【エーデルワイス賞2021】出走予定馬・日程・賞金/地元馬の健闘目立つ

エーデルワイス賞2020 ソロユニット

エーデルワイス賞は2021年10月14日に門別競馬場で行われる2歳牝馬限定の交流重賞。エーデルワイス賞は2021年で第24回を迎え、昨年はソロユニットが勝利を収めた。出走予定馬・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。

地元馬の健闘目立つ
スポンサーリンク

2021年・エーデルワイス賞の出走予定馬をチェック

エーデルワイス賞・注目馬ピックアップ

2021年・エーデルワイス賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ハイアムズビーチ(Hyams Beach)

ハイアムズビーチ・2歳牝馬
父:ドレフォン
母:ユキチャン
母父:クロフネ
主な勝鞍:2021年・2歳新馬
馬名の由来:世界一白い砂のビーチ。本馬の毛色より連想

1勝クラスのアスター賞で2着の実績があるハイアムズビーチがダート挑戦を表明。
血統的には攻略可能。

ヒノクニ(Hinokuni)

ヒノクニ・2歳牝馬
父:カレンブラックヒル
母:トワイスアップ
母父:Rock Hard Ten
主な勝鞍:20年・ひまわり賞
馬名の由来:火の国。同馬の生誕地である熊本より連想

未勝利の身で挑んだひまわり賞で初勝利を挙げた。
初のダート戦でどんな走りを見せてくれるか。

ヒストリックノヴァ(Historic Nova)

ヒストリックノヴァ・2歳牝馬
父:ドレフォン
母:ハナズリベンジ
母父: ハーツクライ
主な勝鞍:2021年・2歳未勝利
馬名の由来:歴史的+新星。歴史に残る

初ダート戦となった2歳未勝利戦で7馬身差をつけ圧勝。
注目のドレフォン産駒から目が離せない。

ワンエルメス(One Hermes)

ワンエルメス・2歳牝馬
父:ディーマジェスティ
母:サツマガイア
母父:タイキシャトル
主な勝鞍:2021年・2歳未勝利
馬名の由来:一番+父母名の一部

函館ダート1000m戦で行われた2歳未勝利戦で初勝利。

エーデルワイス賞の日程・賞金

スポンサーリンク
第24回 エーデルワイス賞(Edelweiss Sho)

エーデルワイス賞2019 コーラルツッキー

2021年10月14日(水)門別競馬場
格:Jpn3 1着本賞金:2,000万円
年齢:2歳牝馬 距離:1,200m(ダート・右)

エーデルワイス賞は門別競馬場で行われるダートグレード競争。
地元のホッカイドウ競馬所属馬が2017年から2020年まで4連勝するなど地方馬の活躍が目立つ。

スポンサーリンク

エーデルワイス賞・プレイバック

エーデルワイス賞2020 ソロユニット

2020年のエーデルワイス賞を制したのは「ソロユニット(Solo Unit)」。4連勝中の勢いそのままに直線ではライバルたちを圧倒。後続に4馬身の差をつける圧勝劇で重賞初勝利を収めた。

2020年・エーデルワイス賞(JpnIII)

1着:ソロユニット
2着:ミコブラック(4馬身)
3着:マーサマイディア(1-1/2馬身)
4着:ラストリージョ(1馬身)
5着:ブルーカルセドニー(ハナ)

勝ちタイム:1.12.2
優勝騎手:阿部 龍
馬場:重

2020年・エーデルワイス賞の全着順・動画・コメントをチェック!
エーデルワイス賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のエーデルワイス賞の着順は1着:ソロユニット、2着:ミコブラック、3着:マーサマイディアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする