「日経新春杯」は2018年1月14日に京都競馬場で行われる年明けのG2戦。日経新春杯は2018年で第65回を迎え、昨年はミッキーロケットが優勝した。日経新春杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

年明け最初のG2戦

動画・結果

2018年の日経新春杯を制したのは「パフォーマプロミス(Perform a Promise)」。2連勝で初の重賞タイトルを獲得した。

レース後のコメント1着 パフォーマプロミス(M.デムーロ騎手)
「いいスタートを切れて、ちょうどいいポジションが取れた。馬がとてもいい状態だったので、折り合いがついて、道中もいい感じだった。直線でも馬なりで上がっていけたので、外に出した時に負けないと思った。(一日)6勝は僕のニューレコード。今年もいっぱい勝ちたいね」

動画・結果

日経新春杯 2018 パフォーマプロミス

【日経新春杯 2018】動画・結果/パフォーマプロミスが差し切り接戦を制する

「日経新春杯 2018」の動画・結果です。日経新春杯の結果は1着:パフォーマプロミス、2着:ロードヴァンドール、3着:ガンコ。「パフォーマプロミス」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

枠順・データ

日経新春杯 2018 枠順

「日経新春杯」の枠順が発表されました。
連覇を狙うミッキーロケットは6枠8番、C.ルメール騎手とのコンビで初重賞制覇を狙うモンドインテロは3枠3番、前走アルゼンチン共和国杯で2着に健闘したソールインパクトは7枠10番、10歳となった古豪ヒットザターゲットは4枠4番に入った。

データ・枠順

2018年・日経新春杯のデータ・枠順に関する記事を公開しました。記事には枠順別や脚質別データなどさまざまなレースデータを書いております。

日経新春杯 2018 枠順

【日経新春杯 2018】データ・枠順/データから勝利の方程式を解く

「日経新春杯 2018」のデータ・枠順の情報です。2018年・日経新春杯のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報から日経新春杯での激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

出走予定馬

出走予定馬・予想オッズ

2018年・日経新春杯の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には出走予定馬の中からピックアップした注目馬も書いております。

日経新春杯 2017 ミッキーロケット

【日経新春杯 2018】予想オッズ・出走予定馬/ハンデ戦でも人気馬強し

「日経新春杯 2018」の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。日経新春杯の出走登録は13頭。ミッキーロケットやモンドインテロなどが出走予定です。ハンデ戦ながら人気馬が結果を残すG2戦。今年は小頭数でさらに荒れなさそう?

2018年・日経新春杯の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・ミッキーロケット(Mikki Rocket)

日経新春杯 2017 ミッキーロケット

ミッキーロケット・5歳牡馬

父:キングカメハメハ
母:マネーキャントバイミーラヴ
母父:Pivotal
主な勝鞍:2017年・日経新春杯
馬名の由来:冠名+ロケット

昨年の日経新春杯の覇者ミッキーロケットが今年も出走を予定している。G1戦線ではなかなか上位に顔を出すことができなかったが、前走のG3・中日新聞杯ではトップハンデを背負いながら2着に健闘した。大崩れがない京都コースで1年ぶりの勝利を目指す。

・モンドインテロ(Mondo Intero)

松籟ステークス 2016 モンドインテロ 動画・結果

モンドインテロ・6歳牡馬

父:ディープインパクト
母:シルクユニバーサル
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2017年・札幌日経OP
馬名の由来:ユニバーサル、世界中(伊)。母名より連想

昨年は0.3秒差の3着。札幌日経オープン連覇などオープン特別戦を3勝しているものの重賞タイトルには手が届いていない。そろそろ勝ちたいところ。

・ソールインパクト(Sole Impact)

ソールインパクト

ソールインパクト・6歳牡馬

父:ディープインパクト
母:クリームオンリー
母父:Exchange Rate
主な勝鞍:2017年・芦ノ湖特別
馬名の由来:唯一の衝撃。父名、母名より連想

まだ主な勝ち鞍は1000万下の芦ノ湖特別ながら、格上挑戦した前走のアルゼンチン共和国杯ではスワーヴリチャードの2着に健闘した。2400mを超える距離では成績安定。斤量次第では一気に重賞取りも。

・ベルーフ(Beruf)

ベルーフ

ベルーフ・6歳牡馬

父:ハービンジャー
母:レクレドール
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2015年・京成杯
馬名の由来:召命、使命(独)

昨年は8走して馬券圏内ゼロと厳しい1年を過ごした。久々の2400m戦。距離延長で良さが出れば。

・ヒットザターゲット(Hit the Target)

ヒットザターゲット

ヒットザターゲット・10歳牡馬

父:キングカメハメハ
母:ラティール
母父:タマモクロス
主な勝鞍:2015年・目黒記念
馬名の由来:的に命中する

2015年の目黒記念以来勝利がない。近走は二桁着順が続いている。どこまでやれるか。

・パフォーマプロミス(Perform a Promise)

パフォーマプロミス

パフォーマプロミス・6歳牡馬

父:ステイゴールド
母:アイルビーバウンド
母父:タニノギムレット
主な勝鞍:2017年・グレイトフルS
馬名の由来:約束を果たす

昨年末のグレイトフルステークスを勝ち条件クラスを卒業した。ここ5戦連続で馬券圏内と堅実な走りが魅力。

・ロードヴァンドール(Lord Vent d’Or)

【メルボルントロフィー 2016】動画・結果/マイペースで逃げたロードヴァンドールが粘り込む

ロードヴァンドール・5歳牡馬

父:ダイワメジャー
母:ジャズキャット
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2017年・寿S
馬名の由来:冠名+金色の風(仏)

昨年は中距離重賞で経験を積んだ。金鯱賞2着や中日新聞杯3着など結果も残した。距離延長がどうでるか。

他には

  • アクションスター
  • カラビナ
  • ガンコ
  • サンタフェチーフ
  • トルークマクト
  • リカビトス

が出走登録を済ませています。

追い切り・コメント

2018年・日経新春杯の追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

日経新春杯 2018 追い切り

【日経新春杯 2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

「日経新春杯 2018」の追い切り・コメントの情報です。日経新春杯に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

日程・賞金

日経新春杯 2016 レーヴミストラル 動画・結果

第65回 日経新春杯(Nikkei Shinshun Hai)
2018年1月14日(日)京都競馬場
格:G2 1着本賞金:5,700万円
年齢:4歳以上 距離:2,400m(芝・右)

プレイバック

2017年1月17日(火)日経新春杯(GII)

1着:ミッキーロケット
2着:シャケトラ(ハナ)
3着:モンドインテロ(2馬身)
4着:レッドエルディスト(ハナ)
5着:カフジプリンス(1-1/4馬身)

勝ちタイム:2.25.7
勝利騎手:和田 竜二
馬場:稍重

2017年・日経新春杯

日経新春杯 2017 ミッキーロケット

【日経新春杯 2017】動画・結果/ミッキーロケットが火花散る接戦を制する

「日経新春杯 2017」の動画・結果です。日経新春杯の結果は1着:ミッキーロケット、2着:シャケトラ、3着:モンドインテロ。「ミッキーロケット」が勝利した2017年の日経新春杯の詳しい結果、動画をご覧ください。