【フィリーズレビュー2018】動画・結果/リバティハイツが混戦を制する

フィリーズレビュー 2018 リバティハイツ

フィリーズレビュー 2018の動画・結果です。フィリーズレビューの結果は1着:リバティハイツ、2着:アンコールプリュ、3着:デルニエオール。「リバティハイツ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

8番人気・北村友一騎手騎乗のリバティハイツが混戦を制する

2018年3月11日(日) | 1回阪神6日 | 15:35 発走
第52回 フィリーズレビュー(GII)芝・右 1400m
Fillies’ Revue(Japanese 1000 Guineas Trial) (G2)

動画

パトロールビデオ

 6番アマルフィコーストは、発走直後、外側の7番モルトアレグロに触れてつまずき騎手が落馬したため競走を中止しました。
 なお、この件についての制裁はありません。
関連記事
昨年のフィリーズレビューはカラクレナイが制していた。
【フィリーズレビュー 2017】動画・結果/カラクレナイが差し切り桜花賞に名乗りを挙げる

先週行われた同じ桜花賞トライアル・チューリップ賞はラッキーライラックが優勝した。
【チューリップ賞2018】動画・結果/ラッキーライラックが無傷の4連勝

結果

1着:リバティハイツ
2着:アンコールプリュ(1/2馬身)
3着:デルニエオール(クビ)
4着:アンヴァル(ハナ)
5着:ギンコイエレジー(クビ)
6着:アルモニカ
7着:レッドシャーロット
8着:ビリーバー
9着:ナディア
10着:モルトアレグロ
11着:ラブカンプー
12着:アリア
13着:マドモアゼル
14着:イサチルルンルン
15着:コーディエライト
16着:メイショウコゴミ
17着:スウォナーレ
中止:アマルフィコースト

勝ちタイム:1.21.5
優勝騎手:北村 友一
馬場:良

レース後のコメント

1着 リバティハイツ(北村友一騎手)
「いい脚でした。未勝利を勝って抽選を突破して、なんとか桜花賞の権利を取れればいいなというつもりで乗っていましたけど、馬が成長してくれていて、思っていたよりも強い内容でした。乗りやすいイメージだったんですけど、きょうはいい意味で前進気性があって、(持ち味は)素直なところです。」

(高野友和調教師)
「ムダな力を使わないので力を集約して出せる。これは持ってうまれたものですね。どっしりしています。(桜花賞へ)体重が落ちているので整えたい。(福島県出身の高野師)思うところはある。言葉にできませんがくるものがありますね」

2着 アンコールプリュ(藤岡康太騎手)
「落ち着きはありましたが、タイミングの悪いところでゲートが切られてしまいました。道中のカラ馬の影響を受けるところがあって、だいぶ位置が後ろになりました。じっくり構えようと切り替えてからは、本当にいい脚を使ってくれました」

3着 デルニエオール(岩田騎手)
「スムースにレースが出来ました。直線では伸びるかと思いましたが…。(前に)行ったからでしょうか。自然とあの位置ではあったのですが…」

4着 アンヴァル(藤岡佑騎手)
「初めて揉まれる競馬になって、外に気をつけながらレースをしていました。それもあってじっくり構えるレースをしましたが、ハミを取ってからはいい脚を使ってくれました。今日は収穫のあるいい競馬が出来たと思います」

5着 ギンコイエレジー(古川騎手)
「未勝利を勝ったばかりですが、上手にレースをしてくれました。惜しかったです。外枠の分もあったでしょうか」

7着 レッドシャーロット(横山典騎手)
「(空馬に)絡まれなくて良かったです。頑張ってくれました。(最後は)来ましたね」

15着 コーディエライト(和田騎手)
「躓いてしまい、全然ハミを取っていませんでしたし、行きっぷりも良くありませんでした。ゲート裏ではいい雰囲気で、落ち着いてもいたのですが…」

17着 スウォナーレ(大山真吾騎手)
「一度芝を経験して今日の感じは良かったです。力をつけて、また地元で頑張ってもらいたいです。また機会があれば来たいです。本当にいい経験になったと思います」

関連記事
桜花賞は4月8日に阪神競馬場で開催される。
【桜花賞2018】出走予定馬・日程・賞金/美しく咲く桜のように

勝ち馬プロフィール

フィリーズレビュー 2018 リバティハイツ

リバティハイツ(Liberty Heights)牝3/鹿毛 高野 友和(栗東)
父:キングカメハメハ 母:ドバウィハイツ 母父:Dubawi
馬名の由来:映画名

関連記事