中山グランドジャンプ 2015 の動画・結果です。中山GJ の結果は1着:アップトゥデイト、2着:ソンブレロ、3着:サンレイデューク。アップトゥデイト が勝利した 中山グランドジャンプ 2015 の詳しい結果、動画をご覧ください。

中山グランドジャンプ 2015 アップトゥデイト 動画・結果

2015年4月18日(土) | 3回中山7日 | 15:40発走
第17回 中山グランドジャンプ (J・GI)障害・芝・外 4250m
Nakayama Grand Jump (International) (J-G1)

新王者誕生! 中山グランドジャンプ 2015はアップトゥデイトが大差で勝利

1着 7 12 アップトゥデイト 牡5 林 満明 4.46.6
2着 7 13 ソンブレロ 牡5 高田 潤 4.48.3 大差
3着 4 7 サンレイデューク 牡7 難波 剛健 4.48.7 2-1/2馬身
4着 4 6 シャイニーブラック せん8 浜野谷 憲尚 4.50.3 10馬身
5着 3 5 アポロマーベリック 牡6 五十嵐 雄祐 4.50.7 2-1/2馬身
6着 2 2 ティリアンパープル 牝5 山本 康志 4.50.7 クビ
7着 3 4 レッドキングダム 牡6 西谷 誠 4.51.4 4馬身
8着 2 3 ビコーピリラニ 牡5 田村 太雅 4.52.0 3-1/2馬身
9着 5 8 ミヤコデラックス 牡6 小野寺 祐太 4.54.7 大差
10着 6 10 サンマルボス 牡8 高野 和馬 5.02.0 大差
中止 1 1 ファイヤー 牡7 森 一馬
中止 5 9 カントリースノー せん8 原田 和真
中止 6 11 リキアイクロフネ 牡8 金子 光希
中止 8 14 ショウナンカミング 牡7 草野 太郎
中止 8 15 テンジンキヨモリ 牡5 江田 勇亮

中山GJ 2015 勝ち馬:アップトゥデイト(Up to Date)
父:クロフネ 母:リニアミューズ 母父:トニービン
馬名由来:最新の、現代的な

スポンサーリンク

動画はこちら

中山グランドジャンプ 2015 ~レース後のコメント~

1着 アップトゥデイト(林騎手)
「アポロマーベリックを見ながら早め早めの競馬をしました。4コーナーをゴールというイメージで仕掛けましたが、この馬にはこれで良かったと思います。何とか頑張ってくれと必死でしたから、大差がついていることは分かりませんでした。とにかく心臓が強く、まだまだこれから楽しみな馬です。頑張ってくれると思います。GIを勝つのに30年近くかかりました。一番遅咲きのジョッキーです。本当に嬉しいです。惜しいレースが続いていましたから、引退するまでに勝ちたいと思っていました」
(佐々木晶三調教師)
「かつて落馬事故があったので、障害馬は長い間作っていませんでした。この馬に関しては、オーナーサイドとともにひらめきがあり、合いそうだと思ってやってみました。まさかGIを勝つとは、ですね。この後は休養させます」

2着 ソンブレロ(高田騎手)
「ここを目標に、厩舎スタッフが本当に一生懸命に仕上げてくれて、万全と言っていい状態でした。期待もあり、自信もありましたが、キャリアが浅く、中山コースも初めてで、未知の部分がありました。しかし、この馬の力は分かっていましたし、やれるという感触はありました。レースに行ってみて、期待以上の走りを見せてくれました。障害ものびのびと飛んでいて、センスがあります。勝った馬は強いですが、この馬もまだまだこれからです。どこまで行ってくれるか楽しみです」

3着 サンレイデューク(難波騎手)
「惜しいです。イメージと比べると、そこそこのポジションで、ゲートも良かったです。心配していた外回りコースも去年よりこなしていました。最後はジリジリと来てはいますが、離されてしまいました。良馬場で前が楽をしていましたからね。雨が降って重馬場だったら良かったです」

4着 シャイニーブラック(浜野谷騎手)
「勝った馬が強かったです。馬場が硬いせいもあって、トビが大きくなっていました」

5着 アポロマーベリック(五十嵐騎手)
「去年に比べると、前半から行きっぷりに物足りなさを感じ、気合をつけながら運びました。まだ戻り切っていない感じです。アップトゥデイトに並びかけられた時には、正直どこまで粘り込めるかという感じでした。もっといいパフォーマンスを見せられる馬ですから、復活して欲しいですね」

6着 ティリアンパープル(山本康騎手)
「体に硬さがなかったので、これなら連闘でも問題ないだろうと思っていました。いいモノを感じました。掲示板を狙っていましたが、6着で残念でした。距離は初めてで、連闘で、牝馬でしたし、その中でよく頑張ってくれました」

7着 レッドキングダム(西谷騎手)
「道中はほぼパーフェクトで、前の馬が早めに動いたので絶好だと思っていました。しかし、外回りコースに出る時に右にモタれていました。脚を痛めていたようです。もう止めようかと思いましたが、障害を飛びに行っていたので、勝負根性は大したものです。無事であればいいですね」

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_5796.html