【JBCクラシック2021】出走予定馬・予想オッズ・賞金/集いしダートの強豪たち

JBCクラシック2020 クリソベリル

JBCクラシックは2021年11月3日に金沢競馬場で行われる秋の中距離ダートG1戦。JBCクラシックは2021年で第21回を迎え、昨年はクリソベリルが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

金沢競馬場に集いしダートの強豪たち
スポンサーリンク

2021年・JBCクラシックの出走予定馬をチェック

JBCクラシックの枠順決定!(10月30日)

JBCクラシック2021 枠順

2021年・JBCクラシックの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではテーオーケインズが4枠4番、チュウワウィザードは1枠1番、オメガパフュームは3枠3番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2021年・JBCクラシックの追い切り・コメントをチェック!
JBCクラシック2021の追い切り・コメントの記事です。JBCクラシックの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
JBCクラシック・注目馬ピックアップ

2021年・JBCクラシックの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

テーオーケインズ(T O Keynes)

テーオーケインズ・4歳牡馬
父:シニスターミニスター
母:マキシムカフェ
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2021年・帝王賞
馬名の由来:冠名+人名より

帝王賞を圧勝し一気にスターダムを駆け上がった。
この勢いは止まらない。

オメガパフューム(Omega Perfume)

オメガパフューム・6歳牡馬
父:スウェプトオーヴァーボード
母:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール
主な勝鞍:2020年・東京大賞典
馬名の由来:冠名+香水。母名より連想

JBCクラシックは2018年から3年連続2着。
金沢の地で悲願達成を。

チュウワウィザード(Chuwa Wizard)

チュウワウィザード・6歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:チュウワブロッサム
母父:デュランダル
主な勝鞍:2020年・チャンピオンズカップ
馬名の由来:冠名+魔法使い

2019年のJBCクラシック覇者で昨年は3着。
今年はドバイワールドカップで2着に入りファンを驚かせた。

ダノンファラオ(Danon Pharaoh)

ダノンファラオ・4歳牡馬
父:American Pharoah
母:クリスプ
母父:El Corredor
主な勝鞍:2020年・ジャパンダートダービー
馬名の由来:冠名+父名より

前哨戦の日本テレビ盃は逃げ馬を捕えきれず2着に敗れた。
一線級相手となると分が悪いか。

ケイティブレイブ(K T Brave)

ケイティブレイブ・8歳牡馬
父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
主な勝鞍:2018年・JBCクラシック
馬名の由来:冠名+勇士

2018年のJBCクラシック覇者。
長期休養から叩き3走目で復活なるか。

カジノフォンテン(Casino Fountain)

カジノフォンテン・5歳牡馬
父:カジノドライヴ
母:ジーナフォンテン
母父:ベストタイアップ
主な勝鞍:2021年・かしわ記念
馬名の由来:父名の一部+冠名

今年に入り川崎記念とかしわ記念を制した地方の雄。
前有利のコースを存分に生かせ。

ミューチャリー(Mutually)

ミューチャリー・5歳牡馬
父:パイロ
母:ゴッドビラブドミー
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2021年・大井記念
馬名の由来:お互いに

交流重賞のタイトルこそ手にしていないものの、JBCクラシックや帝王賞などで4着に入っている。
先行激化で先行勢が崩れるようなら浮上の機会も。

JBCクラシック2021の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2021年・JBCクラシックの予想オッズはこのように予想しています。
三連勝で帝王賞を制したテーオーケインズが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. テーオーケインズ(2.0)
  2. チュウワウィザード(3.0)
  3. オメガパフューム(4.0)
  4. カジノフォンテン(7.0)
  5. ダノンファラオ(10.0)
  6. ミューチャリー(26.5)
  7. ケイティブレイブ(47.5)
  8. トップロイヤル(☆)
  9. グリードパルフェ(☆)
  10. テーオーエナジー(☆)
  11. マイネルパイオニア(☆)
  12. シゲノブ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

JBCクラシックの日程・賞金

第21回 JBCクラシック(JBC Classic)

JBCクラシック2019 チュウワウィザード

2021年11月3日(祝・水)金沢競馬場
格:Jpn1 1着本賞金:8,000万円
年齢:3歳以上 距離:2,100m(ダート・右)

JBCクラシックはリピーターの多いレース。
三連覇を果たしたのはアドマイヤドン(2002年~2004年)とヴァーミリアン(2007年~2009年)の2頭。連覇はタイムパラドックス(2005年・2006年)、スマートファルコン(2010年・2011年)、コパノリッキー(2014年・2015年)が果たしている。

JBCクラシック・プレイバック

JBCクラシック2015 コパノリッキー

2015年のJBCクラシックを制したのは『コパノリッキー(Copano Rickey)』。他を寄せ付けない圧巻の逃げで後続を完封。前年に続く勝利でスマートファルコン以来となる連覇達成となった。
2着には2-1/2馬身差でサウンドトゥルー、さらに1/2馬身差の3着にはホッコータルマエが入った。

JBCクラシック(GI)

1着:コパノリッキー
2着:サウンドトゥルー(2-1/2馬身)
3着:ホッコータルマエ(1/2馬身)
4着:クリソライト(1-1/4馬身)
5着:ハッピースプリント(ハナ)

勝ちタイム:2.04.4
勝利騎手:武豊
馬場:不良

2015年・JBCクラシックの全着順や動画・コメントをチェック!
JBCクラシック2015の結果・動画をまとめた記事です。2019年のJBCクラシックの結果は1着:コパノリッキー、2着:サウンドトゥルー、3着:ホッコータルマエとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする