【中京記念2023】出走馬・予想オッズ・枠順/昨年とは別物

中京記念2022 ベレヌス

中京記念2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。中京記念は2023年7月23日に中京競馬場で行われるマイルG3戦。2023年で第71回を迎え、昨年はベレヌスが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

昨年とは別物

2023年7月23日(日) | 3回中京8日 | 15:35 発走
第71回 中京記念(GIII)芝・左 1600m
Chukyo Kinen (G3)

2023年・中京記念の出走予定馬たち

中京記念の枠順決定!(6月21日)

中京記念2023 枠順

2023年・中京記念の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではルージュスティリアが8枠16番、ディヴィーナは6枠11番、ホウオウアマゾンは5枠9番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2023年・中京記念の追い切り・コメントをチェック!
中京記念2023の追い切り・コメントの記事です。中京記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(7月20日)

アーリントンカップ2021 ホウオウアマゾン

2023年の中京記念の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • アドマイヤビルゴ(岩田望来)
  • アナゴサン(国分恭介)
  • ヴァリアメンテ(西村淳也)
  • ウイングレイテスト(松岡正海)
  • カイザーミノル(横山典弘)
  • サブライムアンセム(三浦皇成)
  • シュリ(荻野極)
  • セルバーグ(松山弘平)
  • ダノンスコーピオン(横山和生)
  • ディヴィーナ(M.デムーロ)
  • ベジャール(菅原明良)
  • ホウオウアマゾン(坂井瑠星)
  • ミッキーブリランテ(和田竜二)
  • メイショウシンタケ(藤岡康太)
  • ルージュスティリア(川田将雅
  • ワールドウインズ(幸英明)
除外馬
  • ヴィジュネル
  • グランデマーレ
【参考レース】2023年 中京記念|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・中京記念の出走馬参考レース動画です。
出走予定馬の過去のレースを振り返り、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は札幌競馬場で騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/15・6/16)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

NHKマイルカップ2022 ダノンスコーピオン

中京競馬場で行われるG3「中京記念」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

ダノンスコーピオン(Danon Scorpion)

ダノンスコーピオン・4歳牡馬
父:ロードカナロア
母:レキシールー
母父:Sligo Bay
主な勝鞍:2022年・NHKマイルカップ
馬名の由来:冠名+サソリ

昨年の3歳マイル王がG3戦から再始動する。
近走は二桁着順が続くなど結果が出ておらず、悔しいレースが続いている。
ハンデが気になるところだが、横山和生騎手との新コンビで新たな一面が見られれば。

ホウオウアマゾン(Ho O Amazon)

ホウオウアマゾン・5歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ヒカルアマランサス
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2021年・アーリントンカップ
馬名の由来:冠名+アマゾン

4月のオーストラリア遠征から帰国初戦を迎える。
近走は勝ち切れていないものの、マイラーズカップ2着や阪急杯3着など重賞でも上位に顔を出しており、力は衰えていない。
2021年のアーリントンカップ以来の勝利なるか。

ディヴィーナ(Divina)

ディヴィーナ・5歳牝馬
父:モーリス
母:ヴィルシーナ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2022年・豊橋ステークス
馬名の由来:神がかっている(西)

前走のヴィクトリアマイルでは15番人気ながら上がり最速タイムで追い込み0.2秒差の4着と大健闘を見せた。
全4勝を挙げる中京コースで重賞初勝利を。

アドマイヤビルゴ(Admire Virgo)

アドマイヤビルゴ・6歳牡馬
父:ディープインパクト
母:イルーシヴウェーヴ
母父:Elusive City
主な勝鞍:2022年・カシオペアステークス
馬名の由来:冠名+おとめ座

前走の谷川岳ステークスでは重馬場&60kgのトップハンデ&休み明けなどの厳しい条件が重なっての大敗で、そこまで悲観する必要はなさそう。
ここらで一花咲かせてほしいところ。

ルージュスティリア(Rouge Stiria)

ルージュスティリア・4歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ドライヴンスノー
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2023年・長篠ステークス
馬名の由来:冠名+氷柱(ラテン語)。母名より連想

ここ2走は人気以上の成績を残せなかったが、そこまで勝ち馬と離されておらず、強豪に揉まれていい経験になったはず。
引き続き川田騎手が騎乗するのも心強く、あっさり勝ってもおかしくない。

ウイングレイテスト(Win Greatest)

ウイングレイテスト・6歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:グレートキャティ
母父:サクラユタカオー
主な勝鞍:2023年・ニューイヤーステークス
馬名の由来:冠名+最大の

前走の米子ステークスでは少し緩さが残る仕上げながら4着と好走。
ダービー卿チャレンジトロフィーで5着があるように重賞でも見劣りしないはずで、使った効果が見られれば。

他にも中京記念には昨年の関屋記念で2着だったシュリや阪神牝馬ステークス2着のサブライムアンセム、米子ステークスを制したメイショウシンタケなども出走を予定しています。

中京記念は2023年7月23日(日)の15時35分発走予定です。

中京記念2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・中京記念の予想オッズはこのように予想しています。
53kgの斤量が魅力的なディープインパクト産駒・ルージュスティリアが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ルージュスティリア(3.5)
  2. ディヴィーナ(4.0)
  3. ホウオウアマゾン(6.5)
  4. ダノンスコーピオン(8.0)
  5. サブライムアンセム(13.0)
  6. ウイングレイテスト(14.0)
  7. メイショウシンタケ(16.5)
  8. アナゴサン(21.0)
  9. セルバーグ(25.0)
  10. ベジャール(26.0)
  11. アドマイヤビルゴ(28.0)
  12. ヴァリアメンテ(33.5)
  13. ミッキーブリランテ(44.0)
  14. シュリ(48.5)
  15. ワールドウインズ(☆)
  16. カイザーミノル(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

中京記念2023の日程・賞金

中京記念

中京記念2021 アンドラステ

日程・発走予定時刻
2023年7月23日(日)15時35分発走予定

場所・距離
中京競馬場・芝・1600m


G3

1着賞金
4,100万円

中京記念・プレイバック

中京記念2022 ベレヌス

2022年・中京記念(GIII)

1着:ベレヌス
2着:カテドラル(1/2馬身)
3着:ファルコニア(ハナ)
4着:ミスニューヨーク(1-1/4馬身)
5着:ヴァリアメンテ(クビ)

勝ちタイム:1.45.9
優勝騎手:西村 淳也
馬場:良

動画・全着順をチェック!
中京記念2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の中京記念の着順は1着:ベレヌス、2着:カテドラル、3着:ファルコニアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

中京記念2022 ベレヌス

レース後のコメント
1着 ベレヌス(西村淳也騎手)
「いつも通りいいスタートを決めて楽にハナを切ることができました。ずっといい手応えでしたし、これならと思っていました。ホント、直線はうれしかったですね。この馬とずっとコンビを組ませてもらって、悪い時もいい時もありましたが、乗せてくださった関係者の方々に感謝したいです」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
アイビスサマーダッシュは2024年7月28日に新潟競馬場の直線コースで行われる1000m戦。アイビスサマーダッシュは2024年で第24回を迎え、昨年はオールアットワンスが優勝した。アイビスSDの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
札幌記念は2024年8月18日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2024年で第60回を迎え、昨年はプログノーシスが制した。札幌記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。