【かきつばた記念2020】出走予定馬・予想オッズ・賞金/花言葉は「幸せは必ず来る」

かきつばた記念2019 ゴールドクイーン

かきつばた記念は2020年5月4日に名古屋競馬場で行われるダートグレード競争。かきつばた記念は2020年で第22回を迎え、昨年はゴールドクイーンが勝利を収めた。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

かきつばたの花言葉は「幸せは必ず来る」
スポンサーリンク

2020年・かきつばた記念の出走予定馬をチェック

かきつばた記念の枠順決定!(5月1日)

2020年・かきつばた記念の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではラプタスが6枠7番、アディラートは7枠10番、リアンヴェリテは1枠1番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

かきつばた記念・注目馬ピックアップ
ラプタス(Raptus)

ラプタス・4歳せん馬
父:ディープブリランテ
母:エアラホーヤ
母父:ボストンハーバー
主な勝鞍:2020年・黒船賞
馬名の由来:衝動。ファンに衝動を与えられる魅力を持つ馬になることを願って

黒船賞を3馬身差の圧勝で重賞初制覇を果たした。
勢いそのままに重賞連勝だ。

アディラート(Adirato)

アディラート・6歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:ナリタブルースター
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2019年・グリーンチャンネルカップ
馬名の由来:怒りをこめて(音楽用語)(伊)

昨年グリーンチャンネルカップを制し、今年も吾妻小富士ステークスで3着に入るなど重賞でもやれるだけの力は示している。
久々のコンビとなる川田騎手とどんな走りを見せてくれるか。

ノボバカラ(Nobo Baccara)

ノボバカラ・8歳牡馬
父:アドマイヤオーラ
母:ノボキッス
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・プロキオンステークス
馬名の由来:冠名+ゼロ(伊)

2016年のかきつばた記念覇者。
8歳になってもまだまだ元気。

ラブカンプー(Love Kampf)

ラブカンプー・5歳牝馬
父:ショウナンカンプ
母:ラブハート
母父:マイネルラヴ
主な勝鞍:2018年・かささぎ賞
馬名の由来:冠名+父名より

2018年のスプリンターズステークス以降二桁着順が続いている。
今回のかきつばた記念でダートに初めて挑戦する。

リアンヴェリテ(Lien Verite)

リアンヴェリテ・6歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:ルミエールヴェリテ
母父:Cozzene
主な勝鞍:2019年・マリーンステークス
馬名の由来:絆の真実(仏)

昨年オープン特別戦を2勝するも、重賞では苦戦が続く。
距離短縮がプラスに出れば。

ドリームドルチェ(Dream Dolce)

ドリームドルチェ・8歳牡馬
父:マイネルラヴ
母:オリジナルデザート
母父:リアルシャダイ
主な勝鞍:2020年・東海桜花賞
馬名の由来:冠名+甘い(伊)。母名より連想

前走、同条件で行われた東海桜花賞を4馬身差で圧勝している。
JRA勢相手にどこまでやれるか。

かきつばた記念2020の予想オッズ

スポンサーリンク

予想オッズ

2020年・かきつばた記念の予想オッズはこのように予想しています。
前走黒船賞を圧勝したラプタスが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. ラプタス(2.0)
  2. アディラート(3.5)
  3. ノボバカラ(6.0)
  4. ラブカンプー(7.0)
  5. リアンヴェリテ(9.0)
  6. ドリームドルチェ(18.0)
  7. マイタイザン(45.0)
  8. サンデンバロン(☆)
  9. モズオラクル(☆)
  10. ペイシャゲラン(☆)
  11. カレドヴルフ(☆)
  12. メモリージルバ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

かきつばた記念の日程・賞金

かきつばた記念 2018 サクセスエナジー

第22回 かきつばた記念(Kakitsubata Kinen)

2020年5月4日(祝・月)名古屋競馬場
格:Jpn3 1着本賞金:未発表
年齢:4歳以上 距離:1,400m(ダート・右)

かきつばた記念は名古屋競馬場で行われるダートグレード競争で、毎年ゴールデンウィークを飾る一戦として親しまれている。
ここ2年はJRA勢が制しているが2014年にはタガノジンガロ、2017年にはトウケイタイガーが優勝するなど地方馬の活躍も見て取れる。

かきつばた記念・プレイバック

かきつばた記念 2018 サクセスエナジー

2019年のかきつばた記念を制したのは「ゴールドクイーン(Gold Queen)」。先手を奪うとその後は一度も先頭を譲らず逃げ切り勝ち。快速牝馬が令和最初の重賞制覇を果たした。

2019年・かきつばた記念(JpnIII)

1着:ゴールドクイーン
2着:ヤマニンアンプリメ(2-1/2馬身)
3着:テーオーヘリオス(3馬身)
4着:ウインムート(7馬身)
5着:キクノステラ(クビ)

勝ちタイム:1.25.1
優勝騎手:古川 吉洋
馬場:不良

2019年・かきつばた記念
かきつばた記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のかきつばた記念の着順は1着:ゴールドクイーン、2着:ヤマニンアンプリメ、3着:テーオーヘリオスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする