【オールカマー2023】追い切り・コメント/動きを見極め勝利に近づけ

オールカマー2023 追い切り

オールカマー2023の追い切り・コメントの記事です。オールカマーの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2023年9月24日(日) | 4回中山7日 | 15:45 発走
第69回 オールカマー(GII)芝・右 2200m
All Comers (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・オールカマーの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
オールカマーは2022年9月25日に中山競馬場で行われる有力古馬が集まる一戦。オールカマーは2022年で第68回を迎え、昨年はウインマリリンが優勝した。オールカマーの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも神戸新聞杯が開催される。
神戸新聞杯は2023年9月24日に阪神競馬場で行われる西からの菊花賞トライアル。神戸新聞杯は2023年で第71回を迎え、昨年はジャスティンパレスが優勝した。神戸新聞杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

オールカマー2023の追い切りをチェック!

オールカマー2023 追い切り

オールカマーに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
神戸新聞杯2023の追い切り・コメントの記事です。神戸新聞杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アサマノイタズラ

最終追い切り
美浦・南W・稍重(嶋田)
5F 69.0-54.3-39.2-11.7(馬なり)
スムースベルベット(強め)の外0.5秒先行・0.1秒先着

嶋田騎手
「最近では一番ハミを取って走れていた。前走よりも強めにやっているので、その分の上積みはある。少しずつ良くなっています」
アラタ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 66.5-51.6-37.5-11.9(強め)

田中助手
「変わりなく順調に来ています。暑さもなんとか大丈夫です。メンバーが強いので、どれだけやれるかですね」
「前走はしっかり仕上げたあとの中1週で厳しかった。メンバーは強いが順調にきている」
ウインマリリン

最終追い切り
美浦・南W・稍重(松岡)
6F 82.7-66.8-52.5-37.9-11.7(馬なり)
フロムナウオン(馬なり)の内0.9秒追走・同入

松岡騎手
「腰回りはもう1回使った方が良くなると思いますが、首さしには力が戻ってきています」

手塚調教師
「前走(札幌記念)は馬場が合わず、体も少し太かった。良化度合いは以前より緩やかだが、今回は使った上積みがあるし、しっかりやって絞れてきた。2年前に勝っているレースで、時計が速くても対応できるはず」

エヒト

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.7-38.3-25.0-12.5(馬なり)

高野助手
「十分に仕上がっているのでこれくらいの時計で。この馬らしい追い切りができた。使いながら状態も上向いてきたし、器用なタイプで中山替わりも問題ない」
ガイアフォース

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.2-40.0-24.9-12.0(馬なり)

杉山晴調教師
「いいですね。速くなり過ぎないように最後も持ったままでしたからね。思い通りの調整ができました。(距離については)マイル戦にも対応はしてくれましたが、前走を見るとやはり本質は中距離タイプなのかな。メンタル面が成長していて、春先より体も使えています。いい夏を過ごしてくれました」
「本音をいうと2000メートルがベストだと思う。天皇賞・秋へ直行したかったけど、今の収得賞金では出走が微妙な情勢だからね。ここで結果を出さないと」

小川助手
「もう体はできているのでけさはこれで十分。3週目の馬場だけど、今週からCコースに替わってお天気も良さそう。昨年のセントライト記念でいい勝ち方をして舞台は問題ないので期待している」

ジェラルディーナ

最終追い切り
栗東・CW・良(団野)
6F 84.4-68.4-53.1-37.4-11.8(馬なり)
ドンフランキー(末強め)の外0.6秒先行・クビ先着

斉藤崇調教師
「後ろから来られたところで反応できるかを確かめるような調整。ドンフランキーの反応が良過ぎたことでモタついた感じに見えたかもしれませんが、最後はしっかりと動けていました」

団野助手
「大阪杯当時はスクミがあったり大変でしたが今はそれもなく、体調はメチャメチャいいですね。カイバもしっかりと食べていますよ。競走馬としてはもう完成されています。普通キャンターで弾むような動きをしていますよ」

ゼッフィーロ

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 81.9-66.5-51.5-36.6-11.4(一杯)
サフィラ(馬なり)の外0.4秒追走・0.1秒先着

池江調教師
「気分良く併せることができて動きは良かった。やや急仕上げな感じはあったが、先週しっかりやったことで帳尻を合わすことができた」
タイトルホルダー

最終追い切り
美浦・南W・稍重(横山和)
5F 66.4-51.3-37.6-11.5(馬なり)

横山和騎手
「オールカマーの内容で、この先の秋をどう持って行くかという一戦になります。ここを使ってというイメージの競馬になりますが、動ける態勢にありますね。ただ、伸びしろは残しています。中間の追い切りは原田和真、普通キャンターは担当さんと乗ってもらっているので2人とコミュニケーションを取りつつ準備していきます」

栗田調教師
「力みもなく上手に走っていました。大方いい状態で自分のパフォーマンスを出せる仕上がりです。(前走は)ああいうことがありましたし、慎重に立ち上げてきました。競馬を使っている時と同じくらいの体で厩舎に帰ってきて徐々に張りや毛ヅヤが増しています。ジョッキーは手前の替え方がもうひとつということを言っていましたが、ここが大きな目標ではないですし、この舞台にしっかり臨めるようにきています。いい状態で使うことが大事なポイントだと思う」

チェスナットコート

最終追い切り
園田・稍重
5F 68.9-51.1-37.9(馬なり)

田中一調教師
「いい動き。跳びが軽くて芝向きなのは明らか。ただ、もう少し距離があった方がいいし、これまでと相手が全く違うからね。どこまで頑張ってくれるか」
ノースブリッジ

最終追い切り
美浦・南W・稍重(岩田康)
5F 65.5-50.2-36.1-11.6(馬なり)
ホウオウサンデー(馬なり)の内2.1秒追走・0.1秒先着

岩田康騎手
「余裕を持って疲れを残さないように、という狙いでしたが、いい動き。(中山2200メートルについては)トリッキーなコースだがどんな競馬もできる。G1で負けた経験で大きく成長する馬もいる。それにかけたい」

奥村武調教師
「猛暑にも全くこたえることなく順調に来ています。ただ、おとなしすぎるのが気になる。スイッチが入っていないのかもしれません」
「好調時の動きには及ばず良化途上という感じです。おとなしいのが気になりますね」

ハヤヤッコ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 66.6-51.7-37.8-12.1(強め)
シュバルツガイスト(馬なり)の外0.3秒先行・同入

国枝調教師
「函館記念の後は距離があった方がいいと思って(昨夏使った)札幌記念ではなくここへ。今日はこの馬としては速い時計で動けている。ただメンバーはそろったからね。あまり時計が速いとどうかな」
「右にモタれる面はあるが、ジョッキー(浜中騎手)が手の内に入れているので」
マテンロウレオ

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 87.7-70.7-54.9-39.4-12.3(馬なり)

昆調教師
「時計を見てもらえればわかると思いますが、先週にしっかりとやっているので十分、仕上がっています」
「十分仕上がっているし、フレッシュでいい状態。力はあるので、あとは条件がかみあえば」

昆助手
「先週の水曜と日曜に時計を出していますし、体は仕上がっていますからね。無理をさせずに軽めの調整というのは決まっていたこと。春の大阪杯、天皇賞・春と比べてもいい意味で変わっていませんし、いい雰囲気です」
「(前走は)気持ちの問題もありました。ジョッキー(横山典騎手)も無理をさせなかったので、ダメージも残りませんでした。今回もレースにどう気持ちが乗ってくるか。条件は悪くないと思います」

マリアエレーナ

最終追い切り
栗東・CW・稍重(助手)
6F 79.8-65.4-51.6-37.1-11.5(一杯)

高島助手
「いつもと同じ状態。昨日(18日)の夕方に雨が降ったけど、いい時計が出ていたしスイスイ走れていた。暑さも苦にしないタイプ。体調は万全。(前走の敗戦については)斤量(56・5キロ)も背負った。調子自体は悪くなかったし悲観はしていない」
「坂のあるコースで距離延長がどうかも、有力馬は休み明け。夏を使っている強みはあるね。暑さに強いから残暑の厳しい今年はこの馬にとってプラス」
ロングラン

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 85.6-68.9-53.8-39.6-12.8(馬なり)

田中助手
「順調に来てますね。(近2走の大敗については)2走とも良馬場でやれていない。良馬場でやれたらいいですね」
ローシャムパーク

最終追い切り
美浦・南W・稍重(上野翔)
5F 65.7-51.4-37.0-11.5(馬なり)
パーカッション(強め)の内0.4秒追走・0.1秒先着

上野騎手
「前走時と比較はできませんが問題なく順調です。先週しっかり時計を出したので今週は負荷をかけつつ整える感じですね。ゴール板を過ぎてもしっかり走れていましたし、万全の状態で競馬に臨めると思います」

田中博調教師
「今週から馬房の中で煮詰まっているところはありますが、動き自体は良かったと思います。体がしっかりしていてレースでも緩急がつくようになりました。時計が出る馬場もいいと思います。自分のパフォーマンスを出すには、メンタル面が肝心になるかな」
「動き自体は良かった。緊張感で煮詰まっているのか、馬房での旋回癖がきつくなっているのが気になります。良くも悪くも、ぎりぎりのところにきていますね」

2023年・オールカマーの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 オールカマー|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・オールカマーの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は神戸新聞杯でファントムシーフに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/18・5/19)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
スプリンターズステークスは2024年9月29日に中山競馬場で行われる電撃のスプリント戦。スプリンターズSは2024年で第58回を迎え、昨年はママコチャが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
毎日王冠は2023年10月8日に東京競馬場で行われる秋競馬の始まりを告げる一戦。毎日王冠は2023年で第74回を迎え、昨年はサリオスが制した。毎日王冠の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。