubawi
馬名の由来:自由の国