【桜花賞2021】出走予定馬・結果・賞金/美しく咲く桜のように

桜花賞2020 デアリングタクト

桜花賞は2021年4月11日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2021年で第81回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はデアリングタクトが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

美しく咲く桜のように
スポンサーリンク

2021年・桜花賞の結果は!?

桜花賞2021 ソダシ

2021年の桜花賞を制したのは『ソダシ(Sodashi)』。残り1ハロンで先頭に立つとそのまま後続の追撃をクビ差しのぎ切りレコードタイムで優勝。無傷の5連勝で2つ目のG1タイトルを獲得した。

桜花賞(G1)

1着:ソダシ
2着:サトノレイナス(クビ)
3着:ファインルージュ(1/2馬身)
4着:アカイトリノムスメ(クビ)
5着:アールドヴィーヴル(3馬身)

勝ちタイム:1.31.1(レコード
優勝騎手:吉田 隼人
馬場:良

2021年・桜花賞の全着順、動画、コメントもチェック!
桜花賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の桜花賞の着順は1着:ソダシ、2着:サトノレイナス、3着:ファインルージュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・桜花賞の出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
桜花賞の枠順決定!(4月8日)

桜花賞2021 枠順

2021年・桜花賞の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではソダシが2枠4番、サトノレイナスは8枠18番、アカイトリノムスメは3枠5番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

桜花賞の前日最終オッズは?!(4月10日)

桜花賞2021 前日最終オッズ

4月10日にJRAから発表された桜花賞の前日最終オッズです。
1番人気はソダシで3.0倍、2番人気はサトノレイナスが4.3倍、3番人気にはメイケイエールが6.3倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

桜花賞2021・出走馬の調教後の馬体重(4月8日)

桜花賞2021 調教後の馬体重

2021年4月8日にJRAより発表された桜花賞に出走する馬の調教後に計測された馬体重一覧です。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2021年・桜花賞の追い切り・コメントをチェック!
桜花賞2021の追い切り・コメントの記事です。桜花賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(4月4日)

2021年の桜花賞の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

優先出走馬
  • エリザベスタワー(川田将雅
  • シゲルピンクルビー(和田竜二)
  • ジネストラ(北村宏司)
  • ストゥーティ(岩田康誠)
  • ミニーアイル(藤岡康太)
  • メイケイエール(横山典弘)
  • ヨカヨカ(幸英明)
賞金上位馬
  • アカイトリノムスメ(横山武史)
  • アールドヴィーヴル(M.デムーロ)
  • エンスージアズム(岩田望来)
  • サトノレイナス(C.ルメール
  • ストライプ(田辺裕信)
  • ソダシ(吉田隼人)
  • ソングライン(池添謙一)
  • ファインルージュ(福永祐一)
  • ホウオウイクセル(丸田恭介)
抽選対象馬(4頭中2頭が出走可能)
  • オパールムーン(横山和生)
  • ククナ(藤岡佑介)
  • ゴールドチャリス(浜中俊)
  • ブルーバード(柴田大知)
除外対象馬
  • エイシンヒテン(団野大成)
  • スパークル(未定)
  • ヴァーチャリティ(未定)
  • エトワールマタン(未定)
桜花賞・注目馬ピックアップ

2021年・桜花賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ソダシ(Sodashi)

ソダシ・3歳牝馬
父:クロフネ
母:ブチコ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2020年・阪神ジュベナイルフィリーズ
馬名の由来:純粋、輝き(サンスクリット)

白毛馬初のG1制覇を果たした新ヒロイン。
まだまだ競馬界を彩り続ける。
トライアルを挟まず直行で栄冠を目指す。

サトノレイナス(Satono Reinas)

サトノレイナス・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:バラダセール
母父:Not For Sale
主な勝鞍:2020年・サフラン賞
馬名の由来:冠名+女王達(西)

阪神ジュベナイルフィリーズではハナ差敗れて2歳女王の座に手が届かなかった。
今度こそ。
引き続きルメール騎手とのコンビで参戦予定。

アカイトリノムスメ(Akaitorino Musume)

アカイトリノムスメ・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:アパパネ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・クイーンカップ
馬名の由来:赤い鳥(アパパネ)の娘

超が付く良血馬がクイーンカップを制し重賞初制覇。
三冠を制した両親のようにクラシック戦線で大きくはばたけ。

ファインルージュ(Fine Rouge)

ファインルージュ・3歳牝馬
父:キズナ
母:パシオンルージュ
母父:ボストンハーバー
主な勝鞍:2021年・フェアリーステークス
馬名の由来:元気+母名の一部

フェアリーステークスでは危なげない走りで後続に2馬身半の差をつけ圧勝、重賞初制覇を果たした。
桜花賞にはトライアルを使わずぶっつけで参戦する。

メイケイエール(Meikei Yell)

メイケイエール・3歳牝馬
父:ミッキーアイル
母:シロインジャー
母父:ハービンジャー
主な勝鞍:2021年・チューリップ賞
馬名の由来:冠名+応援

名手も認める能力の高さだが、気性の荒さが玉に瑕。
それでも応援したくなる魅力あり。

エリザベスタワー(Elizabeth Tower)

エリザベスタワー・3歳牝馬
父:Kingman
母:Turfdonna
母父:Doyen
主な勝鞍:2021年・チューリップ賞
馬名の由来:ビッグベンの正式名

メイケイエールと同着でチューリップ賞を制した。
この馬もコントロールの難しい面があり、精神面がより成長してくれば。

アールドヴィーヴル(Art de Vivre)

アールドヴィーヴル・3歳牝馬
父:キングカメハメハ
母:イサベル
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2020年・2歳新馬
馬名の由来:自分らしく生きる(仏)

キャリアはわずか2戦ながら、いずれも上がり最速タイムで走っておりインパクト十分。
松山騎手が騎乗停止処分中のため新コンビとなるデムーロ騎手が手綱を握る。

シゲルピンクルビー(Shigeru Pink Ruby)

シゲルピンクルビー・3歳牝馬
父:モーリス
母:ムーンライトベイ
母父:High Chaparral
主な勝鞍:2021年・フィリーズレビュー
馬名の由来:冠名+色+宝石名

フィリーズレビューを制し重賞初V。
姉のシゲルピンクダイヤは桜花賞で2着に敗れているだけに、妹にかかる期待は大きい。

ホウオウイクセル(Ho O Ixelles)

ホウオウイクセル・3歳牝馬
父:ルーラーシップ
母:メジロオードリー
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2021年・フラワーカップ
馬名の由来:冠名+ベルギーの地名

フラワーカップを制した勢いそのままにG1に挑戦する。
レース間隔が短いだけに状態を見極めたい。

ストライプ(Stripe)

ストライプ・3歳牝馬
父:ルーラーシップ
母:グレイスフラワー
母父:ダイワメジャー
主な勝鞍:2021年・クロッカスステークス
馬名の由来:縞

上がり33秒1の決め手でクロッカスステークスを制した。
行きたがる面があるだけに1600mへの対応がカギを握りそうだ。

前哨戦

阪神ジュベナイルフィリーズ

1着:ソダシ
2着:サトノレイナス(ハナ)
3着:ユーバーレーベン(クビ)

勝ちタイム:1.33.1
優勝騎手:吉田 隼人
馬場:良

阪神ジュベナイルフィリーズ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の阪神ジュベナイルフィリーズの着順は1着:ソダシ、2着:サトノレイナス、3着:ユーバーレーベンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
フェアリーステークス

1着:ファインルージュ
2着:ホウオウイクセル(2-1/2馬身)
3着:ベッラノーヴァ(1馬身)

勝ちタイム:1.34.4
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

フェアリーステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のフェアリーステークスの着順は1着:ファインルージュ、2着:ホウオウイクセル、3着:ベッラノーヴァとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
クイーンカップ

1着:アカイトリノムスメ
2着:アールドヴィーヴル(クビ)
3着:ククナ(クビ)

勝ちタイム:1.33.3
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:良

クイーンカップ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のクイーンカップの着順は1着:アカイトリノムスメ、2着:アールドヴィーヴル、3着:ククナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
チューリップ賞

1着同着:メイケイエール
1着同着:エリザベスタワー(同着)
3着:ストゥーティ(クビ)

勝ちタイム:1.33.8
優勝騎手:武 豊、川田 将雅
馬場:稍重

チューリップ賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のチューリップ賞の着順は1着同着:メイケイエール、1着同着:エリザベスタワー、3着:ストゥーティとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
フィリーズレビュー

1着:シゲルピンクルビー
2着:ヨカヨカ(クビ)
3着:ミニーアイル(1馬身)

勝ちタイム:1.20.7
優勝騎手:和田 竜二
馬場:良

フィリーズレビュー2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のフィリーズレビューの着順は1着:シゲルピンクルビー、2着:ヨカヨカ、3着:ミニーアイルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
アネモネステークス

1着:アナザーリリック
2着:ジネストラ(3/4馬身)
3着:ルチェカリーナ(3馬身)

勝ちタイム:1.34.8
優勝騎手:津村 明秀
馬場:重

アネモネステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のアネモネステークスの着順は1着:アナザーリリック、2着:ジネストラ、3着:ルチェカリーナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
フラワーカップ

1着:ホウオウイクセル
2着:エンスージアズム(1-1/4馬身)
3着:ユーバーレーベン(ハナ)

勝ちタイム:1.49.2
優勝騎手:丸田 恭介
馬場:良

フラワーカップ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のフラワーカップの着順は1着:ホウオウイクセル、2着:エンスージアズム、3着:ユーバーレーベンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

桜花賞2021の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2021年・桜花賞の予想オッズはこのように予想しています。
無敗の2歳女王・ソダシが1番人気に支持されると予想します。
上位3頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ソダシ(2.3)
  2. サトノレイナス(3.0)
  3. アカイトリノムスメ(6.0)
  4. メイケイエール(10.0)
  5. アールドヴィーヴル(20.0)
  6. シゲルピンクルビー(25.0)
  7. ソングライン(30.0)
  8. ファインルージュ(35.0)
  9. エリザベスタワー(40.0)
  10. ククナ(45.0)
  11. ストゥーティ(☆)
  12. ヨカヨカ(☆)
  13. ホウオウイクセル(☆)
  14. ミニーアイル(☆)
  15. ストライプ(☆)
  16. エンスージアズム(☆)
  17. オパールムーン(☆)
  18. ジネストラ(☆)
  19. ゴールドチャリス(☆)
  20. ブルーバード(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

桜花賞の日程・賞金

第81回 桜花賞(Oka Sho・Japanese 1000 Guineas)

桜花賞2019 グランアレグリア

2021年4月11日(日)阪神競馬場
格:G1 1着本賞金:1億500万円
年齢:3歳牝馬 距離:1,600m(芝・右)

桜花賞・プレイバック

桜花賞2020 デアリングタクト

2020年の桜花賞を制したのは『デアリングタクト(Daring Tact)』。松山弘平騎手が手綱を執った2番人気のデアリングタクトが重馬場をものともせずライバルを差し切り、無敗で桜の女王の座に輝いた。
2着には1-1/2馬身差でレシステンシア、さらに1-3/4馬身差の3着にはスマイルカナが入った。

桜花賞(GI)

1着:デアリングタクト
2着:レシステンシア(1-1/2馬身)
3着:スマイルカナ(1-3/4馬身)
4着:クラヴァシュドール(1馬身)
5着:ミヤマザクラ(3/4馬身)

勝ちタイム:1.36.1
優勝騎手:松山 弘平
馬場:重

2020年・桜花賞の全着順、コメントもチェック!
桜花賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の桜花賞の着順は1着:デアリングタクト、2着:レシステンシア、3着:スマイルカナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする