にほんブログ村 競馬ブログへKLAN競馬ブログランキング

兵庫チャンピオンシップ 2017 タガノディグオ

「兵庫チャンピオンシップ 2017」の動画・結果です。兵庫チャンピオンシップの結果は1着:タガノディグオ、2着:ノーブルサターン、3着:クイーンマンボ。「タガノディグオ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2017年5月4日(木)園田 第10競走
ダート1870m(右)天候:晴 馬場:良

第18回 兵庫チャンピオンシップ・Hyogo Championship(JpnII)
(サラブレッド系 3歳 定量)
賞金 1着 28,000,000円

動画

結果

1着 タガノディグオ
2着 ノーブルサターン 3/4馬身
3着 クイーンマンボ 3馬身
4着 リゾネーター 9馬身
5着 シゲルコング 4馬身
6着 ナチュラリー 3-1/2馬身
7着 ウリャオイ 1/2馬身
8着 ハリアー 大差
9着 ブラックトリガー 1/2馬身
10着 クマリ 7馬身
11着 ナムラアイドル 10馬身
12着 キョショウ クビ

勝ちタイム:2:00:6
勝利騎手:川島信二

レース後の関係者のコメント

1着 タガノディグオ(川島信二騎手)
「前に強い馬がいるので、意識的にゲートを出ようと思っていました。馬もそれに応えてくれました。良い所に付けられましたし、良い結果が出ました。向正面では、木幡騎手(リゾネーター)の手が動いていたので、前にいる強い2頭に目標を切り替えました。いつも追い込みの競馬をしているので、自信を持って乗ることができました。まだ子供っぽく、返し馬に出ていく時は尻っぱねをするなど真っ直ぐ走ってくれませんでした。大人になりきれていないので、大人になってほしいです。まだ良くなってくれると思いますし、今後も楽しみです」

2着 ノーブルサターン(鮫島良太騎手)
「同型の(先行)馬が気になっていました。行くつもりではありましたが、シゲルコングがゲートを出ませんでした。今日は楽に行けて、イメージ通りに競馬ができました。時計の速い馬場よりは、(園田の方が)合っていると思います。前回は休み明けでしたし、今日は良くなっていて、動きも違いました。スムーズだったらこれぐらいはやれると思います。最後は伸びてはいませんでしたが、手前を替えてもうひと踏ん張りしてくれました。最後の50mぐらいで交わされましたが、目標にされた分だと思います」

3着 クイーンマンボ(北村友一騎手)
「砂の質が重たかったです。しかし、良い経験になりました。精神的にも成長しているので、今はどんな競馬でもできそうです。勝った馬は大柄なので、力のいるダートが合うのでしょう」

4着 リゾネーター(木幡巧也騎手)
「スタートをしっかり切って、ポジションも上手くいっていました。砂は被りたくなかったのですが、それは全然関係なく良い手応えでした。しかし、向正面ではペースが上がってついて行けなくなりました。体が大きいのもあるかもしれませんが、中山などではリズム良くまくっていけるのに対し、今日はそういうこともできませんでした。コンディションは変わらず、脚も使っているのですが、私が上手く誘導できれば変わっていたでしょうか。悔しいです」

【兵庫チャンピオンシップ】(園田)~JRAタガノディグオが差し切り、重賞初挑戦で制覇 [News]

兵庫チャンピオンシップ 2017 勝ち馬プロフィール

兵庫チャンピオンシップ 2017 タガノディグオ

タガノディグオ(Tagano Diguo)牡3/黒鹿毛 宮 徹(栗東)
父:エンパイアメーカー 母:タガノティアーズ 母父:タニノギムレット
馬名の由来:冠名+帝国(中国語)

関連記事

・タガノディグオはこれで10戦3勝となり、ダート戦に限ると【3-5-1-0】と馬券内パーフェクトの成績となっている。

タガノディグオ | 競走馬データ – netkeibaタガノディグオの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

・昨年はケイティブレイブが後続に7馬身の差をつけ圧勝していた。

兵庫チャンピオンシップ

【兵庫チャンピオンシップ 2016】動画・結果/逃げたケイティブレイブが直線で突き放し7馬身差の圧勝

「兵庫チャンピオンシップ 2016」の動画・結果です。兵庫チャンピオンシップの結果は1着:ケイティブレイブ、2着:ゴールドドリーム、3着:グランセブルス。「ケイティブレイブ」が勝利した2016年の兵庫チャンピオンシップの詳しい結果、動画をご覧ください。