【桜花賞2018】出走予定馬・日程・賞金/美しく咲く桜のように

桜花賞 2017 レーヌミノル

桜花賞は2018年4月8日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2018年で第78回を迎え、昨年はレーヌミノルが制した。2018年はどの馬が桜の女王の栄冠を手にするか。桜花賞の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

美しく咲く桜のように

動画・結果

2018年の桜花賞を制したのは「アーモンドアイ(Almond Eye)」。鮮やかな末脚でライバルたちを差し切り桜の女王に輝いた。

動画・結果

桜花賞 2018 アーモンドアイ

【桜花賞2018】動画・結果/アーモンドアイが差しきり桜の女王に輝く

桜花賞 2018の動画・結果です。桜花賞の結果は1着:アーモンドアイ、2着:ラッキーライラック、3着:リリーノーブル。「アーモンドアイ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

データ・枠順

桜花賞 2018 枠順

桜花賞」の枠順が発表されました。
無敗の2歳女王ラッキーライラックは1枠1番、阪神JF2着、チューリップ賞3着からリベンジを誓うリリーノーブルは5枠9番、武豊騎手とのコンビで桜の女王の目指すマウレアは8枠17番、シンザン記念から桜花賞制覇を狙うアーモンドアイは7枠13番に入った。

データ・枠順

2018年・桜花賞のデータ・枠順に関する記事を公開しました。記事には枠順別や脚質別データなどさまざまなレースデータを書いております。

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 ラッキーライラック

【桜花賞2018】データ・枠順/データから勝利の方程式を解く

桜花賞 2018のデータ・枠順の情報です。2018年・桜花賞のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報から桜花賞での激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

出走予定馬

出走予定馬・予想オッズ

2018年・桜花賞の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には出走予定馬の中からピックアップした注目馬も書いております。

桜花賞 2017 レーヌミノル

【桜花賞2018】予想オッズ・出走予定馬/散りゆく桜に思いを寄せて

桜花賞 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。桜花賞の出走登録は25頭。出走予定馬にはラッキーライラックやマウレアなどが名を連ねています。桜の女王にふさわしき乙女の走りを見せるのは?

2018年・桜花賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・ラッキーライラック(Lucky Lilac)

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 ラッキーライラック

ラッキーライラック・3歳牝馬(優先出走馬
父:オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
主な勝鞍:2017年・阪神ジュベナイルフィリーズ
馬名の由来:五弁のライラックの花(幸運のシンボル)

今年の3歳牝馬クラシック路線の絶対女王・ラッキーライラック。
無傷の3連勝で阪神ジュベナイルフィリーズを優勝。
2018年初戦となったチューリップ賞でもライバルたちを寄せ付けず完勝した。
断然人気が予想される彼女に死角はあるのか?

関連記事
・リリーノーブル(Lily Noble)

リリーノーブル

リリーノーブル・3歳牝馬(優先出走馬
父:ルーラーシップ
母:ピュアチャプレット
母父:クロフネ
主な勝鞍:2017年・白菊賞
馬名の由来:百合+気品。百合の花言葉は純潔、威厳

阪神ジュベナイルフィリーズ2着、チューリップ賞3着とあと一歩のところで重賞タイトルに手が届いていない。
本番での逆転への秘策は?

・マウレア(Mau Lea)

マウレア

マウレア・3歳牝馬(優先出走馬
父:ディープインパクト
母:バイザキャット
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2017年・赤松賞
馬名の由来:永遠の喜び(ハワイ語)

チューリップ賞では上り最速タイの脚を使い2着に入ったマウレア。
姉・アユサンは桜花賞馬に輝いている。
勝利への手綱は武豊騎手に託される。

・リバティハイツ(Liberty Heights)

フィリーズレビュー 2018 リバティハイツ

リバティハイツ・3歳牝馬(優先出走馬
父:キングカメハメハ
母:ドバウィハイツ
母父:Dubawi
主な勝鞍:2018年・フィリーズレビュー
馬名の由来:映画名

8番人気で挑んだフィリーズレビューではゴール前の接戦を制し重賞初制覇を果たしたリバティハイツ。
使い詰めで徐々に馬体が細くなってきているのが心配。
今年4戦目のレースで状態を保てるかがポイントか。

関連記事
・アンコールプリュ(Encore Plus)

アンコールプリュ

アンコールプリュ・3歳牝馬(優先出走馬
父:ディープインパクト
母:オイスターチケット
母父:ウイニングチケット
主な勝鞍:2017年・つわぶき賞
馬名の由来:前よりもっと(音楽用語)

前走のフィリーズレビューでは上り最速の脚で伸びてきたものの半馬身届かず2着に敗れた。
阪神コースでよく走るディープの血を引いており、本番でも楽しみな一頭だ。

・デルニエオール(Dernier Or)

デルニエオール

デルニエオール・3歳牝馬(優先出走馬
父:ステイゴールド
母:オリエンタルアート
母父:メジロマックイーン
主な勝鞍:2018年・3歳500万下戦
馬名の由来:最後の金(仏)

全兄にオルフェーヴル、ドリームジャーニーといった華々しい馬名が並ぶ良血馬。
滑り込みで手にした桜花賞の切符を生かして兄たちに肩を並べたい。

・ハーレムライン(Harlem Line)

ハーレムライン

ハーレムライン・3歳牝馬(優先出走馬
父:マンハッタンカフェ
母:マクリス
母父:グルームダンサー
主な勝鞍:2018年・アネモネ賞
馬名の由来:マンハッタンの鉄道路線名

3連勝で一気に桜花賞の挑戦権を獲得した。
なかなかアネモネ賞組は本番に直結しないが、そのジンクスを打ち破れるか。

関連記事
・レッドレグナント(Red Regnant)

レッドレグナント

レッドレグナント・3歳牝馬(優先出走馬
父:ロードカナロア
母:エンプレスティアラ
母父:クロフネ
主な勝鞍:2017年・サフラン賞
馬名の由来:冠名+君臨する。女帝となり世代を統治する。母名より連想

骨折休養明けのアネモネ賞で2着に粘り権利を獲得した。
M.デムーロ騎手が騎乗することが決まり何かやってくれそうな気配が漂ってきた。

・アーモンドアイ(Almond Eye)

シンザン記念 2018 アーモンドアイ

アーモンドアイ・3歳牝馬
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2018年・シンザン記念
馬名の由来:美人とされる顔の目の形

シンザン記念の鮮やかな勝ちっぷりを評価されているアーモンドアイ。
過去3戦とも上り最速タイムを計測しているように最後の脚は一級品。
トライアルを使わずに挑むローテーションが吉と出るか?

関連記事
・フィニフティ(Finift)

フィニフティ

フィニフティ・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ココシュニック
母父:クロフネ
主な勝鞍:2017年・2歳新馬
馬名の由来:希語で「輝く石」の意のロシアのエナメル細工。母名より。輝く活躍を

デビューから2戦で桜花賞に挑む。
粗削りながらわずか3戦でG1にたどり着いたことは称賛に値する。
最も輝く存在になれるか。

・プリモシーン(Primo Scene)

プリモシーン

プリモシーン・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:モシーン
母父:Fastnet Rock
主な勝鞍:2018年・フェアリーステークス
馬名の由来:最高(伊)+場面

なかなかフェアリーステークス勝ち馬は桜花賞に直結しないが今年は?

追い切り・コメント

2018年・桜花賞の追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

桜花賞 2018 追い切り

【桜花賞2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

桜花賞 2018の追い切り・コメントの情報です。桜花賞に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

主な回避馬

・テトラドラクマ(Tetradrachm)

テトラドラクマ・3歳牝馬
父:ルーラーシップ
母:リビングプルーフ
母父:ファルブラヴ
主な勝鞍:2018年・クイーンカップ
馬名の由来:古代ギリシャの銀貨の名称

クイーンカップ後、桜花賞参戦のプランもあったが疲労が激しいため回避。
今後はNHKマイルカップを目標にする。

前哨戦

シンザン記念(GIII)

シンザン記念 2018 アーモンドアイ

1着:アーモンドアイ
2着:ツヅミモン
タイム:1.37.1 馬場:稍重

【シンザン記念 2018】動画・結果/アーモンドアイが異次元の末脚でライバルを蹴散らす

フェアリーステークス(GIII)

フェアリーステークス 2018 プリモシーン

1着:プリモシーン
2着:スカーレットカラー
3着:レッドベルローズ
タイム:1.34.6 馬場:良

【フェアリーステークス 2018】動画・結果/プリモシーンが差し切り重賞初制覇

クイーンカップ(GIII)

クイーンカップ 2018 テトラドラクマ

1着:テトラドラクマ
2着:フィニフティ
3着:アルーシャ
タイム:1.33.7 馬場:良

【クイーンカップ2018】動画・結果/テトラドラクマが逃げ切り勝ち

チューリップ賞(GII)

チューリップ賞 2018 ラッキーライラック

1着:ラッキーライラック
2着:マウレア
3着:リリーノーブル
タイム:1.33.4 馬場:良

【チューリップ賞2018】動画・結果/ラッキーライラックが無傷の4連勝

フィリーズレビュー(GII)

フィリーズレビュー 2018 リバティハイツ

1着:リバティハイツ
2着:アンコールプリュ
3着:デルニエオール
タイム:1.21.5 馬場:良

【フィリーズレビュー2018】動画・結果/リバティハイツが混戦を制する

アネモネステークス

アネモネステークス 2018 ハーレムライン

1着:ハーレムライン
2着:レッドレグナント
3着:ノーブルアース
タイム:1.35.5 馬場:稍重

【アネモネステークス2018】動画・結果/ハーレムラインが3連勝で桜への切符を獲得

日程・賞金

桜花賞

第78回 桜花賞(Oka Sho・Japanese 1000 Guineas)
2018年4月8日(日)阪神競馬場
格:G1 1着本賞金:1億500万円
年齢:3歳牝馬 距離:1,600m(芝・右)

プレイバック

2017年の桜花賞を制したのは「レーヌミノル」。8番人気の低評価をあざ笑うかのように華麗に勝利をかっさらった。

2017年4月9日(日)桜花賞(GI)

1着:レーヌミノル
2着:リスグラシュー(1/2馬身)
3着:ソウルスターリング(クビ)
4着:カラクレナイ(クビ)
5着:アエロリット(クビ)

勝ちタイム:1.34.5
勝利騎手:池添謙一
馬場:稍重

レース後のコメント
1着 レーヌミノル(池添謙一騎手)
「一週前の追い切りで初めて乗りました。率直にいい馬だと思いましたし、チャンスのある馬を依頼していただいたと思いました。スタートが速い馬で、まずリズム良く自分の呼吸をしっかりと取ろうと思い、後ろの馬は気にしないように乗りました。手応えはしっかりありました。いい反応でしたが、先頭に立ってからが長かったです。踏ん張ってくれと思いながら追いました。何とかしのいでくれましたし、力を発揮してくれました。去年は2センチ差で負けたので、ゴール前はそれが頭をよぎりましたが、最後はレーヌミノルと頑張りました」
2017年・桜花賞

桜花賞 2017 レーヌミノル

【桜花賞 2017】動画・結果/レーヌミノルが桜の舞台で花咲かす

「桜花賞 2017」の動画・結果です。桜花賞の結果は1着:レーヌミノル、2着:リスグラシュー、3着:ソウルスターリング。「レーヌミノル」が勝利した2017年の桜花賞の詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする

フォローする