【フェアリーステークス2024】結果・動画/イフェイオンが抜け出し重賞初V

フェアリーステークス2024 イフェイオン

フェアリーステークス2024の結果・動画をまとめた記事です。2024年のフェアリーSの着順は1着:イフェイオン、2着:マスクオールウィン、3着:ラヴスコールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2024年のフェアリーステークスはイフェイオンが抜け出し重賞初V

2024年1月7日(日) | 1回中山2日 | 15:45 発走
第40回 フェアリーステークス(GIII)芝・右 1600m
Fairy Stakes (G3)

2024年・フェアリーステークスの動画

JRA公式

みんなのKEIBA

関連記事
昨年のフェアリーステークスはキタウイングが制していた。
フェアリーステークス2023の結果・動画をまとめた記事です。2023年のフェアリーSの着順は1着:キタウイング、2着:メイクアスナッチ、3着:スピードオブライトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2024年・フェアリーステークスの結果

スポンサーリンク

1着:イフェイオン
2着:マスクオールウィン(クビ)
3着:ラヴスコール(クビ)
4着:スティールブルー(クビ)
5着:ニシノティアモ(1-1/4馬身)
6着:キャットファイト
7着:テリオスサラ
8着:ティンク
9着:キャプテンネキ
10着:メイショウヨゾラ
11着:カレンナオトメ
12着:ジークルーネ
13着:エリカリーシャン
14着:メジャーデビュー

勝ちタイム:1:34.0
優勝騎手:西村 淳也
馬場:良

関連記事
G1・桜花賞をにぎわす馬は?
桜花賞は2024年4月7日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2024年で第84回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はリバティアイランドが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

フェアリーステークス2024 イフェイオン

1着 イフェイオン(西村淳也騎手)
「終始手応えが良く、自信を持っていました。大外ですごい難しい競馬になると思っていましたし、スタートを決めたいと思っていました。思い描いた通りの展開でした。まだまだ改善する点がいっぱいありますので、これから克服していければすごい馬になると思います。クラシックに乗れたらいいですね」

2着 マスクオールウィン(津村明秀騎手)
「スタートがもうひとつだったので、レース前のプランから切り替えて運びましたが、3,4角の手応えは良かったですね。勝ち馬が渋太かったけど、この馬もいい脚を使ってくれました。道中力まずに走れるなら、1600メートルでも十分にやれますね」

(牧光二調教師)
「内容が良かった。マイルでもしっかり競馬できたし、これまでと違う競馬ができたのがよかったね」

3着 ラヴスコール(横山武史騎手)
「逃げ馬の後ろが欲しいと思っていたけど、スタートの1歩目が早くなくて、あの位置から運びました。内からでもうまく収まっていたし、ラストもいい脚を使ってくれましたからね。前走は後手後手でこの馬らしくない競馬になったけど、今日は持ち味を発揮することができました」

4着 スティールブルー(C.ルメール騎手)
「普通のペースで位置取りが後ろになってしまいました。最後はよく伸びていますし、重賞レベルにあると思います。距離は1800メートルくらいまでですね。まだ子供っぽくてレース前は落ち着きがなかったので、これから勉強が必要でしょう」

(宗像義忠調教師)
「厳しい競馬になってしまいました。もう少し前の位置を想定していたので。直線も出せず、残念。でも、差は詰めているので」

5着 ニシノティアモ(田辺裕信騎手)
「良い感じでしたが、外枠のぶんのロスはあったと思います」

6着 キャットファイト(坂井瑠星騎手)
「厩舎サイドが工夫してくれて、落ち着いて臨めました。レースは外からプレッシャーのかけられる形で厳しかったです。それがなければ上位を狙えました。凄くいい馬です」

7着 テリオスサラ(石橋脩騎手)
「スタートで出遅れてしまったのが痛かった。ゲートで我慢はしていたが、その後に立ち上がってしまった。今日は残念でしたが、これから楽しみな馬です」

8着 ティンク(佐々木大輔騎手)
「スタートが良くて、楽に追走できました。調教よりも競馬の方が乗りやすかったです。勢いがついてコーナーを回るのが理想でしたが、ジリジリという感じで食らいついていました。のめるようなところも改善されていますし、このまま良い方向に行ってほしいです」

9着 キャプテンネキ(R.ピーヒュレク騎手)
「スタートが良くて、リズム良く行けました。良い手応えだったので、チャンスがあるかなと思いました。しかし最後の坂で止まっていたので、距離かなと思います。それ以外は乗りやすかったです」

10着 メイショウヨゾラ(三浦皇成騎手)
「スタートが上手で、良いところにつけられました。しかし、追い出してからの反応が、思ったよりなかったです。センスも能力もあるので、今後も頑張ってくれると思います」

12着 ジークルーネ(R.キングスコート騎手)
「スタートは出てくれました。前に行くか控えるかを考えて前に行きましたが、そこでエネルギーを使ってしまい、あまり伸びてくれませんでした。左回りの方が合いそうです」

14着 メジャーデビュー(丹内祐次騎手)
「追走でいっぱいでしたが、ダートならもっとやれると思います」

勝ち馬プロフィール

フェアリーステークス2024 イフェイオン

イフェイオン(Ipheion)牝3/芦毛 杉山 佳明(栗東)
父:エピファネイア 母:イチオクノホシ 母父:ゼンノロブロイ
馬名の由来:ベツレヘムの星と呼ばれる星型の花の名前